日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

タグ:自然 ( 214 ) タグの人気記事

御射鹿池(みしゃかいけ)

b0119493_21025281.jpg

長野県を代表する日本画家といえば東山魁夷です。この池は御射鹿池(みしゃかいけ)といいます。

b0119493_21025207.jpg
長野県茅野市にあります。白樺湖からだと車でおよそ30分くらいでしょうか。峠道をくねくね走るとたどり着きます。

b0119493_21025249.jpg
非常に幻想的で東山魁夷がモデルとしたのもわかります。その世界観を体験できただけでも非常にうれしい限りです。

b0119493_21025342.jpg
蓼科も含めこのエリアの自然風景は美しいです。



[PR]
by nichijou-raisan | 2017-08-14 21:00 | K-1 | Comments(0)

イコロの森



b0119493_15194704.jpg

千歳空港からもほど近い場所にあるイコロの森です。

b0119493_21015173.jpg

もとは園芸ショップですが、北海道のナチュラルガーデン、レストラン、カフェの複合施設と
なっています。

b0119493_21015158.jpg
こういったシダが多いのも北海道の特徴です。

b0119493_21015196.jpg
イコロの森は入園料が必要です。大人600円、子供300円。
営業は4/21~10/31までで、9:00~17:00までとなっています。

b0119493_21074585.jpg
蛇籠のウォール。自然素材で生態系にもやさしいです。

b0119493_21074562.jpg
こちらはクラフト作品などを販売するイコロハウス。

b0119493_21074569.jpg
ひとつひとつ味わいのあるグッズがセレクトされています。

b0119493_21074515.jpg
陶器も雰囲気もいいです。
クラフト作品は手が触れることで忘れた感覚がよみがえったりもします。

b0119493_21103582.jpg
左側にエントランス、イコロハウス奥にレストラン、右側にはカフェがあります。

b0119493_21103530.jpg
ガーデンは北海道の自然を生かしたナチュラルガーデンといったデザインで非常にゆったりと
できます。

b0119493_21103514.jpg
園内も広いので、なんとなくぶらぶらするのにはもってこいの場所です。

b0119493_21103688.jpg
ガーデナーも数名いらっしゃるようで、そこかしこにデザイナーの感性を感じます。

b0119493_21103647.jpg
横に長いボーダーガーデン。
起伏のないフラットなガーデン。

b0119493_21103608.jpg
もう少し遅ければバラも咲いていると思います。

b0119493_21150518.jpg
左側はカウチ式のカフェ空間。
静かで気持ちのよい空間です。

b0119493_21150496.jpg
本棚にはガーデンや植物の本が並んでます。
自然に触れる場所としては最高です。

b0119493_21150501.jpg
森の食卓 トマティーヨというレストラン。
ランチにくるのもおすすめです。

b0119493_21150538.jpg
ナーサリーコーナー。

b0119493_21150489.jpg
かなりの品種を扱っているようです。




[PR]
by nichijou-raisan | 2017-06-11 21:29 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

モエレ沼公園

b0119493_15231609.jpg

札幌の雄大な大地をアートとしたモエレ沼公園です。
故イサム・ノグチの残したランドスケープ大作といえます。

b0119493_15231724.jpg

1988年、ノグチはアートの設置候補地として訪れたすでに計画中のモエレ沼公園に降り立ち、不燃ごみの埋め立て地として使用されている現状をみて、人間が傷つけた大地をアートで再生すると、言ったそうです。
b0119493_15231746.jpg

札幌市から正式に公園全体の設計を委託されたノグチは公園全体が彫刻とするいまだかつてないプロジェクトになっていきました。

b0119493_15231765.jpg

残念なことにノグチが初めて訪れた日から9か月後にノグチはなくなってしまいます。財団の支援もあり計画は続行され2005年に公園はオープンします。

b0119493_15231707.jpg

ここに札幌市のテーマである「環境と文化」が体現された雄大なランドスケープ作品が完成しました。公園造成からは23年の月日が経っていました。

b0119493_15231820.jpg

北海道の大地のアートおすすめです。




[PR]
by nichijou-raisan | 2017-05-21 15:22 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

陶都街並探偵団 浜松WALK-1 龍潭寺

b0119493_20390189.jpg
陶都街並探偵団 浜松ウォークです。
今回は17名の参加。レンタカーを借りて高速で浜松の建築を巡ります。

まず最初は、井伊家菩提寺である龍潭寺。
桜の見ごろは過ぎたもののまだ8分くらい残っていて春を感じます。
写真は山門。

b0119493_20390182.jpg
石畳の階段と桜の花びら。
龍潭寺といえば大河ドラマの女城主直虎でも時々登場します。
井伊家600年の歴史を物語ります。
開創は古く平安時代と言われています。

b0119493_20390187.jpg
入場料を払って本堂に入ったところで出会った言葉。

法句教「人の生を受くるは難く やがて死すべきものの いま命あるは有り難し」

まさに世は無常。一日を感謝して過ごさねばと思います。
言葉との出会いに感謝です。

b0119493_20390250.jpg
方丈庭園。
白砂利敷きの非常に清潔感のある庭です。
丁寧に刈り込みされたツツジも作品のようです。

b0119493_20390227.jpg
左甚五郎作と伝えられる「龍」。
まるで生きているかのようです。

b0119493_20390336.jpg
本堂の渡り廊下。
日本建築の軒下空間は外でも内でもない中間領域です。
高温多湿な日本を快適に過ごすための知恵。

b0119493_20390249.jpg
江戸時代初期に作られた池泉回遊式庭園は、茶人 小堀遠州によります。

b0119493_20390240.jpg
景石のボリュームが右から左に向かって数が少なくなるように設計されています。
遠近法ともいえる技法で、細長い敷地の中で庭を楽しむ工夫がしてあります。

b0119493_20390260.jpg
この角度から見ると奥ほど景石が少なくなっているのがわかります。
丁寧に刈り込みのされたツツジは5月ごろなのでもう少し先が見ごろかも。

b0119493_20390385.jpg
和風庭園の中のソテツは珍しいですが、変化があっておもしろいです。

b0119493_21482220.jpg
井伊家のお墓に向かっていく途中にあるお地蔵様。

b0119493_21482279.jpg
井伊家歴代墓所。
右奥に初代「共保」、左に「直盛」、手前に直盛夫人、直虎、直親、直親夫人、直政と
続きます。井伊家600年の歴史。

b0119493_21482223.jpg
シャガはアヤメ科の多年草です。
清楚な白の花が緑に映えてました。

b0119493_21482338.jpg
ドラマ直虎で出てくる井伊谷。ほんとにあるんです。

b0119493_21482322.jpg
井伊家初代 共保が出生したと言われる井戸。
こんな田んぼの真ん中にぽつんとあります。

b0119493_21482364.jpg
歴代当主が篤く崇拝していたそうです。





[PR]
by nichijou-raisan | 2017-04-17 21:56 | K-1 | Comments(0)

多治見 永保寺の紅葉2016

b0119493_2333325.jpg


多治見市にある永保寺の紅葉です。
例年見ごろの時期になると観光客で賑わいます。

土岐川に近い瓦の塀と紅葉。

b0119493_23333640.jpg


永保寺は1313年に開創した臨済宗南禅寺派のお寺です。
鎌倉末期に建てられた観音堂、開山堂という国宝を抱え、また夢想疎石設計
の池泉回遊式庭園など東海地方でも随一の禅寺と言えます。

奥に見えるのが国宝観音堂。手前は樹齢約700年の大銀杏。

b0119493_23404213.jpg


まさに燃えるような紅葉。

b0119493_23423730.jpg


2011年に建て替えられた本堂。
2003年の火災で焼失しましたが寄進により再建されました。

b0119493_23462381.jpg


心字池と梵音巌。
岩には千体地蔵があり、その上には六角堂があります。

b0119493_0112136.jpg


永保寺は自然が豊かで自然の色づきを感じさせてくれる貴重な場所です。

b0119493_013317.jpg


境内そばを流れる土岐川。

b0119493_0141972.jpg


少し遅かったのが残念ですが、一部の紅葉が見られてよかったです。
また来年も美しい彩を見せてくれるでしょう。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-24 00:16 | K-1 | Comments(0)

恵那散策

b0119493_161586.jpg


恵那にも紅葉が見られるようになりました。

b0119493_172729.jpg


恵那には博石館という石のミュージアムがあります。

b0119493_18559.jpg


休日は結構な人でにぎわいます。
文字通り石の博物館で石だらけですが、子供に人気なのは、宝石が取れる
からです。

b0119493_110769.jpg


子供はきらきらしたものが好きで、宝石さがしという自分で探すコーナーは子供
でいっぱいです。

b0119493_1105881.jpg


石に触れ、地元産業に親しむ場があるのは重要です。
恵那には蛭川御影という石があり、こうした機会に広く知ってもらえます。

b0119493_1115573.jpg


恵那峡は木曽川をせき止めてできた大井ダムによって作られた人造湖になります。
秋の紅葉もこれからです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-31 01:14 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

多治見 ぎゃるり百草

b0119493_0492116.jpg


多治見にある「ぎゃるり百草」。

b0119493_0494922.jpg


陶芸家安藤雅信さんの経営するギャラリーです。
メインは陶器ですが、服飾から雑貨まで多様なギャラリーとして運営されています。

b0119493_0504823.jpg


ここの魅力は安藤さんのセンスです。
陶芸だけでなく、お茶にも精通、古民家を移築したというその建築、そしてこの環境、
すべてがマッチしている印象です。

b0119493_0515735.jpg


時代を超えて日本文化のいいところを感じさせてくれます。

b0119493_0523466.jpg


そこかしこに置いてある調度品、しつらえもまたすばらしい。

b0119493_053520.jpg


こうした和風建築は今では少ないのが残念です。

b0119493_0533783.jpg


誰でも入れる場所でこうした空間があるのは貴重で、生きた日本建築を体感する
ことができます。

b0119493_0542397.jpg


延石もまた苔と調和しています。

b0119493_054522.jpg


京都のお寺に見られるような清潔で宗教的なものとも違う生活の場での庭との
調和。人は自然とともにあることで幸せを感じるんだと思います。

b0119493_056388.jpg


木々からの落ちる光。

b0119493_0563354.jpg


すべてが煌々と光る中で微妙な光を感知する感性が意識されます。

b0119493_0573127.jpg


古民家というと今では維持に費用がかかってしまいますが、手入れをきちんとすれ
ば長持ちします。

b0119493_058178.jpg


これからもずっとあり続けてほしいギャラリーです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-31 00:58 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

アクア・トトぎふ Aquatotto Gifu

b0119493_2218511.jpg


岐阜各務ヶ原にあるアクアトト岐阜です。
ちょうどこの日は子供入場料無料ということで入場しました。

This is "Aquatotto Gifu" in Kagamigahara city in Gifu pref.

b0119493_22224126.jpg


最初に見たのは世界最大のリクガメ、アルダブラゾウガメです。
背中を触ってみましたがヤシの実のような感触です。

At first, I saw the biggest tortoise named Aldabra.
I touched his back, it felt like a coconut.

b0119493_22235237.jpg


餌を上げるとゆっくりとすばやく食べます。

He ate very quickly when I fed.

b0119493_2224224.jpg


アクア・トト ぎふは、岐阜県の施設で世界淡水魚水族館です。
およそ約220種、20,000匹の魚たちがいます。

"Aquatotto Gifu" is the World fresh water aqualife park at Gifu.
There are 20,000 water animals,belonging to 220 different spicies.

暑い日には最適です。

It is good for us when we want to cool down.

b0119493_222628.jpg


人気のアシカショー。
非常におもしろいショーでした。

The sea lion stage is a popular entertainment show.
People are very excited to see this show.

b0119493_22271938.jpg


非常に観客席とも近く迫力のショーです。

The stage is poweful because the stage is close to the gallery.

b0119493_22274038.jpg


最後は会場参加の輪投げショーです。

The last included the game of quoits.

b0119493_2228383.jpg


緑が青々としてます。

The greenary is quite fresh.

b0119493_22391362.jpg


連続する河川環境楽園です。
古きよき田園風景が再現されています。

This is the Oasis park next to Aquatotto Gifu.
Here is the old japanese rural scene is recreated.

b0119493_22405740.jpg


枯れたひまわり。
もう夏ですね。

Withered sunflower.
It notified me summer has come.

b0119493_22412098.jpg


ガラスドーム。
自然景観とは対照的なモニュメント的なデザイン。

The glass dome.
Its design is monumental design which contrast with the natural scene.

b0119493_22414870.jpg


ベーカリーカフェ二階から。
照明とプランターが合体してます。

The view from the second floor of bakery cafe.
The light and the planter were combined.

b0119493_22424341.jpg


思わず入りたくなるミストの遊び場。

The attractive misty playing field.

b0119493_2243345.jpg


初夏の休日。

It was the early summer holiday.
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-07-10 22:44 | K-1 | Comments(0)

定光寺の蓮 The lotus of Jokoji temple

b0119493_11195274.jpg


今年も蓮の季節です。
まだ見ごろは少し先かもしれません。

The lotus season has come.
The best season is a little further.

b0119493_11202821.jpg


蓮の狙い目は早朝です。
時間がたつにつれ開いてしまい散ってしまいます。

You can see the best scene in the early morning.
The flowers are falling down when the time passed.

b0119493_1121168.jpg


蓮の葉にたまった水滴もまたきれいです。
少し傾けるとさらっと落ちてしまいます。

A water drop on the leaf is beautiful.
When the leaf tilts, the water drop slide off quickly.

b0119493_11213650.jpg


この蓮池は瀬戸にあります。
定光寺というお寺の近所といったらいいでしょうか。

This lotus pond is located in Seto city.
It is near the Jokoji temple.

b0119493_1122281.jpg


大振りの花がいくつも咲いているといいですが、今年はタイミングが
微妙です。

For this year, it is difficult to find the best time to watch full blossom.
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-07-09 11:17 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

K-1+TAMRON90㎜MACRO

b0119493_14395092.jpg


東山動植物園です。
知らずいつの間にかアジサイが咲いている季節になってました。

b0119493_14415625.jpg


ちょうど翌日、テレビで梅雨入りしたとありました。
そして今日も雨模様。

b0119493_1442481.jpg


今回はPENTAX K-1での初めてのマクロ撮影。
TAMRON 90mmマクロレンズの本領発揮です。

b0119493_14425338.jpg


ボケの感じの柔らかさはTAMRONらしさが出ています。
ピンが取れれば解像度も高い印象です。

b0119493_14434860.jpg


石像も単焦点らしい抜けの良さが感じられます。

b0119493_14441745.jpg


マクロ時の絞りのバランスはこれからです。

b0119493_14445676.jpg


主と背景の位置取りをどうするかで印象が変わります。

b0119493_14454813.jpg


鮮やかなピンク。
TAMRONレンズの色は比較的落ち着いてます。

b0119493_14464051.jpg


バラの逆さに撮影したものですが、はかなさを感じます。

b0119493_14473841.jpg


帰り道の信号と車のテールランプ。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-06-05 14:49 | K-1 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite