日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

タグ:K-7 ( 71 ) タグの人気記事

三河湾風景

b0119493_13124263.jpg


三河湾のリゾートリンクスに行ってきました。
夜に入ったので地理感がなかったのですが、朝起きてみると海が目の前
すばらしい景色でした。

b0119493_13142964.jpg


刻々と変わる海の表情。

b0119493_131447100.jpg


三河湾にはいくつかの温泉があります。
ここは吉良温泉といいます。場所でいえば三河湾の中央の北の辺り。

b0119493_13152662.jpg


左に渥美半島、右に知多半島。

b0119493_13164020.jpg


海際に立つリゾートリンクスはスパのある宿泊施設でなんといっても
部屋からの眺めが最高です。

b0119493_13174134.jpg


バルコニーからのパノラマ。

b0119493_1318457.jpg


左に伸びる渥美半島。

b0119493_1318255.jpg


冬で寒いですが、ゆったりするには最高の場所です。

b0119493_13193986.jpg


この辺りは比較的水質もよく夏は海水浴が楽しめます。

b0119493_1319172.jpg


また違う季節に来て見たいところです。

b0119493_13192765.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2011-12-24 13:21 | Comments(0)

デンパーク

b0119493_7174848.jpg


三河安城にあるデンパークです。
農業先進国であるデンマークに例えられるほど農業が盛んな地域だそうで
ちなんだ名前となったそうです。

写真は道路沿いのメタセコイヤの並木。
夜は電飾が施されていてきれいです。

b0119493_718057.jpg


日本デンマークの「デン」、
田園の「デン」、
伝統の「デン」から名前をつけているそうです。

b0119493_718929.jpg


有料の公園なんですが、中身はすごく充実しています。
冬でも見所たくさんの花壇、紅葉など、正直花は期待してませんでしたが
予想以上でした。

b0119493_718177.jpg


植栽の質も非常に高く、ひとつとして手を掛けていないところはないほど。
温室部分では色鮮やかな取り合わせも見所です。

b0119493_7182516.jpg


園内にはいくつも施設がありますが、フローラルプレイスという温室はすばらしいです。

b0119493_7183413.jpg


クリスマスを目前にしているので、クリスマスツリーがいくつも飾り付けてあります。
スウェーデン風の建築ともマッチして雰囲気もいいです。

b0119493_7184570.jpg


ホワイトガーデンと名づけられたサイレントナイトをイメージしたガーデン。
白を基調としながらも変化があってはじめての取り合わせ。

b0119493_71851100.jpg


細かな部分まで作りこまれていて、見入ってしまいました。

b0119493_719738.jpg


色の使い方だけでも、これだけ雰囲気が変わるのかと思えるほどです。

b0119493_7191680.jpg


夜になると、ホワイトのLEDが光幻想的な感じでした。

b0119493_7192485.jpg


今は夜間ライトアップしていますので、午後からゆっくりと、夜までがベストです。

b0119493_7193284.jpg


大クリスマスツリー。
ジャズコンサートもやっていたのですが、英語のナンバーが多くよかったです。

b0119493_719411.jpg


モミジバフウの紅葉。
今年一番の紅葉です。

b0119493_7195236.jpg


太陽があたった色鮮やかな紅葉は秋を感じさせてくれます。

b0119493_720572.jpg


秋、ですね。

b0119493_7201833.jpg


園内は植栽が多く、一日歩いてみたいところ。

b0119493_7202815.jpg


メルヘンチックなクリスマスの電飾。
夜も幻想的でよかったです。
子供客には人気のスポット。

b0119493_7203812.jpg


エントランスを入ってすぐの池ごしのツリーの電飾もまたよかったです。
また別の季節に来て見たいですね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-12-05 07:22 | Comments(0)

紅葉

b0119493_2111657.jpg


内々神社の紅葉。
国道19号から少し入った場所でどちらかといえばひっそりとした神社です。
ここ周辺は山に囲まれているので日の入り方が弱いので、日陰になることの
ほうが多いです。

b0119493_2131237.jpg


ここ数年はこの季節に来ますが、やっぱり日陰の雰囲気です。
しばらくの間待っていると、少し日が差すの瞬間の紅葉の色が映えるところを
捉えます。

b0119493_2145557.jpg


丁寧に管理されたというよりは、自然で野趣な雰囲気が楽しめます。

b0119493_2161123.jpg


私の好みは少しだけ日が入って、艶のある表情です。

b0119493_217457.jpg


浅緑、緑、黄緑、黄、橙、赤への変化は美しいです。

b0119493_2181379.jpg


どこから変わったのかわかりにくいですが、ここからは徳川園の紅葉です。
全体は8分といったところです。

b0119493_2185861.jpg


色づく紅葉に魅せられるのはやはり日本人の感性です。

b0119493_2193058.jpg


休日ということもあって、終始人が絶え間の無い庭園ですが、秋の風景を
探して散策するのも楽しいです。

b0119493_21102820.jpg


ここ徳川園は、博物館も併設されていますが、庭園のみの入場もできます。

b0119493_211046100.jpg


あと一週間後くらいが見頃でしょうか。

b0119493_21112581.jpg


なかなか行けないですが、いつか京都の秋を撮りに行きたいものです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-11-27 21:12 | Comments(0)

インドネシア

b0119493_10223298.jpg


インドネシアに出張してきました。
インドネシアといっても、バリではなく工業が中心のスラバヤという町です。
都市化も進んでますが、一歩入るとバラックが建ち並びます。
貧富の差も大きいようです。

写真は日本でいう造園の路面店です。
植栽とプランターや石材などを売っています。

b0119493_1024367.jpg


石はこんな感じで売ってます。
だいたいどこも同じような石を売ってます。
小売屋さんなので必要な量だけ買っていきます。

b0119493_10254722.jpg


セメント製のプランター類。
見た目は石のようですが、実はセメント製です。
日本でも見かけます。

b0119493_10264684.jpg


いわゆるガーデニングショップです。
こういう路面店が固まっていくつも並んでます。

b0119493_1028541.jpg


イオンショッピングセンター並みのショッピングモールがあったり、高層ビルもある
のでどの国に行っても都市化が進んでます。

b0119493_10285842.jpg


海外ではあまり見かけない歩道橋。
イギリス系の土地では人が優先されるマナーがありますが、日本と同じ歩道橋が
進展する国は、車優先社会と言えます。

b0119493_10303339.jpg


車線などなんの意味もない道路。
インドネシアもベトナム並みにバイクが多く縦横無尽にバイクが走ります。
後進国ほど、クラクションが鳴り響きます。
中国もいまだにクラクションがかなりします。

道路は基本的に渋滞しているので、移動は大変です。
公共交通機関といえば乗り合いのマイクロバスのようなものがあるだけなので
一人一台バイクに乗って移動しますので、渋滞がひどいです。

前回はバリにも行ったのですが、今回は行けなくて残念です。
リゾートホテルの庭のデザインはすばらしいです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-11-26 10:36 | Comments(0)

恵那すや 観音寺店

b0119493_21233567.jpg


恵那すや。栗きんとんで有名なお店。
7月に新工場とともにオープンした観音寺店です。

恵那川上屋と同じ通りにあります。

b0119493_21263956.jpg


数奇屋風の建築が通り沿いに目に入ります。
あまりに質素で広告的なものがないのでうっかりすると通りすぎてしまいます。

b0119493_2129499.jpg


玄関脇のちょっとした粋な計らいが心地いい。

b0119493_2129347.jpg


観音寺店は、和菓子の販売と喫茶があります。
中津川のすや(別会社)もカフェがあったります。

b0119493_21302839.jpg


喫茶コーナーは庭園を見ながらの窓際にすべて作られていてゆったりとした時間
が過ごせます。

b0119493_21311224.jpg


庭も本格的です。

b0119493_21313144.jpg


中津川すやも建築、庭ともにすばらしいですが、こちらも相当なもの。

b0119493_21322118.jpg


外観。
周囲の回廊が独特です。

b0119493_21325352.jpg


恵那の紅葉はまだのようで終わりかけでもあります。

b0119493_21332480.jpg


季節感を感じる樹木は日本人の感性に響きます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-11-13 21:34 | Comments(0)

銀の森

b0119493_20434764.jpg


今年7月に恵那にオープンした「銀の森」。
以前から気になっていてようやく行けました。

b0119493_20452983.jpg


場所は恵那インターから車で10分ほど。
川上屋とか恵那すやも通り沿いにならぶ恵那のスウィーツ街道のよう。

5つの食のテーマパークになっていて、和食、栗きんとん、おせち料理、スウィーツ
カフェがあります。

b0119493_20481138.jpg


入ってみると園路がありランドスケープにも相当な力が入った感じです。
植栽はまだまだこれからですが、数年後には建築と一体化した町ができる
と思います。

b0119493_20492720.jpg


「森の食卓」というカフェ。
お昼はランチがおすすめ。前菜ビュッフェがついています。
基本的にイタリアンのようで、パスタかピザを選ぶかたちです。
天気のいい日は外のテラス席が気持ちいいです。

b0119493_20505666.jpg


洋菓子の「カリテレモン」。

b0119493_20512747.jpg


手作りジャムやチーズケーキ、パイなど。
試食が充実していて楽しいです。

b0119493_20521038.jpg


ショーケースいっぱいのスウィーツ。

b0119493_20523062.jpg


手作りジャム。
桃や杏、苺といろいろ。

b0119493_20531082.jpg


園内は休憩のできるスペースもありゆったりと時間を過ごせます。
花や樹木も楽しませてくれます。

b0119493_2054043.jpg


和風の建築もあれば南欧風もあるという取り合わせですが、なぜか違和感のない
のがうまいということでしょうか。

b0119493_20562146.jpg


ショップの脇は厨房になっていて、お店の方が作っているところが
見れます。味わいを感じられます。

b0119493_20544964.jpg


栗きんとんのお店「みくりや」。

b0119493_20552481.jpg


照明や細かいディテールも作りこまれていてすばらしいです。

b0119493_20572250.jpg


「銀の森ショップ」。
ドレッシングからチーズケーキからお酒から店内は飽きさせない品揃え。
もちろん試食も充実していて楽しめます。

b0119493_20584631.jpg


建築からランドスケープ、ロゴやパッケージデザインまでトータルで非常にしっかり
してます。おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-11-13 21:00 | Comments(0)

ダムの風景

b0119493_20261527.jpg


恵那にある小里川ダム。
近くには「道の駅おばあちゃん市山岡」もでき結構な人で賑わいます。

b0119493_20315216.jpg


小里川ダムは、重力式コンクリートダムだそうです。

b0119493_20262595.jpg


見るからにものすごいボリュームのコンクリート。
自然景観を生かしたダムもあれば、こうしたコンクリートむき出しのものも。

b0119493_20311557.jpg


周囲は山並みが連なる里山の風景です。
子孫へとつなぐ風景も我々の使命です。

b0119493_20263422.jpg


大型なだけに景観に与えるインパクトも大きいので、なんらかの
修景ができたら、と思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-10 20:32 | Comments(0)

秋色

b0119493_8315674.jpg


花フェスタ記念公園です。
今はバラ祭りが開催されています。

b0119493_8334720.jpg


この公園は有料ですが、しっかり管理されていていて見ごたえが
あります。春は桜が最高です。

b0119493_8344338.jpg


秋といえばコスモス。
他に色が少ない中のコスモスの赤からピンクの色はまぶしい。

b0119493_83527100.jpg


光が交錯する中の見え方はなんとなく艶があります。

b0119493_8364119.jpg


イチョウもまた色づきはじめてます。

b0119493_837781.jpg


公園内のバラのゾーンは充実してます。
香りも楽しめるほどです。

b0119493_8374923.jpg


園内には一眼をもった方があちこちに。
最近はやりの一眼を持った女子カメラも。

b0119493_8382615.jpg


バラ園は広大なエリアなので、半日はかけられるほど。

b0119493_8385916.jpg


並ぶのは巨大なキンモクセイ。
こんな大きなのははじめて。これが歩いているだけで香りに包まれます。

b0119493_8401022.jpg


クレマチスのハンギング。

b0119493_8404338.jpg


冬にかけてイベントがいくつもあるのでおすすめです。

b0119493_8423360.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-10 08:43 | Comments(0)

城下町犬山

b0119493_2315267.jpg


陶都街並探偵団に初めての参加です。
犬山を散策しながら犬山の街づくりについて学びます。
参加者は17名ほど。

b0119493_2317968.jpg


昨年行ったものの、その時とはまた違った目で見ることができました。
市の担当者からも街づくりについての取り組みの現状など勉強に
なりました。高山のような伝統的建築物保存地区をされるといいのですが、
保存していくとなると市民の協力は不可欠です。

写真は犬山城へ上がるための稲荷神社の階段。
結構体力使います。

b0119493_2319458.jpg


犬山城は織田信長の叔父である織田信康によって、1537年に造られました。
明治四年の廃藩置県で廃城され取り壊され、昭和36年から40年の4年をかけて
解体修理がされ現在に至ります。

b0119493_2322407.jpg


市内を一望できます。
この犬山城の天守閣は1mくらいの囲いしかないので、ものすごく見晴らしが
いいです。その分怖いです。

b0119493_23234982.jpg


瓦屋根の表情。

b0119493_23241550.jpg


桃の隅瓦。

b0119493_23254041.jpg


はるか遠くにはセントラルタワーズが見えます。

b0119493_2326288.jpg


楼内の階段は急なので高齢者には優しくないですが、感動します。

b0119493_23264063.jpg


犬山の市街はいくつも路線がありますが、歩道は修景され街並みへの
配慮があります。すべてではないですが、できるだけ伝統的な街並みを
崩さないようにしようという配慮も見られ、統一感もあります。

b0119493_23282592.jpg


観光客誘致に欠かせないのが宿泊施設。
この名鉄犬山ホテルは温泉もあり、このエリアでは有名です。

b0119493_23292995.jpg


犬山のもう一つの名所、有楽苑。
織田信長の弟である織田有楽(うらく)の茶室が今も残ります。

b0119493_23303134.jpg


尾張の大茶匠であり国宝如庵は京都から移築されたものです。

b0119493_23314251.jpg


書院前の庭。

b0119493_23323925.jpg


石畳の風情。

b0119493_2332599.jpg


日本建築の光はやさしい。

b0119493_23332640.jpg


国宝如庵。
独創的な作風が見られる茶室。
残念ですが、中には入れません。

b0119493_23343395.jpg


路地の風情。

b0119493_23345643.jpg


細かなしつらえが日本人の感性に響きます。

b0119493_2336524.jpg


犬山城から有楽苑は若干移動時間がかかりますが、京都にも勝る
場所です。

b0119493_2337979.jpg


犬山城への登り口手前にある犬山市文化資料館。

b0119493_23375439.jpg


エアコン室外機をさりげなく化粧。
こんな配慮もすばらしい。

b0119493_23382887.jpg


パブリックに開かれた店舗。
こういった滲み出しが街を元気にさせます。

b0119493_23392385.jpg


高山もそうですが、旅人をもてなす花はほっとさせてくれます。

b0119493_23395362.jpg


城下町の風情の残る建築もあちこちに残っています。
屋根の形がおもしろい。

b0119493_234036100.jpg


犬山市では景観修景の場合は建築改修費用の2/3、300万以下まで補助金を
出しているそうです。こういった取り組みあっての街並みです。
他に街づくり株式会社を設立しており、空き店舗活用など取り組んでいるそうです。
街を愛する強い思いが形になっていて、すばらしいと思います。
自分の街で何をできるか、自分は何を提供できるのかを考えないと街づくりは
進まない、そんなことを考えました。感謝です。

b0119493_23433712.jpg


犬山で有名な田楽のお店「でんがくの松野屋」。
おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-09-25 23:45 | Comments(0)

観光ヤナ

b0119493_23511633.jpg


国道156号を北上すると長良川の上流にあたり観光ヤナが
いくつかあります。ここは、みやちかさんです。

b0119493_23551954.jpg


国道沿いのみやちかさん。
一見すると普通の料理店の店構えです。

b0119493_23562273.jpg


中に入ると店内の食事スペースとテラス席があります。
長良川沿いの席は気持ちがよさそうです。

b0119493_2357976.jpg


奥のほうも日よけのある食事スペースがあります。
食事した人は、観光ヤナが用意してあって体験できるようになっています。
こちらは無料。ただし採って帰ることはできません。

b0119493_23585623.jpg


川の青さが美しい。

b0119493_23592989.jpg


この前の台風で大量に鮎がとれたそうです。その数なんと15,000匹!
天然鮎をふんだんに使った料理が食べられます。

b0119493_004245.jpg


ヤナ漁は産卵のために川を下ってくる鮎を採るための仕掛けで
川に提を作ってそこに流れてきた鮎を竹で網を張って採ります。
1時間半ほどいましたが、ラッキーにも小さめの鮎を採ることが
できました!ヤナは何度か行きましたが、採ったのははじめて。

b0119493_0145100.jpg


天然鮎は長良川の上流である郡上の辺りの鮎がおいしいといいます。
通常スーパーで売られているのは養殖です。
岐阜だと川原町泉屋さんが有名です。少々高いですが天然鮎のお店です。

b0119493_024832.jpg


これが天然鮎。
お腹のあたりがオレンジ色をしているのが特徴だそうです。
ヤナといっても観光用なので頻繁に鮎がかかるわけではないので、
木箱が用意してあって鮎を見ることができます。店員さんが見せてくれました。

b0119493_041427.jpg


長良川は途中で板取川と合流します。
どこまでも青い川。

b0119493_053580.jpg


鮎釣りの人も多くこの時期は賑わいます。
鮎釣りの風景もこの時期独特です。

b0119493_072525.jpg


天然鮎はやはりおいしかったです。
鮎料理は、煮物、塩焼き、から揚げ、雑炊など。
他にさしみもあります。セットは3000円から5000円くらいまで。
単品で塩焼き1200円だけでも注文できます。

みやちか
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-09-25 00:09 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite