タグ:都市 ( 141 ) タグの人気記事

名古屋駅の風景

b0119493_17265766.jpg

よく使う駅ですが、撮影する機会となるとなかなかないです。名古屋駅周辺はいまや高層ビルが立ち並ぶ都会へと変わりつつあります。

b0119493_17265879.jpg

駅前ロータリーの中央にあるアート。オブジェといったらいいでしょうか。数学的な曲線美があります。

b0119493_17265843.jpg

こちらがアート周り。車のサイズを見ればかなりの大きさだとわかります。今後リニアが乗り入れると駅前広場も大きく変わるようですが、このアートの行方はどうなるでしょうか。

b0119493_17265855.jpg

ゲートタワーのビックカメラから見たモード学園スパイラル。特徴のある外観です。変わり行く名古屋。10年後にはさらに変わっていることでしょう。


[PR]
by nichijou-raisan | 2018-07-29 17:25 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

「民俗学の旅」宮本常一

b0119493_08135567.jpg


「民俗学の旅」宮本常一 (講談社学術文庫)

まち歩きの系譜の中で民俗学まで発展した宮本さんの功績は非常に大きく、内容は非常に深いです。

はじめに、に書かれている文章

「民俗学という学問は体験の学問であり、実践の学問であると思っている」

自身が百姓の家に生まれ生きていくためにその技術を学び実践してきました。前段は祖父、父、母、そしてふるさとを紹介していきます。自分がなぜ全国を歩き、民俗学に関わってきたのかについてその背景や縁のようなものを説明しています。古き良き日本の田舎に見られた温かい人のぬくもり、自分の道がどう決まっていったのか、宮本氏の人生が書かれてます。

「民俗学への道」という本の中で宮本氏はまた次のように言っています。

「民俗学とは、かつて文字を持たなかった民衆社会の中でおこなわれた、文化伝承の方法であった言葉と行為ー慣習的生活ーの記録化と、これをもとにして文化の原型への遡源と、文化の類型、機能を研究しようとするものである。」

農業技術指導をすることで日本の自給率をあげ、豊かな暮らしを実現しようという中から発生した土地土地の生活の技術、これらの伝承者となることが、日本民族の探求の旅でもあったといえます。

決して裕福ではなくボランティアで行っていた活動を中心であっただけに、使命感、志の高さが宮本氏の活動を支えたのではないでしょうか。

歩くことについて。

「私自身にとって歩くというのはどういうことだったのか。歩くことが好きだったのである。歩いていていろいろのものを見、いろいろのことを考える。・・・要するにひとにあい話をすることが好きだったのだろう。同時にまた人の営みを見るのが好きだった。」

「どんなところにも人間の意志が働き、それが現実のものとなっており、しかもその意思と意思には限界があり、限界が境を作っているのである。」

「われわれはただ自然といっているけれども、その自然もよく見るとほとんど人間の手が加わっており、人間の手の加わったものの中にはそこに人の生きてきた姿があり歴史があったのである。」

人生について。

「どのようにささやかな人生でも、それぞれがみずからのいのちを精一ぱいに生きるものはやはりすばらしいことである。生きるということは何かいろいろの意味があるだろうが、一人一人にとってはその可能性の限界をためしてみるような生き方をすることではないかと思う。」

文明について。

「文明の発達ということは、すべてのことがプラスになり、進歩してゆくことではなく、一方では多くのものが退化し、失われてゆきつつある。それをすべてのものが進んでいるように錯覚する。それが人間を傲慢にし、傲慢であることが文明社会の特権のように思いこんでしまう。」

一遍上人。

「口にとなふる念仏を あまねく衆生に施して これこそ常のすみかとて
いずくに宿を定めねど さすがに家の多ければ 雨にうたるる事もなし」

最後に。

「私は長いあいだ歩きつづけてきた。 その長い道程の中で考え続けた一つは、いったい進歩というのは何であろうか、発展というのは何であろうかということであった。 同時に失われていきつつあるものも多いのではないかと思う。

進歩のかげに退歩しつつあるもおんをも見定めてゆくことこそ、今われわれに課せられているもっとも重要な課題でないかと思う。

多くの人がいま忘れさろうととしていることをもう一度掘りおこしてみたいのは、あるいはその中に重要な価値や意味が含まれておりはしないかと思うからである。

これからも人間は長い道を歩いてゆかなければならないが、何が進歩であるのかということへの反省はたえずなされなkればならないのではないかと思っている。」

非常におすすめしたい本です。




[PR]
by nichijou-raisan | 2018-07-19 08:54 | レバレッジリーディング | Comments(0)

b0119493_17584274.jpg

平成30年7月12日から15日まで開催された文京区・見どころ絵はがき大賞展。文京区の見所を絵はがきにして投稿、その中から表彰をするという取り組みがされていて、今回はその8回目の作品展でした。場所は文京区シビックセンター。

b0119493_17583584.jpg

入ってまず驚いたのが会場構成。
地図のような台の上に絵はがきが置かれてあります。これは文京区をいくつかの区域に分けて、その場所に相当する絵はがきをディスプレイしているものでした。区民や働く方が自分自分で位置を変えてみたりと非常におもしろい展示手法です。

b0119493_17583576.jpg

人気スポットはこのように絵はがきの山となります。ボリュームでも皆がみている景色と認識できます。

b0119493_17584132.jpg

千石とか本駒込とか主要エリアの場所がわかるように明示されています。この絵葉書からこの場所い行こうかとはならないかもしれませんが、自分の知らない街の魅力の発見に繋がるといいです。

b0119493_17584122.jpg

こちらが大賞の作品。非常に緻密な絵でこれ自体作品ですが、場所の思い入れなどストーリーもあるかと思います。何年たっても忘れられない個人の記憶と場所が結びつくことによる愛着は大切にしたいです。

b0119493_17584217.jpg

展示スペースの1/3は文京建築会によるニュー井戸端という展示です。昔は井戸を中心に井戸端会議といったようなコミュニティがありましたが、現代にもその井戸端に代わるコミュニティ発生の場があるということからスペースの紹介をしています。

b0119493_17584198.jpg

展示もラフな中にセンスの感じるさすが建築家の多い団体です。

b0119493_17584121.jpg

こういった小物がにくいですね。

b0119493_17584210.jpg

井戸をモチーフとしたディスプレイ。昔なつかしいイメージです。

b0119493_17583664.jpg

他にも地元の学校の先生方と天祖神社の在りし日の再現した模型など文京建築会の活動紹介もありました。絵はがき大賞というのも、地元愛育成のきっかけとなりますし、全国的にも見習いたい活動です。


[PR]
by nichijou-raisan | 2018-07-12 18:17 | デザイン | Comments(0)

b0119493_22385472.jpg

陶都街並探偵団 下石ウォークです。今回の参加者は19名。スタートは下石窯元館。岐阜県土岐市下石町は古く平安時代に始まる陶器の産地で明治期以降はとっくりの生産で全国使用量の大半を生産しています。

b0119493_22385440.jpg

下石町のマスコット「とっくりとっくん」。ゆかいなキャラクターですが、高さ30センチ程度、織部釉のものが正式なものだそうです。

b0119493_22385485.jpg

窯元館前の銅像。明治から昭和にかけて活躍した陶芸家 安藤知山。工芸運動の初期の頃を支えた人物。いまなお子息が知山窯として焼き継がれてます。

b0119493_22385414.jpg

今は歩行者専用道となっている旧駄知線跡。

b0119493_22385481.jpg

ボランティアガイドさんに見せていただいた当時の駄知線。

b0119493_22385437.jpg

水の豊かな下石町。

b0119493_22385582.jpg

楽習舎という下石町公民館。

b0119493_22385592.jpg

「とっくり橋」舗装はタイル、高欄にはとっくりのオブジェが装飾されています。

b0119493_22385559.jpg

下石川の風景。

b0119493_23293410.jpg

下石町は窯元の町ですが、こちらは陶器商の建物。玄関脇の店棚の意匠が雰囲気を古き町並みを想像させます。

b0119493_23293515.jpg

土岐市指定文化財、窯屋敷の石造物群。

b0119493_23293512.jpg

室町期の典型的な形状をした五輪の塔ほか他より移設されここに集められてます。盗難にもあったことから全体に頑丈な柵が取り付けられてます。

b0119493_23293506.jpg

大きな旧家。このあたりも空き家が非常に多いそうです。道路も狭く若い人はなかなかこないと地元の人は言います。

b0119493_23293564.jpg

炉材と石を使った土留め。焼き物の町特有の風景です。

b0119493_23293586.jpg

鋳込み成型の型。

b0119493_23293584.jpg

とっくりとっくん、日光浴。

b0119493_23293508.jpg

干支の置物たち。

b0119493_23293605.jpg

煙突のある風景。

b0119493_23293639.jpg

あちこち見かける陶器製のポスト。いい味出てます。

b0119493_00040567.jpg

荒神窯さん。

b0119493_00040637.jpg

タンクにもとっくりとっくんが。

b0119493_00040603.jpg

少し奥に歩いていくと雰囲気のあるお社があります。

b0119493_00040665.jpg

荒神様。

b0119493_00040647.jpg

もちろん入り口にもとっくんが。場所を読んでます。

b0119493_00040671.jpg

無造作に詰まれた「つく」と呼ばれる窯道具。棚板の間に入れて使うものです。

b0119493_00040608.jpg

お風呂につかり寛ぐとっくん。

b0119493_00040595.jpg


このあたりは窯跡が多いそうです。

b0119493_00090857.jpg

下石町陶祖の墓。どの地域も最初に陶器生産を始めた人を陶祖といいます。ここは愛知県瀬戸市に近く、陶工も瀬戸から入ったそうです。

b0119493_00090852.jpg

秋の陶器祭りの際、メイン会場となる「とっくり村」。壁ぎっしりと徳利が並びます。

b0119493_00090963.jpg

裏手にある登り窯。今も使うことができますが、年数回といいます。

b0119493_00090916.jpg

薪で焼成する登り窯ですが、燃料は松でないと1300℃を超える温度になりません。脂分を含むので陶器向けに最適です。ただし燃料である松が少ないこと、価格も高いそうで大量生産品には向きません。

b0119493_00144959.jpg

実際に焼いている製品が取り付けられた案内マップ。非常にわかりやすい表示ですがマップの機能としては、町の道路が複雑なだけに疑問。

b0119493_00144917.jpg

ガイドさん曰く、よく雑誌に載る角度だそうです。

b0119493_00144931.jpg

川のパイプにぶら下がるとっくん。

b0119493_00144924.jpg

稲荷神社。

b0119493_00144982.jpg

階段はかなりきついですが登れば下石町全体が望めます。

b0119493_00144973.jpg

神社の横にある登り窯。

b0119493_00145094.jpg

とっくりとっくん広場。無数のとっくんが。

b0119493_00145078.jpg

細かく見てみると結構楽しめます。

b0119493_00145049.jpg

土岐市駅から来ると入り口にあたるとっくりとっくん広場の看板。

b0119493_00145073.jpg

今回は土岐旅あんない所のボランティアの方々のおかげで楽しく学べました。感謝申し上げます。




[PR]
by nichijou-raisan | 2018-04-28 22:20 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

b0119493_11361134.jpg

年の瀬の銀座です。
銀座プレイスという2016年9月に開業したテナントビルです。外観デザインは星野リゾートの施設やツタヤ代官山などを手掛けるクラインダイサムアーキテクト。

b0119493_21274593.jpg

白い菱型が連続するファサードは曲線が連続しながら上昇していく複雑なデザインです。世界一心地よい風景になるよう考えたという。非常に印象的です。

b0119493_21274512.jpg

1階は日産のショールームになっています。今回はダットサン フェアレディ。

b0119493_21274682.jpg

そのフェアレディが竹のアートで覆われてしまっています。見るからに大胆さが違います。

b0119493_21274675.jpg

草月流家元 勅使河原茜 氏によります。伝統的な華道とエンジニアが交錯します。

b0119493_21274651.jpg

メイン展示は日産IDSコンセプト。

b0119493_21274536.jpg

日産の考える未来の自動運転システムを搭載する電気自動車です。自動運転モードにするとハンドルが隠れる仕組みです。

b0119493_21274658.jpg

続いてメイン二代目である日産GTR ニスモ。

b0119493_21274666.jpg

馬力はなんと600馬力。もはやスーパーカーです。価格も驚きの1800万円。

b0119493_21274769.jpg

日産を体感できるショールームでおすすめです。



[PR]
by nichijou-raisan | 2017-12-30 18:24 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

Hyde Park & Kensington Gardens

b0119493_0294565.jpg


ロンドン二日目は早く起きてハイド・パークへ。
ちょっとした町のハンギングプランターが彩を添えてます。

b0119493_0305626.jpg


ロンドン市内のガイドマップは非常に見やすくわかりやすいです。
観光客に非常にやさしい。

b0119493_0312839.jpg


ロンドンは石畳というイメージがありますが、今はだいぶ石畳は改修されています。
写真のようなコンクリート平板が一般的のようです。
いたってシンプルで無機質感がありますが、歩道はあくまで風景の中では
地となる部分なので、目立たずという視点はもっともです。

b0119493_0333426.jpg


イギリスには数社伝統的なレンガメーカーがあります。
今なおハンドメイドでレンガを作っているとは驚きです。

b0119493_0342074.jpg


日本ではレンガの外壁はあまり見ませんが、土を焼いた質感は人になじみます。
風景としてもエイジングするので時間とともに溶け込む感じです。

b0119493_0353583.jpg


ハイド・パークは非常に自然身あふれる公園で、ランニングやサイクリングをしている
人を多く見かけました。
しっかり自転車道の存在があります。

b0119493_036413.jpg


自転車の床サインは近づいてみると実は縦長になっています。
自転車の目線で見たときにバランスよく見える設定です。
何に伝えるメッセージなのかが考慮されています。

b0119493_0374535.jpg


歩行者道、自転車立ち入り禁止サイン。

b0119493_038794.jpg


歩行者優先表示。

b0119493_04261.jpg


ハイド・パークの西方は王立のケンジントンガーデンになっています。
その入り口部にあるイタリアンガーデン。池と建物で雰囲気があります。

b0119493_0424980.jpg


ロングウォーターは、ハイド・パーク中央のサーベンタイン湖の一部です。
美しい眺めです。

b0119493_044595.jpg


ロングウォーターに生息する鳥たち。

b0119493_044545.jpg


ニューヨークのセントラルパークもそうですが、都心部にしっかりとした自然生物と
出会える場所があるのは非常に重要だと思います。
人も自然の一部と考えればごく自然です。

b0119493_0454592.jpg


ダイアナ妃のメモリアルロードのサイン。
床から盛り上がっていますが、国民に親しまれたことが偲ばれます。

b0119493_0474458.jpg


人間性を取り戻す場です。

b0119493_049386.jpg


ダイアナ妃メモリアルファウンテン。

b0119493_0501342.jpg


噴水の川床の石のデザインで流れを変化させダイアナ妃の生涯を表現しているそうです。

b0119493_0543437.jpg


人生のどこに当たったのかはわかりませんが、非常に緩やかな部分と荒波の
部分があります。

b0119493_0551561.jpg


鳥たちにとっても憩の場です。なんだかほっとします。

b0119493_0554734.jpg


公園内は非常に清潔で居心地もよくくつろげます。
庭文化のあるさすがのイギリスです。

b0119493_056592.jpg


南端にあるアルバート・メモリアル。
ヴィクトリア女王の夫アルバート公を記念したものです。

b0119493_0585075.jpg


四隅の彫刻は大英帝国の繁栄を象徴しているそうです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-04 00:59 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

paddinton station

イギリスで数日過ごしました。
今回は二度目で、前回はロンドンとバーミンガムでした。

b0119493_23212992.jpg


こちらがパディントン駅。
パティントンはロンドン市内に入るターミナル的な駅で、ヒースロー空港から
ヒースロー・エクスプレスを使うと約15分ほどで到着します。

b0119493_23245712.jpg


ヨーロッパの駅は日本と違い地上部に列車が並びます。
屋根はアーチで広く明るく、駅の風景があります。

b0119493_23261571.jpg


どこを切り取ってもおしゃれなのはセンスの違いでしょうか。
列車の色づかいも品があります。

b0119493_2327050.jpg


電車はバリアフリーではないので、ホームから電車の階段を使って上がります。
そのため、大きなスーツケースを持っている旅行客にはあまりやさしくないです。

b0119493_23281120.jpg


駅によってデザインの違う屋根や構造を見るのも楽しい。

b0119493_23284743.jpg


大きなターミナル駅はこういった床面のサインがあるとありがたいです。

b0119493_23291935.jpg


パディントンというと熊のアニメを思い出す人がいるかもしれません。

b0119493_23295389.jpg


駅で途方にくれている熊がブラウン一家と出会い、パディントンと名付けられたのが
この駅です。駅にはパディントンの銅像があります。
記念撮影もできるようにベンチもあります。

b0119493_23315244.jpg


駅舎の中の駐輪場。
確かに広いのでこうした施設は非常にいいですが、駅の風景とはなんとなく
異質です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-03 23:32 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

国立西洋美術館

b0119493_2117483.jpg


上野にある国立西洋美術館に行きました。
世界遺産に登録されたことで一層人気を博しています。

b0119493_21184846.jpg


設計は、近代建築の巨匠ル・コルビュジェです。
近代建築材料は、鉄とコンクリートとガラス。

b0119493_2119586.jpg


今でこそモダン建築は当たり前ですが、1959年の建築以降決して色あせない
のはある意味普遍的なデザインがそこにあるからだと思います。

b0119493_21213397.jpg


シンプルな形にすればするほど、見えてくるものがあります。
開かれた視界からは豊かな自然、そして光。
人が感じる空間がそこにあります。

b0119493_2123121.jpg


コルビュジェは後の世代へ多大な影響を及ぼしました。

b0119493_2124275.jpg


外壁の意匠。
天然玉石がプレキャストされています。

b0119493_21243085.jpg


舗装のディテール。
コンクリートに天然石の骨材で目地には御影石が。

b0119493_21254898.jpg


杉板型枠の意匠を残したコンクリート打ち放し仕上げ。
人工の中の自然なテクスチャが製造過程を物語ります。

b0119493_21264651.jpg


ロダン作 カレーの市民。
非常に肉感的な造形美はロダン独特です。

b0119493_21273885.jpg


コンクリートによる力強い造形は、さしずめ現代の石といえます。

b0119493_21281654.jpg


1961年に完成した東京文化会館。
国立西洋美術館の前にあります。

b0119493_2129279.jpg


設計は前川國男。本格的な音楽ホールとして建築されました。
日本のモダニズム建築の巨匠前川國男はコルビュジェの元で学びました。
力強い造形はまさにその遺伝子といえます。

b0119493_21305990.jpg


一階ホール部。
床にはさまざまな意匠のタイルが使われています。

b0119493_21312833.jpg


天井と柱の意匠。

b0119493_213150100.jpg


こうしてみると空間により天井やその他造形を変えています。

b0119493_2132179.jpg


内壁の意匠。

b0119493_21323274.jpg


こちらも西洋美術館と同じく天然石が打ちこまれています。
人工の中の天然素材は自然を想起させます。

b0119493_21332929.jpg


ホールそのものに入ったことがないので、ぜひ入ってみたいものです。

近代建築めぐりができる上野です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-31 00:47 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

有田散策

b0119493_21581874.jpg


有田焼の陶祖の神として1658年に創建された「陶山神社」です。

b0119493_21595056.jpg


有田焼は2016年の今年、創業400年として記念イベントが行われています。

b0119493_2213462.jpg


境内の柱や灯篭、狛犬から神社の手すりまで有田焼で化粧されています。

b0119493_2222463.jpg


青い釉薬の表現は独得の世界があります。

b0119493_2232776.jpg


有田焼興隆を感じる歴史ある階段。

b0119493_2235810.jpg


上にも有田焼が飾られています。

b0119493_225416.jpg


非常にめずらしい有田焼の手すり。
木材の老朽化とは対照的に輝いてすら見えます。

b0119493_2254042.jpg


有田の市街です。
古き街並みも残っています。

b0119493_2261629.jpg


街並み散策はこうした古い街は楽しいです。
どんな風景と出会えるか。

b0119493_2273891.jpg


蔵造りの建物を抜けます。

b0119493_2285489.jpg


こちらがトンバイ塀といいます。
これは窯で使った耐火物や陶片を赤土で固めて作った塀のことをいいます。

b0119493_2295446.jpg


愛知県常滑でも同様に実際に焼かれた焼き物や炉材を使った塀があります。
瀬戸や多治見にも残っています。

b0119493_2211011.jpg


その町の生い立ちや歴史を感じるためにもこれからも残ってほしい町の資産です。

b0119493_22114119.jpg


なんとも風情があります。

b0119493_2212164.jpg


歴史を感じながら散策が楽しめます。

b0119493_2212352.jpg


建築の壁の仕上げ、通りのスケール感など注意してみればいろんな発見があります。

b0119493_22134664.jpg


有田焼が始まった基礎となる陶石鉱山です。
今は一部のみ採掘されているそうですが、観光用にも観られるようになっています。
有田焼の土は白く吸水もなく非常に硬いです。
1616年にこの原料が発見されてから始まったといいます。

有田の歴史散策おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-06 21:57 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

ボローニャのスリに用心

b0119493_10261952.jpg


イタリアはスリに注意、と聞いてはいて注意はしていましたが、
生まれて初めてスリに会いました。

ボローニャ中央駅からマッジョーレ広場に向かうインディペンデンツァ通りを歩いて
いた時のことです。

普段、財布は胸ポケットで小銭入れだけはズボンの左前ポケットとしていましたが
直前に駅であわてていて小銭入れを上着のポケットに入れていました。

インディペンデンツァ通りはボローニャ中心部へと向かうポルティコの商店街という
雰囲気で人通りも多い道です。

買い物がてら歩いていると、突然、右前方から中年のおばさんがぶつかってきました。
赤ちゃんのような布にくるまれたものを抱えて顔はこちらを見て、何かを呟いています。

ヨーロッパではいわゆる乞食がいるので、この類かと思いそのまま振り切って歩いて
ました。

すると今度は後ろから追い越してきて、左前方から今度はぶつかってくるのです。
またしても何かを言いたげな顔をしながら来るので、さらに振り切りました。

そのあと買い物しているときに気付いたのは、ポケットに入れていた小銭入れがなくな
っていました。

ここまでわかったのは日本に帰ってきてからですが、その時はどこかにしまったのかな
と思っているくらいでした。

分析すると、体をぶつけることと、赤ちゃんのようなものを抱えているので下への視界を
なくすこと、顔の表情で視線を上に持ってくることで、下でポケットからスリをしていたの
でした。

これまでにも何度もイタリアには行ってましたが生まれてはじめての経験です。

鞄に入れても財布ごと取られることもあるので、胸ポケットと必ず出ないようにボタンか
チャックを後付けでつけること、取られやすい上着の前ポケットには何も入れないことが
大切です。

今回はメインの財布ではなく、小銭入れだけだったので、10ユーロほどの被害で済んだ
のが不幸中の幸いです。

あとはたまたま一人で歩いていたことも狙われた要因でしょう。

スリや詐欺まがいのことも、たいていは一人で歩いている人をターゲットにするので
一人歩きの時は要注意で、特に近づいてくる人がいたときは何かあると思ったほうが
いいでしょう。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-02 10:39 | RICOH GRⅡ | Comments(0)