日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

多治見 永保寺の紅葉2016

b0119493_2333325.jpg


多治見市にある永保寺の紅葉です。
例年見ごろの時期になると観光客で賑わいます。

土岐川に近い瓦の塀と紅葉。

b0119493_23333640.jpg


永保寺は1313年に開創した臨済宗南禅寺派のお寺です。
鎌倉末期に建てられた観音堂、開山堂という国宝を抱え、また夢想疎石設計
の池泉回遊式庭園など東海地方でも随一の禅寺と言えます。

奥に見えるのが国宝観音堂。手前は樹齢約700年の大銀杏。

b0119493_23404213.jpg


まさに燃えるような紅葉。

b0119493_23423730.jpg


2011年に建て替えられた本堂。
2003年の火災で焼失しましたが寄進により再建されました。

b0119493_23462381.jpg


心字池と梵音巌。
岩には千体地蔵があり、その上には六角堂があります。

b0119493_0112136.jpg


永保寺は自然が豊かで自然の色づきを感じさせてくれる貴重な場所です。

b0119493_013317.jpg


境内そばを流れる土岐川。

b0119493_0141972.jpg


少し遅かったのが残念ですが、一部の紅葉が見られてよかったです。
また来年も美しい彩を見せてくれるでしょう。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-24 00:16 | K-1 | Comments(0)

Hyde Park & Kensington Gardens

b0119493_0294565.jpg


ロンドン二日目は早く起きてハイド・パークへ。
ちょっとした町のハンギングプランターが彩を添えてます。

b0119493_0305626.jpg


ロンドン市内のガイドマップは非常に見やすくわかりやすいです。
観光客に非常にやさしい。

b0119493_0312839.jpg


ロンドンは石畳というイメージがありますが、今はだいぶ石畳は改修されています。
写真のようなコンクリート平板が一般的のようです。
いたってシンプルで無機質感がありますが、歩道はあくまで風景の中では
地となる部分なので、目立たずという視点はもっともです。

b0119493_0333426.jpg


イギリスには数社伝統的なレンガメーカーがあります。
今なおハンドメイドでレンガを作っているとは驚きです。

b0119493_0342074.jpg


日本ではレンガの外壁はあまり見ませんが、土を焼いた質感は人になじみます。
風景としてもエイジングするので時間とともに溶け込む感じです。

b0119493_0353583.jpg


ハイド・パークは非常に自然身あふれる公園で、ランニングやサイクリングをしている
人を多く見かけました。
しっかり自転車道の存在があります。

b0119493_036413.jpg


自転車の床サインは近づいてみると実は縦長になっています。
自転車の目線で見たときにバランスよく見える設定です。
何に伝えるメッセージなのかが考慮されています。

b0119493_0374535.jpg


歩行者道、自転車立ち入り禁止サイン。

b0119493_038794.jpg


歩行者優先表示。

b0119493_04261.jpg


ハイド・パークの西方は王立のケンジントンガーデンになっています。
その入り口部にあるイタリアンガーデン。池と建物で雰囲気があります。

b0119493_0424980.jpg


ロングウォーターは、ハイド・パーク中央のサーベンタイン湖の一部です。
美しい眺めです。

b0119493_044595.jpg


ロングウォーターに生息する鳥たち。

b0119493_044545.jpg


ニューヨークのセントラルパークもそうですが、都心部にしっかりとした自然生物と
出会える場所があるのは非常に重要だと思います。
人も自然の一部と考えればごく自然です。

b0119493_0454592.jpg


ダイアナ妃のメモリアルロードのサイン。
床から盛り上がっていますが、国民に親しまれたことが偲ばれます。

b0119493_0474458.jpg


人間性を取り戻す場です。

b0119493_049386.jpg


ダイアナ妃メモリアルファウンテン。

b0119493_0501342.jpg


噴水の川床の石のデザインで流れを変化させダイアナ妃の生涯を表現しているそうです。

b0119493_0543437.jpg


人生のどこに当たったのかはわかりませんが、非常に緩やかな部分と荒波の
部分があります。

b0119493_0551561.jpg


鳥たちにとっても憩の場です。なんだかほっとします。

b0119493_0554734.jpg


公園内は非常に清潔で居心地もよくくつろげます。
庭文化のあるさすがのイギリスです。

b0119493_056592.jpg


南端にあるアルバート・メモリアル。
ヴィクトリア女王の夫アルバート公を記念したものです。

b0119493_0585075.jpg


四隅の彫刻は大英帝国の繁栄を象徴しているそうです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-04 00:59 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

paddinton station

イギリスで数日過ごしました。
今回は二度目で、前回はロンドンとバーミンガムでした。

b0119493_23212992.jpg


こちらがパディントン駅。
パティントンはロンドン市内に入るターミナル的な駅で、ヒースロー空港から
ヒースロー・エクスプレスを使うと約15分ほどで到着します。

b0119493_23245712.jpg


ヨーロッパの駅は日本と違い地上部に列車が並びます。
屋根はアーチで広く明るく、駅の風景があります。

b0119493_23261571.jpg


どこを切り取ってもおしゃれなのはセンスの違いでしょうか。
列車の色づかいも品があります。

b0119493_2327050.jpg


電車はバリアフリーではないので、ホームから電車の階段を使って上がります。
そのため、大きなスーツケースを持っている旅行客にはあまりやさしくないです。

b0119493_23281120.jpg


駅によってデザインの違う屋根や構造を見るのも楽しい。

b0119493_23284743.jpg


大きなターミナル駅はこういった床面のサインがあるとありがたいです。

b0119493_23291935.jpg


パディントンというと熊のアニメを思い出す人がいるかもしれません。

b0119493_23295389.jpg


駅で途方にくれている熊がブラウン一家と出会い、パディントンと名付けられたのが
この駅です。駅にはパディントンの銅像があります。
記念撮影もできるようにベンチもあります。

b0119493_23315244.jpg


駅舎の中の駐輪場。
確かに広いのでこうした施設は非常にいいですが、駅の風景とはなんとなく
異質です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-03 23:32 | RICOH GRⅡ | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite