日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クーポラから

b0119493_21495942.jpg


フィレンツェ・ドゥオモからの眺め。
屋根瓦だけでなく、窓といった意匠が統一されていることで、景観としての
美しさが生まれます。

看板や電飾などもまた、こうした統一感のある景観から、控えめなものと
なっているのは広く文化というものが違うからなのだと思います。

受け継がれたものを後世にどうつなげていくのか、ヨーロッパの町並みから
学ぶことは多い。
[PR]
by nichijou-raisan | 2014-10-13 21:54 | RICOH GR | Comments(0)

カルロ・スカルパ

b0119493_21444684.jpg


イタリアを代表する建築家「カルロ・スカルパ」。

ベローナにあるカステルヴェッキオ美術館の改修設計をされています。
コンクリートの型枠材の質感を残した打ち放し仕上げとディテールにこだわった
スティール部。バランス、形状、すべてに考えぬかれたクォリティを感じます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2014-10-13 21:48 | RICOH GR | Comments(0)

メリーゴーランド

b0119493_20273665.jpg


フィレンツェの街角の風景。

欧米では移動式の遊園地や遊戯施設があります。
ここもフィレンツェの中心部、ウフィツィ美術館の近くで見かけました。

いつもの街角が一変する、その時、賑いや祭りのような空間に変化
します。

メリーゴーランドは遊園地そのものの象徴といえるだけに、人の心を
誘引する力を発揮します。

RAWデータをSILKYPIXにて現像。
[PR]
by nichijou-raisan | 2014-10-13 20:26 | RICOH GR | Comments(0)

airbnbを使った感想

b0119493_152879.jpg


今回イタリア旅行の時、初めてairbnbという個人貸しの家レンタルで3日ほど
滞在してみました。

もともとは、調理キッチン付きのホテルかアパートを探したのですが、見つからず
代わりに出てきたのが、airbnbです。

世界で貸したい個人と、借りたい個人をマッチングさせるもので、不安要素の高い
予約と決済は、すべてサイト上で行います。

当日までに貸主とメールでやりとりして、当日現地でカギをもらいます。

フィレンツェの駅からも近く便利なところを探しましたが、比較的近い場所で選びました。
家は日本でいうマンションタイプで、2LDKほどの広さです。

メールでやりとりしたら、貸主は仕事でいないので、代わりに近所の人が開けてくれ
ました。時々は頼んでいるらしく、部屋の案内もしてくれました。

部屋に入って荷物をおいて、すぐ出かけて、夜戻ってくると、貸主の女性が同じ
フロアで住んでいるとのことで驚きました。

サイトではそこまで書いてなかったのですが、ちょうど居候のような格好です。

ホテルと思うと、シーツやタオル類の交換はしないようで、いくぶんがっかりした
のと、エアコンがなく、窓が半開きのままで蚊に悩まされたこと、玄関ドアが壊れかけ
ていてセキュリティ上も心配だったこと、自分の寝室のカギが中側からしかかからず
外出中はカギがかからないことも気になりました。

あらかじめレビューもかなり見ましたが、どう見てもいいことばかりですが、過去
かなりさかのぼってみると、なるほどというレビューも見つかりました。

どうも、レビューで悪いことを書いてしまうと、ユーザーのレビューも貸主側から
書かれてしまうので、警戒している面もあると思います。

ホテルと違うので、どこまで求めるのか、最低限の部分を抑えた上で選ぶ必要が
あると思いました。

ホテルのような★の評価もなく、レビューと写真で判断するのもなかなか難しく
次の課題は、住む側の不安要素を取り除くことなのかもしれません。

いい経験になりました。
[PR]
by nichijou-raisan | 2014-10-08 02:03 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite