陶都街並探偵団 富山ウォークその1 富山市ガラス美術館(隈研吾設計)

b0119493_23065881.jpg


陶都街並探偵団 富山ウォークです。今回は12名の参加で多治見から一路貸切バスにて富山に向かいました。一日目は富山市内、二日目は高岡という計画です。現代建築から歴史ある街並みや建物など満載で非常に楽しみなウォークです。

こちらはTOYAMAキラリという再開発ビルです。建築は隈研吾氏による設計。

b0119493_23065867.jpg

頭上に見えるキラリの文字。外観は独特で一段と際立ってます。壁面の角度が細かく変えられており文字通り光がキラキラ光るようになっています。

b0119493_23050939.jpg


中に入っているのは富山市ガラス美術館と富山市立図書館本館です。

b0119493_23065909.jpg

一階の壁面の御影石の意匠。カーブのひだのようになっていて凝っています。

b0119493_23065968.jpg

一階に入る富山第一銀行のATMも内観をくずさないよう色彩にも配慮されています。目だないほうがいいものは色彩を整えるだけで落ち着きます。

b0119493_23050904.jpg

受付横にあるフロア案内図。見ていて楽しいデザインです。ユニバーサルデザインの観点からは文字と背景の組み合わせが重要です。

b0119493_23050912.jpg

下からの見上げ。トップライトからの光が降り注ぎます。

b0119493_23051555.jpg

仕切りのように見えるのは富山産の杉板で意匠的に用いられています。

b0119493_23051537.jpg

館内サインもアルミでしょうか、角材をベースにしていました。

b0119493_23051460.jpg

富山市立図書館。開架式のコーナー。外の明かりが入ってくるのでまずしいくらいです。

b0119493_23051492.jpg

雑誌コーナーは幅広く、建築系は専門書がかなり並んでました。

b0119493_23051424.jpg

各書棚のサイン。こちらも角材。

b0119493_23051584.jpg

児童用のコーナー。書棚も低く設定されていてとても見やすい。奥には子供用のコーナー。

b0119493_23051066.jpg

たまたまやっていたガラス展からいくつか。

b0119493_23051052.jpg

ガラス系のアートは非常に幅広いのと、大きさの自由度、色彩の自由度が高いと思いました。

b0119493_23051020.jpg

海の底から覗いているような作品。上からの光はさしずめ太陽です。

b0119493_23051621.jpg

ガラス作品。

b0119493_23065831.jpg

周辺は都市部なので商店街あり商業施設ありの場所ですが、近代的な材料を使ったビルで、美術館が図書館に併設されていることで、来館者のアクセスは非常にいいかと思います。


[PR]
by nichijou-raisan | 2018-06-17 23:39 | K-1 | Comments(0)