八幡神社 流鏑馬奉納

b0119493_23050720.jpg
岐阜県土岐市妻木町にある八幡神社で400年続く流鏑馬奉納です。
小さい時以来、しっかり見に来たのはずいぶん経ちます。

b0119493_23050946.jpg
2017年10月8日(日)は天気もよくまさに流鏑馬日和。
武者行列と合わせて神輿が練り歩きます。

b0119493_23051253.jpg
子供のころの記憶よりずいぶん規模も大きく感じました。
地元の協力あっての伝統行事です。

b0119493_23051307.jpg
こちらが武者行列。
ちびっこ武者行列もかわいかったです。

b0119493_23051781.jpg
午後13時過ぎから流鏑馬の練習が始まり、武者行列と同時に神輿が一旦仮置きされます。

b0119493_23052310.jpg
今回走る6人の小学生の紹介を兼ねて引き馬されます。

b0119493_23052507.jpg
境内の参道の砂利の坂道を登り終えたところ。
いよいよ本番間近です。

b0119493_23052953.jpg
合図とともに駆け上がります。観衆も一気に盛り上がります。

b0119493_23053116.jpg
続々と6人が駆け上がります。

b0119493_23053709.jpg
大型のレンズを持つカメラマン、愛好家も数多くいました。
環境は日陰から太陽光に写りながら、スピードは速く、撮影はなかなか難しいです。

b0119493_23053945.jpg
脚立を持ってきてまで撮影している人もいました。

b0119493_23054149.jpg
全員駆け上がると、引き馬されながら下まで行きます。その道中、縁起物の扇子と鞭が観衆に向けて投げられます。
b0119493_23054497.jpg

こうして優々と歩いている後姿はとっても凛々しいです。
フィナーレはお神輿を本殿に納めるところですが、この日は時間なく見られませんでした。
来年はまたベストスポットを取りたいと思います。

b0119493_23055400.jpg
ちょうど写真の盛り上がった部分が妻木城址になります。
時代は変わったとはいえ、天然のお堀である川といい、立地条件が山城に向いていたのでしょう。

b0119493_23060145.jpg
こちらが少しわかりづらいですが、城下町でよく見かける枡形道路です。
敵が攻め込んできたときに道路を曲げることでスピードを落とすのが目的です。
一般的な枡形に比べると少し小さ目です。

b0119493_23060366.jpg
妻木城の城下町らしい風情はほんの一部のみです。
こちらは庄屋の建物。

b0119493_23060552.jpg
蔵も昔はありましたが、残っているのもごくわずか。

b0119493_23060783.jpg
こちらも門構えがなんとなく風情が残ってます。

b0119493_23061353.jpg
街並みがあっても、住宅の開発が行われると、全面駐車場となるので、いわゆる街並みを構成する壁の部分がなくなっていまいます。なかなか難しいところですが、これも一つのインバウンド対策としての観光資源として景観形成ガイドラインなどを市で設置できたらと思います。
行政側が入らないと、大きな資金負担含め、成り立たないと思います。



[PR]
by nichijou-raisan | 2017-10-08 18:41 | K-1 | Comments(0)