人気ブログランキング |

タグ:アート ( 65 ) タグの人気記事


b0119493_18521871.jpg

表参道スパイラルで開催されたシチズン100周年展です。ちょうど同時期に開催される建築家 田根剛さんがデザインされたことで展示の中でも紹介されていました。

b0119493_18521812.jpg

シチズンは1918年に創業して100周年となりました。シチズンは呼んで字のごとく、「市民に愛され市民に貢献する」という想いが込められて命名されたそうです。

b0119493_18521814.jpg

1976に開発された光を電気エネルギーに変えて時を刻むエコドライブというシステムは地球上のどこでも光さえあれば動き続けます。地球上の誰もが平等に使える時計ということでシチズンの企業精神の本質に繋がっています。

b0119493_18521919.jpg

その「光と時」をテーマに建築家 田根剛さんと作り上げたインスタレーションが今回の展示「LIGHT is TIME」です。

b0119493_18521931.jpg

ギャラリー間でも紹介されていましたが現物はとにかく美しい。チームラボがデジタルアートであれば、こちらはリアルアート。物体が持つエネルギーが光と交錯します。

b0119493_18522557.jpg

天井からのワイヤーにぶら下がっているのは時計の地板です。ここではなんと約72000個使用されているそうです。

b0119493_18522594.jpg

「光は時間であり、時間は光である」

b0119493_18522500.jpg

メーカーの想い、田根剛さんが表現した世界は見る人にフラッシュバックする時間を感じさせます。

b0119493_18522567.jpg

スパイラルはまさに螺旋階段があるので歩きながら視線の変化に合わせて見え方も変わります。

b0119493_18522599.jpg

美しい展示に魅了されている人も多かったです。むしろ衝撃に近い感じでした。

b0119493_18523130.jpg

会場内には7つのコーナーがありシチズンの歴史や商品などが紹介されていました。

b0119493_18523103.jpg

こちらはシチズンの歴代モデルが展示されていました。

b0119493_18523159.jpg

こちらは時間のはじまり、人類による時間の計測史の展示。

b0119493_18523198.jpg

私もシチズンのエコドライブの腕時計を持っていますが、光だけで動くシステムはノーメンテナンスで防水もしっかりしているのでとてもいいです。シチズンには、上位機種であるザ・シチズンがあります。出た当初のモデルでは、ほんとに狂いがなく正確な時間を刻み続けています。人と時間、あるいは宇宙と時間、とてもすばらしいインスタレーションでした。


by nichijou-raisan | 2019-02-03 18:53 | X100F | Comments(0)

b0119493_18551929.jpg

天王洲アイルにある寺田倉庫です。ずいぶんおしゃれな空間になってました。

b0119493_18550976.jpg

その一角にあるのが建築模型専門のギャラリー「建築倉庫ミュージアム」。

b0119493_18551095.jpg

今回、杉本博司さんのプロデュースする建築作品でおなじみの新素材研究所「新素材×旧素材」展が開催されました。

b0119493_18551015.jpg

美術作家である杉本さんの作品には今ではあまり使われなくなった、あるいは使いづらくなった素材を改めて見直すことで新しく表現されています。写真の箒はいわゆる竹箒です。これを垣根にすることで「箒垣」としています。

b0119493_18550933.jpg

以前、東京青海で開催されたハウスビジョンで展示された杉本さんの設計による数奇屋建築でも使われていました。伝統的なものである素材に新しい命を与えています。

b0119493_18551041.jpg

これは直島にある護王神社の模型です。この神社もまた杉本さんの作品で、階段には光学ガラスが使われています。

b0119493_18551967.jpg

写真家だけにとどまらず建築にも幅を広げた杉本さんの美術は非常に奥が深く常人では理解できない世界があります。

b0119493_18551951.jpg

杉本さんの写真作品「海景 東シナ海、天草」。単に海を撮影しているだけのようですが、太古の時間を映そうと試みたものです。美術家はただ撮影するのではいけない、と言う杉本さんの作品には別のものが見えています。


by nichijou-raisan | 2018-12-27 18:54 | X100F | Comments(0)

b0119493_18534608.jpg

建築家 田根剛さんの展示です。実はこの時期、赤坂のTOTOギャラリー間とこの二箇所で同時に田根さんの展示がされていました。両方行った方も多いと思います。

b0119493_18534695.jpg

インスタレーションから始まる展示。

b0119493_18534622.jpg

これは田根さんの痕跡ともいうべきものたち。いわゆる建築家の頭の中を覗いた感じです。

b0119493_18534637.jpg

あまりに深く、そして幅の広い時間間隔。そして歴史や土地への造詣。

b0119493_18535101.jpg

一番の見所は田根さんの建築の大型模型です。何を考え、どうできたのか。動画がそれぞれ用意してあったので内容は非常によかったです。

b0119493_18535112.jpg

話題のエストニア国立博物館。歴史への向き合い方、建築家の責務とは何か、考えさせます。

b0119493_18535129.jpg

こちらも設計の断片。

b0119493_18535141.jpg

国立競技場コンペへの提案模型。古墳の形をしています。

b0119493_18535214.jpg

模型とその断片、動画が並べられています。これからさらに世界で注目を浴びる建築家になると思います。



by nichijou-raisan | 2018-12-12 18:54 | X100F | Comments(0)

ARIGATO SAKURAGAOKA

b0119493_00085830.jpg

渋谷桜ヶ丘エリアの再開発に伴って取り壊されることになったヤマハエレクトーンシティ。50人のアーティストが参加したアートイベントが開催されました。その名も「ARIGATO SAKURAGAOKA」。

b0119493_23490904.jpg

国内外の写真家の作品が各部屋に展示されています。

b0119493_23491050.jpg

こちらは映像作品。

b0119493_23490988.jpg

こちらも映像。人や物資の移動を描いているとか。

b0119493_23491678.jpg

屋上はバーになっていて、少し雰囲気があります。

b0119493_23491625.jpg

哀愁漂う感じです。

b0119493_23491673.jpg

見上げれば渋谷の再開発ビル。これからあと二本建ちます。

b0119493_23491095.jpg

ポジを使った作品。月の満ち欠けを表現しています。

b0119493_23491984.jpg

よく見ると、109とタイムズスクエアがオーバーラップしています。異次元のような作家P.M.Kenの合成写真。

b0119493_23491993.jpg

各部屋にはこんな程度の案内のみ。

b0119493_23491917.jpg

写真表現はいろいろあります。コラージュ的な感じ。Kasai Chikashiの作品。

b0119493_00085877.jpg

通路はこんなウォールアート状態。

b0119493_00085813.jpg

初めて見た彫刻のような盆栽アート。これはQusamura Tokyoの作品。世界から集めてきた植物を販売している会社です。最近は表参道のHayに併設しています。感想としては植物の次元を超えた植物という印象。ちなみにひとつ数万円はします。

b0119493_23492305.jpg

出口を出るとまた作品。これは映像作品でした。

b0119493_23492375.jpg

渋谷のサブカルチャー的な場が再開発によってなくなってしまうのは非常にさみしいですが、形を変え新しい文化を生み出す場であって欲しいと思います。

今回のようなイベントは場の持つ力を考えるきっかけになると同時に、場の記憶をできるだけ多くの人にもってもらう意味でも大きな意味のあることだと思いました。





by nichijou-raisan | 2018-11-23 23:48 | X100F | Comments(0)

b0119493_23251912.jpg

天王洲アイルにある建築倉庫ミュージアムの存在は前から知ってましたが実際に行くのは今回が初めてです。駅を降りてから少し迷いましたがライトアップされ非常におしゃれな外観です。

b0119493_23252731.jpg

エントランスはこの奥の左のドアです。植栽とパーゴラの存在が奥行き感を作っています。

b0119493_23252744.jpg

ぱっと見わかりづらかったのですが、このドアが入り口。

b0119493_23252003.jpg

入ると左の壁に雑貨が販売されていて、正面に受付カウンターがありました。今回杉本博司さん率いる新素材研究所の展示ということで期待していました。新素材研究所とは作家杉本博司と建築家・榊田倫之と共に2008年に設立した建築設計事務所です。

b0119493_23252064.jpg

入場料はなんと3000円。さすがだと思っていたら、新素材研究所のカタログがもれなくいただけました。こちらは新素材研究所として設計された物件が紹介されています。写真は杉本さんがよく使う竹箒の生垣。使い方も斬新です。

b0119493_23252381.jpg

杉本さん曰く「箒垣」といいます。中国製の安価な竹箒を使用しているそうですが、使い方によってはシンプルでモダンな印象が出るから不思議です。

b0119493_23252324.jpg

アートの聖地直島の杉本さんの作品「護王神社」。階段部分は透明度の高い光学ガラスが使われています。残念ながら写真はここまでで、奥の部屋には新素材研究所が扱った素材の数々が展示されていました。

b0119493_23252752.jpg

建築倉庫ミュージアムには展示室ABと二つあります。今回あわせて展示していたのが「超移動社会がもたらす新たな変容」展。建築模型がいくつも並びます。

b0119493_23252408.jpg

写真は太陽電池建築。

b0119493_23252409.jpg

会場自体はそんなに大きくないので二つの会場を見ても1時間はかからないと思います。建築系の趣味の方には非常にいいミュージアムであることは間違いありません。今後の企画も楽しみにしています。





by nichijou-raisan | 2018-11-22 23:25 | X100F | Comments(0)

b0119493_13084487.jpg

九段下にある旧山口萬吉邸にてアートイベントが開催されました。この建物は東急電鉄、竹中工務店、東邦レオの3社が共同でリノベーションしたビジネスイノベーション拠点として2018年9月に整備されました。

b0119493_18551631.jpg

この洋館は1927年に竣工した邸宅で和洋折衷の歴史的な建築です。内部にはダンスホールやスクリーンポーチなど。写真は本来通用出入り口かと思いますが、照明といい雰囲気がよかったです。

b0119493_18551641.jpg

二階の窓。ガラス自体に模様があります。

b0119493_18551186.jpg

この日はアート作品展の初日ということもあり混雑していたので入場制限待ちでした。

b0119493_18551138.jpg

この大きなお花は草月流の家元からでした。竹の扱いといい一線を画してます。

b0119493_18550900.jpg

床のモザイクタイルといい現代建築にはないデコレーションの世界があります。


b0119493_18551264.jpg

最初の部屋の作品。レディー・ガガにもシューズを提供しているということで有名な舘華さんの作品。

b0119493_18551262.jpg

シンプルなデザインの多い昨今、こうした雰囲気のある照明の世界は素敵です。

b0119493_18551293.jpg

ヒールシューズ。遊女の履く高下駄から着想を得た現代日本のファッション。

b0119493_18551061.jpg

昔の照明はなまめかしい雰囲気が漂います。

b0119493_18550950.jpg

二階の漆の作品。

b0119493_18551002.jpg

古来漆の美しさは日本建築の中にあってこそだったといいます。深い黒。

b0119493_18550982.jpg

ゴールドのどくろ。

b0119493_18550944.jpg

地下への階段。

b0119493_18543852.jpg

こちらも漆の作品。

b0119493_18543969.jpg

一階通路部分のタイル。タイルといっても釉薬の雰囲気がすばらしい。陶芸作品に近いできです。

b0119493_21533726.jpg

二階のバルコニー。窓にはすべて網戸が固定されているので蚊を気にせず半屋内の空間を楽しめます。こういった空間があると空間にゆとりが生まれます。せっかくのバルコニーでも蚊がいたのではゆっくりできません。

旧山口萬吉邸は定期的にイベントが開催されているようなので、この空間に浸るためにも要チェックです。
おすすめです。




by nichijou-raisan | 2018-09-15 11:35 | X100F | Comments(0)


b0119493_22261631.jpg

「水玉の履歴書」草間彌生(集英社新書)

草間彌生の半生を振り返った著作です。水玉アートやかぼちゃのイメージが強いですが、その考え方に触れることでよりいっそう彼女のアートの本質が理解できます。

幼少期に幻覚を見るようになり精神科にも通っていました。ちょうどその頃。

「ある日、机の上の赤い花模様のテーブルクロスを見た後で、目を移すと、天井にも窓ガラスにも柱にも同じ赤い花の形が張りついていました。部屋中、体中が花模様で埋め尽くされてしまい、私は自己消滅してしまう気がしました。」

ということがありました。これはその後に続く彼女のアートを主体をなしていくことになります。

「見る人は作品の中にすっかり没入することで、日々の心配事から解き放たれます。これこそがアーティストからの最高の贈り物であり、草間が『自己消滅』というコンセプトで意味したことなのだと思います。」テートモダンのキュレーター フランシス・モリス談。

「草間のアートは心理的な抑圧からの自己の解放を願う行為でありながら、その願いが自己と世界の同時的な救済に昇華しているところに真の偉大さがあるという。」美術評論家 建畠哲談。

また彼女は言います。

 「自分にとって芸術の最大のテーマは生と死でした。・・・齢を重ねた今は、自分が後世の人にどのようなメッセージを残して死んでいけるかを、とても強く考えています。」

そして。

「どんな仕事に就いていようと、その人が今日よりも明日、明日よりも明後日と、自分の生命の輝きに一歩でも近づけたならば、虚飾と愚かさに満ちた社会のなかであっても、それは人間として生まれたことを示す、ひとつの立派な足跡となるのではないでしょうか。」

「肉体は、いつか生命が絶えるという自然界の定めによって死体となります。けれども、私が作った数々の作品は、全世界の人へのメッセージとなって残り、人格をもってひとり歩きを始めます。」

彼女の珠玉の言葉に出会える本です。




by nichijou-raisan | 2018-07-28 23:01 | レバレッジリーディング | Comments(0)

b0119493_21253064.jpg

昨年に引き続き今年も写真家江口さんのご縁で「3人の写真家と50人の仲間たち展」に参加しました。この展示も今年で3年目になります。

b0119493_21253094.jpg

場所は西新宿のヒルトンホテル地下のギャラリーです。一室は3人の写真家の作品展示でもう一室が50人の仲間たち展です。今回は二作品だしました。中央の水面を写したのが、岐阜の通称モネの池です。

b0119493_21253090.jpg

こちらが3人の写真家の部屋。やはりプロは時間も手間もかけただけの違いがあります。まだまだ勉強です。

b0119493_21253032.jpg

この壁は江口さんの作品。アパレルにいた方なので色のセンス、バランスなどなかなか真似はできません。

b0119493_21253112.jpg

恒例の好評会の時間です。皆飲み物を持ちながら3人の写真家がそれぞれコメントをいただける貴重な機会です。

b0119493_21253105.jpg

プロの作品もどんな背景でどんな意図で撮影したかをお聞きできました。

b0119493_21253171.jpg

こちらは50人の仲間の作品について好評いただきます。第三者から見て、どう受け取ったのか、配置や主題など人が見て初めて作品に意味が出てくるんだと思います。

b0119493_21253190.jpg

左から写真家の相原正明さん、小林義明さん、江口善通さん。周りは子供の撮影イベントに参加した子供たち。


by nichijou-raisan | 2018-07-22 17:07 | 写真 | Comments(0)

b0119493_23480225.jpg

松本市美術館で2018年3月3日から7月22日まで開催された「草間弥生展」です。開催ぎりぎりに間に合いました。屋外には常設の「幻の華」が展示されています。

b0119493_23480247.jpg

松本市美術館全景。開催期間中は外壁も水玉模様で草間ワールドです。建築設計は、宮本忠長建築設計事務所。

b0119493_23480853.jpg

一階のピロティは解放されていていろんな角度から作品を眺めることができます。

b0119493_23480986.jpg

美術館前の松本駅から伸びるあがたの森通り。美術館入り口脇の石垣は松本城を意識してでしょうか。石畳風の白い舗装と合ってます。

b0119493_23480896.jpg

美術館中庭側の回廊と水盤。水は空間にやすらぎだったり奥行き感を出すと思います。

b0119493_23480265.jpg

エントランスを入って左に上がっていくと展示会場です。この日は最終日の前日ということですごい賑わいでした。

b0119493_23480899.jpg

展示作品は基本的に撮影できないですが、この部屋だけは撮影許可があるので皆撮影しています。せっかく見ても写真に取れないと記憶から消えてしまいます。海外では撮影OKの美術館が多いので日本も早く変わってほしいものです。

b0119493_23480816.jpg

中庭にでんと座るかぼちゃ。大型のかぼちゃは直島にもあります。色鮮やかで誰の目にも記憶される形です。

b0119493_23480877.jpg

もちろんここも撮影スポットとなります。こういう場所があると楽しめます。

今回の展示は幼少期から晩年の作品まで一同に展示してあり、特に初期に水玉が見えた作品が印象的でした。またニューヨークの個展で認められた作品も当時はきっとセンセーショナルだろうなというくらいで今も新しさを感じます。

芸術の力は偉大です。


by nichijou-raisan | 2018-07-21 14:45 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

b0119493_18185809.jpg

お台場にオープンした森ビルデジタルアートミュージアム「チームラボ ボーダレス」です。オープン間もないということで入場料も格安のキャンペーンをしていました。

b0119493_18185834.jpg

最近では全国の科学館のイベントでも見かけるようになったデジタルアート。参加型のもので子供が楽しめます。

b0119493_18190511.jpg

お台場という観光地に完成したボーダレスは子供から大人まで楽しめる内容になっています。基本構成がマップもなく、ひたすら彷徨うものです。

b0119493_18190587.jpg

この部屋は床一面が鏡張りになっています。なので空間が上下方向に無限に広がります。壁面に取り付けられたスポットライトがデジタルに動きます。これはアートというレベルでものすごい速さで動きます。

b0119493_18190562.jpg

自分がいったいどこにいるのか、どの高さにいるのかすらわからなくなります。

b0119493_18185948.jpg

光の色も同時変化するのでひとつのプログラムを見ているだけでも十分な量がある印象です。

b0119493_18190535.jpg

こちらも閉鎖された空間ですが、壁面はすべて鏡です。なので水平方向に無限に空間が拡張されます。あくまで視覚的です。腰の低いくらいの高さに円形のプレートがあって上からのプロジェクターでさまざまな模様が表現されます。写真はさしずめ草むらでしょうか。

b0119493_18190420.jpg

一番の見所だと思ったのがこちら。天井からLEDテープが無数に降りていて、プログラムに応じて色を変え点滅します。

b0119493_18190574.jpg

デジタルアートというと少し浅めのイメージありますが、完全に度肝を抜かれました。

b0119493_18190520.jpg

デジタルでしかできないこと、デジタルを超えた新しい存在があることを感じました。

b0119493_18190806.jpg

これはもう境界というか曖昧で浮遊している感じです。

b0119493_18190973.jpg

観客自体もひとつの作品の一部に見えます。

b0119493_18190861.jpg

鏡もあってどこが境界なのか、デジタル空間に浮遊します。

b0119493_18190824.jpg

光の滝。撮影スポットになっていました。

b0119493_18191124.jpg

アート作品の中に完全に埋没するアートも珍しいです。自分の動きにインタラクティブに反応するというレベルではなく、完全に埋没です。

b0119493_18191146.jpg

花のゾーン。壁も床も花に満ちます。

b0119493_18191174.jpg

ひたすら彷徨う作品。

b0119493_18191106.jpg

一階と二階があって、二階は子供も遊べる作品になっています。こちらはやわかな光の物体に囲まれて。

チームラボの作品はシンガポールはじめ世界に広がっています。アートは国境を越える、まさにそのまま。きっと世界中の人を感動させるのでしょう。


by nichijou-raisan | 2018-07-13 21:23 | RICOH GR | Comments(0)