陶都街並探偵団 富山ウォークその3 富岩運河環水公園

b0119493_17023930.jpg

今回はあいにくの曇り空でしたが一番の見所である富岩運河環水公園です。もともと洪水に悩まされていた神通川は曲折しており、明治34年からの改修工事の際、直線化する工事が始まりました。

b0119493_17023970.jpg

その工事は最初に幅2m、深さ1.5mの細い水路を作り、洪水の力で土砂を削り、少しずつ川幅を広げていくというオランダ人技師ヨハネス・デ・レーケによるものでした。

b0119493_17024059.jpg

この結果、大正11年ごろに現在の河道になりました。しかし旧河道が富山市街地を分断することから昭和3年に富山県は都市計画決定をします。

b0119493_17024061.jpg

1、富岩運河を新設し工場を誘致
2、運河を削った土砂で神通川の跡地を埋め立て、新市街地を整備
3、残る土砂で東岩瀬港の岸壁、埠頭用地を整備

b0119493_17024019.jpg

富岩運河は昭和10年に完成し富山の工業化に寄与したといいます。

b0119493_17024017.jpg

時代は移り、昭和60年に富山市は「とやま都市MIRAI計画」の対象地区として富山駅北62haを再整備することとなり、都市の貴重な水辺空間として現在の形になりました。写真は世界一美しいと言われるスターバックス。

b0119493_17024075.jpg

観光案内ではもっと高台のようなイメージでしたが実際に見てみると水辺に近い位置にあるスターバックス。中もテラスも人でいっぱいでした。天気がいいと爽快かもです。

b0119493_17024055.jpg

牛島閘門。国登録有形文化財のいたち川と富岩運河の高低差約60センチを調節する施設です。

b0119493_17024184.jpg

ラ・シャンスというフレンチレストラン。フレンチの達人坂井さんの写真が飾ってありました。挙式には最高のシチュエーションです。ガラスで視界は開け、椅子もすべて透明です。

今回はボランティアガイドさんに案内していただいたので詳しく理解することができましたが、場所の記憶、今までの歴史、これらを知ることでより深く都市に関わっていくことができるのだと思いました。


[PR]
by nichijou-raisan | 2018-06-24 19:10 | K-1 | Comments(0)