日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ヘルシンキ/テンペルアウキオ教会

b0119493_043748.jpg


ヘルシンキ中心部から少し北に歩くと石の教会があるということです。
説明を読むと岩盤をくりぬいて作ってあるという。

途中レンガ張りの集合住宅があったので入れるところまで行きました。
窓枠も違えばディテールも各々違っていて味わいが感じられます。

b0119493_0442327.jpg


こんな自転車の風景もまた味があります。

b0119493_0444930.jpg


実は前日の夜にも行ったのですがあいにく閉館してしまっていたので
二日連続で訪れました。

b0119493_0453283.jpg


教会なのでもちろん入場料はありません。
実際観光客がほとんどと見受けられました。

b0119493_0461372.jpg


天井外周より差し込む太陽光。
自然光のみで十分な明るさがあり、しかも神々しい空間に。

b0119493_047777.jpg


ベンチはパープル色でどちらかといえば高貴なイメージ。

b0119493_0474137.jpg


岩盤をくりぬいて作られているので外壁部はもちろん岩。

b0119493_0481021.jpg


こちらが祭壇。
自然光の教会といえば安藤忠雄ですが、ここもまた同じ。

b0119493_0485494.jpg


ゴシック式の教会のような高さがあるわけでもなく、ドーム型の天井なので
背が低く、どちらかといえばやさしく包み込むイメージでしょうか。

b0119493_19314957.jpg


たった一日のショートトリップinフィンランド。
自然が多く街中ではなく、郊外に行ってみたいところです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-17 17:50 | GRⅢ | Comments(2)

ヘルシンキ/アカデミア書店

b0119493_1913372.jpg


ヘルシンキの青山ともいえるエスプラナーデー通り。
ブランドショップが建ち並ぶ通りです。

b0119493_19135229.jpg


通りの中央は公園になっていて市民のくつろぎの場所になっています。

b0119493_1914331.jpg


フィンランドのブランド、イッタラやマリメッコももちろんあります。

b0119493_19144236.jpg


イッタラ。

b0119493_1914591.jpg


ちょうどセール品の準備をしていて、ガラスの器をひとつ買いました。

b0119493_19152663.jpg


後で調べるとかなり格安でした。
見せ方とかとてもセンスがあります。

b0119493_1916098.jpg


食べ物だけでなく、花も生けるディスプレイ。

b0119493_19164084.jpg


ガラスの器は透明感があって現代生活にもマッチしてます。

b0119493_19171011.jpg


こちらはマリメッコ。
テキスタイルのブランドですが、アパレル商品も充実してました。

b0119493_19174491.jpg


アルヴァ・アアルト建築の二つ目、アカデミア書店です。

b0119493_19212178.jpg


入り口の取っ手の意匠。

b0119493_19183862.jpg


風除け室には足跡のモニュメントが。ちょっとした遊び心。

b0119493_19191483.jpg


書店なのにトップライトから日差しが入る空間に驚き。

b0119493_19194741.jpg


書店としてみると、陳列方法が低く抑えられているのは閉鎖感をなくすため
でしょうか。非常に見通しのよい店内。

b0119493_19203829.jpg


エスカレーターも年期が入ってます。

b0119493_19215293.jpg


天井高もそれほどないので、明るさを大事にしているレイアウト。

b0119493_19222977.jpg


カフェアアルト。
非常に洗練されたカフェ。

家具はもちろんアアルト設計です。

b0119493_19231276.jpg


書店内カフェも落ち着いています。

b0119493_19234955.jpg


照明のデザインもディテールに凝ってます。

b0119493_19241693.jpg


コーヒーが飲めないので、紅茶を。

b0119493_192442100.jpg


ガーデニングのコーナー。

b0119493_19252349.jpg


アートのコーナー。

b0119493_19254936.jpg


トップライトの三次元幾何学デザインが特徴づけています。

b0119493_1926318.jpg


なかなか日本では見られない光景。

b0119493_1927047.jpg


階段部手すりの意匠。

b0119493_1927187.jpg


シンプルモダン。

b0119493_19273831.jpg


ゆったりとした休憩のできるスペース。

b0119493_19282315.jpg


通りがかりのカフェ。
フィンランドは非常にカフェが多くあちこちにあります。
コーヒー豆を買いましたが、チョコ風味でした。

b0119493_19291515.jpg


チョコも。

b0119493_19294028.jpg


雰囲気があります。

b0119493_1930015.jpg


奥に見えるのは国会議事堂。

b0119493_19303183.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-17 16:12 | GRⅢ | Comments(0)

ヘルシンキ/ヘルシンキ大聖堂・マーケット広場

b0119493_1902946.jpg


植物園から徒歩15分くらいで、ヘルシンキ大聖堂に付きます。

b0119493_1912577.jpg


聖堂前の石畳。

b0119493_191468.jpg


かつてロシアに支配されていたこともあり、ロシアの名残が残っているそうです。

b0119493_192541.jpg


聖堂の光と影。

b0119493_1931165.jpg


日本人観光客も多く、かもめ食堂の影響もあるのかも。

b0119493_1934536.jpg


教会は垂直の立ち上がりが高く崇高なイメージは神に通じると思います。
これは高木の建ち並ぶ森にいるのともイメージが重なります。

b0119493_1945222.jpg


キリストの表現ひとつでも異なるので深く理解できたらと思います。

b0119493_1952990.jpg


白亜の建築。

b0119493_1954353.jpg


大聖堂からほど近い場所に、マーケット広場があります。
これはかもめ食堂でもロケされました。

b0119493_1963697.jpg


映画ではマーケットのようでしたが、実際行ってみるとどちらかといえば
みやげもの屋が並ぶ観光市場といったところです。

b0119493_1972575.jpg


新鮮な果物もあるものの、大半がおみやげものです。

b0119493_198426.jpg


野菜をみると市場らしいです。

b0119493_1982814.jpg


立地的にどうしても観光客が多いので自然そうなってしまったのかもしれません。
市場の雰囲気も楽しめます。

b0119493_199884.jpg


これはなんと船の上で魚を売ってます。
実際に買っている人もいたので当りまえの情景なのでしょう。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-17 11:58 | GRⅢ | Comments(0)

ヘルシンキ/ヘルシンキ大学付属植物園

b0119493_18434776.jpg


ヘルシンキもほぼ一日のみということで詰め込んで朝から歩きます。
最初に向かったのは、ヘルシンキ大学付属植物園。
中央駅の北側にあります。

b0119493_18455683.jpg


観光向けではなくて、研究用の植物園なので商業めいた部分は全くありません。
ただ植物の愛好家が訪れる、そんな雰囲気です。

b0119493_18465344.jpg


細かな樹種はわかりませんが、日本でいうと高原の植物や樹木が多いように
思いました。緑も浅くてすがすがしい。

b0119493_18474460.jpg


途中すれ違った人はわずか4人くらい。
落ち着いた方が見に来ている感じでした。

b0119493_18483697.jpg


研究用の植物が植えてある部分もありますが、ガーデニングというより
ランドスケープというレベルでの植栽が見られます。

b0119493_18494160.jpg


朝ということもあり、とてもすがすがしい。

b0119493_1850351.jpg


大学の研究生らしき人たちの作業する風景もありました。

b0119493_18505135.jpg


映える空。

b0119493_18511627.jpg


のんびりと。

b0119493_18513585.jpg


これだけ近づいても動かないのは慣れているせいかも。

b0119493_18522460.jpg


アトリウムがありましたが出入りはできなかったです。

b0119493_1852535.jpg


どちらかといえば、全体としてはイングリッシュガーデンに近いでしょうか。
あまり人工的なしつらえはなく、自然な景観を意識しているようです。

b0119493_18533758.jpg


日本ではみなれない形ですが、わらびに近い。

b0119493_1854458.jpg


公園的な要素はあまりなかったのですが、都市の中心部にこういう空間がある
のは国民性の表れでしょうか。

b0119493_18544286.jpg


この時期はちょうど気候も安定していて、自転車に乗る人も多かったです。

b0119493_18571911.jpg


冬の長いエリアなだけに貴重な季節なのでしょう。

b0119493_18581420.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-17 09:58 | GRⅢ | Comments(0)

ヘルシンキ/ストックマン、フィンランディアホール、中央駅

b0119493_14593993.jpg


ストックマンという老舗百貨店です。
駅からも近いです。

b0119493_1501287.jpg


ヨーロッパの百貨店は日本に比べると数段洗練されたデザインです。
取り扱い商品はもちろんですが、その陳列方法や見せ方にも相当な
違いを感じます。

b0119493_1511417.jpg


中国に行くと百貨店といっても、なんとなくセンスがない、とわかるように
こちらはどこを見ても、違うという感覚です。

b0119493_151583.jpg


ここは総合デパートなので、インテリアからアパレルからガーデニング、食料品など
ほとんどの取り扱いがあります。

b0119493_1525849.jpg


古木をイメージしたテーブル。
やはりシックなデザインは世界的に流行のきざし。

b0119493_1533320.jpg


特選コーナー。あいにく入れませんでした。

b0119493_1541170.jpg


器関係も充実しています。

b0119493_1543016.jpg


イッタラの有名な柄の皿。

b0119493_15182810.jpg


こちらもイッタラのシンプルなシリーズ。

b0119493_15184489.jpg


イッタラのガラス製品。

b0119493_15191367.jpg


テーブルコーディネイトで見せます。

b0119493_1519392.jpg


アラビア社のムーミン柄。

b0119493_15195975.jpg


キャンドルのコーナー。カラフルな色彩がきれいです。

b0119493_15203782.jpg


ぱっと見のかわいさも重要です。

b0119493_152134.jpg


こちらはガーデニングのフロア。
さすが見せ方がおしゃれ。

b0119493_15213047.jpg


グレーの床と壁の中で緑を使うという発想は日本ではあまりありませんが
こういうのもひとつのセンスです。

b0119493_15221825.jpg


種のコーナー。充実しています。
いくつか買いましたが、問題は育てられるかどうか。

b0119493_15225273.jpg


果樹。

b0119493_15233321.jpg


数は少ないですが、アウトドアリビング対応商品も置いてあります。

b0119493_15254063.jpg


イチゴの量り売り。
新鮮な感じがいいです。

b0119493_15261273.jpg


パンのコーナー。

b0119493_15265576.jpg


果物売り場。

b0119493_15271429.jpg


日本食はヘルシーで定番のようでパック寿司もふつうに売ってます。

b0119493_1527548.jpg


正直食べてみないとわからないものが多いです。
英語表記もないものは皆目検討がつきません。

b0119493_15283265.jpg


惣菜コーナー。こういうスタイルはどこも同じです。

b0119493_1528562.jpg


5月ごろは非常に陽が長く、夜9時でも明るい感じです。
なので時間の感覚が少しおかしく感じるくらいです。
写真は22時44分。

b0119493_15305629.jpg


明日の朝チェックアウトするものの、カウンターがないことから荷物を預けて
出かけることができないので、駅の地下にあるコインローカーをチェックします。

b0119493_15321195.jpg


観光客の利用も多いので大型のコインロッカーが充実しています。

b0119493_15361155.jpg


大型のスーツケースも入ります。
料金は5ユーロ。

b0119493_15423794.jpg


閉じてお金を入れて、鍵を抜きます。

b0119493_15431327.jpg


中央駅の掲示板。

b0119493_15442092.jpg


空港からはフィンランド航空のシャトルバスがあるので電車よりも便利です。

b0119493_15445950.jpg


改札がなく駅に入れるのはなんとなく違和感がありますが、写真好きな
人には便利です。

b0119493_1545429.jpg


駅の風景。

b0119493_15462269.jpg


駅舎のデザインを見ているとイタリアやイギリスとは違う独特のものを
感じます。

b0119493_15465841.jpg


ヘルシンキミュージックセンター。

b0119493_15474083.jpg


駅、キアズマ、ミュージックセンターと大型施設が続きます。

b0119493_15494277.jpg


湖ではなく、トーロ湾といいます。

b0119493_15503254.jpg


湾のほとりにあるのが、アルヴァ・アアルト設計のフィンランディアホールです。
水平に長く伸びていて、ボリューム感を抑えたつくりです。

b0119493_15513454.jpg


一階のファサード。

b0119493_155206.jpg


ドアノブの意匠。

b0119493_1552175.jpg


照明もどこかシンプルですが、モダン。

b0119493_15524353.jpg


エントランス。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-16 17:52 | GRⅢ | Comments(0)

ヘルシンキ街歩き

b0119493_14182228.jpg


ヘルシンキはコンパクトな街です。
駅から主要施設は徒歩でいけるくらいです。

b0119493_14192129.jpg


SOKOS下層がテナント、上部がホテル。
車道は石畳がほとんどで正直歩きづらいですが、ヨーロッパらしさを感じる
ところでもあります。

b0119493_14223984.jpg


Helsingin Sanomatビル。

b0119493_1428939.jpg


近代的な建築でした。

b0119493_14283535.jpg


透明感のある壁面意匠。

b0119493_1429794.jpg


中央郵便局。

b0119493_14385422.jpg


デザインされた封筒や切手、ムーミングッズまで置いてます。

b0119493_1439308.jpg


こうした生活に遊び心を持つ文化があります。

b0119493_14402870.jpg


メールのパッケージですが、ここにもムーミンが。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-16 16:17 | GRⅢ | Comments(0)

ヘルシンキ/キアズマ現代美術館

b0119493_14211228.jpg


キアズマ現代美術館です。

b0119493_1350669.jpg


アメリカ人建築家スティーブン・ホール設計です。

b0119493_1350493.jpg


スティーブン・ホールといえば光の建築家です。
コルビュジェのロンシャンの教会を思わせる色のある光を使います。

b0119493_13515545.jpg


入ってすぐの長いスロープ。
建築は縦長なのでゆるいスロープで展示室をつなげながら誘います。

b0119493_135305.jpg


壁面が真っ白であるがゆえ、光と影の交錯する姿が印象的です。

b0119493_13534637.jpg


ピンクの光の落ちる部屋。
作品があるので色をつけるというのはどうかという点もありますが、
建築作品とのコラボという意味では作品の配置を考慮しているのかも
しれません。

b0119493_13544863.jpg


ブルーの光の落ちる部屋。
センターにおいてあるベンチ下にも同様の光が。

b0119493_13552720.jpg


ドアのディーテール。

b0119493_13554986.jpg


手すりのディテール。
細かなところまで。

b0119493_13562015.jpg


素材もありますが、なんとなく伝統的なイメージもあるので新しさと古さの
ようなものも考えているのかもしれません。

b0119493_13571381.jpg


巡回していくと、いたるところで中央のホールが見えるようになっています。
こうした配置は迷わない、自分の位置を把握するのに役立ちます。

b0119493_1358161.jpg


手すりの接続部。

b0119493_13582587.jpg


女性作家の展示でした。

b0119493_13584766.jpg


住宅模型。
展示室の空間とあいまって虚像のように見えます。

b0119493_13593022.jpg


展示室壁面のライトウォール。
全般照明になっています。

b0119493_146063.jpg


壁面の照明。

b0119493_1463727.jpg


天井部の構造からくるのか複雑な造形。

b0119493_147673.jpg


スロープの形状もまたこだわりを感じます。

b0119493_1474292.jpg


この部屋はインスタレーションされていて壁面上部から黒のインクが
滴り落ちてました。

b0119493_1483388.jpg


二台置いてあるテーブルの上部は黒の鏡面となっていて、写しこみ
空間を増幅させるかのようでした。

b0119493_149234.jpg


ちょうど天井部の光窓が映ってます。

b0119493_149493.jpg


長さを強調する空間でひとつの軸を形成しています。

b0119493_14102848.jpg


壁面のショーケース。

b0119493_1410459.jpg


白の空間と、色の光が交じり合う空間。

b0119493_1411175.jpg


搬送用のドアですが、空間のアクセントとしても機能しています。

b0119493_14114548.jpg


天井部のピンクの光。照明を見せず間接光にしています。

b0119493_14122738.jpg


部分部分にガラスが取り入れられていて、ヘルシンキの光が入ります。

b0119493_1413401.jpg


曲線が美しい。

b0119493_1414545.jpg


こちらもアクセント。

b0119493_14142487.jpg


造形センスはすばらしい。

b0119493_14145189.jpg


階段の意匠。プロポーションの秀逸さ。

b0119493_14151589.jpg


一階のクローク。

b0119493_14153770.jpg


またゆっくりと来てみたい美術館です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-16 13:06 | GRⅢ | Comments(0)

ヘルシンキ/ホテル、公共サウナ

b0119493_12574080.jpg


仕事を終えて、今回は経由地であるヘルシンキで一泊しました。
建築、デザインの点は有名です。
空から見ると、フィンランドは森と湖の国というだけあります。

b0119493_12592415.jpg


海外ホテルの予約はhotel.comというサイトが便利です。
対象ホテルを10泊すると、1泊無料という得点もついてたり、海外ホテルの
レビューもありますので、いいホテル選びができます。

事前にカードで支払いを済ませ、いざホテルについてみるとびっくり。

b0119493_13119.jpg


カウンターもなく、誰もいません。
そして鍵の大きな絵柄とボタン。どうしたものかとあちこち見ていると、ちょうど
工事している人がいて、わからないという顔をしていると、ここを見ろ、と言われ
壁を見てみると、事前に清算された後に送られてくるパスワードを押しなさい、
とありました。

b0119493_1321942.jpg


外のドア、エレベーター、部屋のドア、とすべて暗証式になっていて、メールで
来たパスワードを入れると開きました。

b0119493_1332345.jpg


いくら効率化とはいえ、こういうパターンは初めてで少々戸惑いました。
部屋に入ってみると、レンジが付いていてしばらく泊まれるタイプの部屋でした。

b0119493_1342934.jpg


事前に調べておいた、ホテルのすぐ近くの公共サウナです。
もちろん英語は通じませんが、とりあえず冒険ということで行ってみます。

b0119493_1353499.jpg


日本語のガイドブックには掲載されていたのである程度はわかるのでどんどん
入っていきます。

b0119493_136225.jpg


玄関らしきものが。

b0119493_1363730.jpg


説明があるもののフィンランド語なのでわからず。

b0119493_137428.jpg


会計がたしか5ユーロくらいでしたが終わるとロッカーのキーが渡されます。
通路を歩いていくと、ローカーが並んでます。

b0119493_1374849.jpg


自分の番号を探してたどり着き、そこで裸になります。
この公共サウナにはプールが付いています。映画かもめ食堂に出てきた
プールです。

b0119493_1385090.jpg


映画では水着を着てましたが、ここは実際には裸プールです。
サウナから出てきたらシャワーを浴びて、そのままプールへ。
日本の銭湯のようにタオルを持つわけではなく、皆裸でうろうろしてます。

b0119493_13103559.jpg


実際のサウナはとても気持ちのいい熱さでよかったです。
そして初めての裸プールもいい経験でした。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-16 12:56 | GRⅢ | Comments(0)

ボローニャ早朝ウォーク、ミラノ夜間ウォーク

b0119493_951333.jpg


ボローニャの朝。やはり時差ぼけもあり、早く起きてしまったので
早朝ウォークへ。

b0119493_9514837.jpg


サンベネディト教会。
ボローニャ中央駅からまっすぐ伸びるインディペンデンツァ通りの教会。
天井の装飾も美しい。

b0119493_9535240.jpg


キリスト像。表現も多様です。

b0119493_9541239.jpg


厳かで崇高な表現。

b0119493_955190.jpg


祭壇の陰影。

b0119493_9552533.jpg


天井の明かり取りからの光。

b0119493_9554876.jpg


床のモザイクタイル張りも美しい。

b0119493_956143.jpg


建築のようですが二階部分はモンタギュオラ公園です。
市民の憩いの場。

b0119493_956438.jpg


古い仮構も残ります。

b0119493_957789.jpg


仕事も終わり、これを最後にミラノへと移動します。

b0119493_1024984.jpg


ミラノ中央駅にほど近いホテル近くのカフェ。
セルフ式で好きなサラダや飲み物を持って、メイン料理をその場で注文します。
ピザも焼いてくれるので好みのトッピングにしてくれます。

b0119493_1043469.jpg


チーズなしのマリネッラ。
トマトソースにフレッシュトマトとバジルのみ。
生地もおいしかったです。

b0119493_1052020.jpg


ミラノに着いたのが夜遅かったですがやはり散策に。
この季節は日が長く8時過ぎでも歩けました。

b0119493_1061229.jpg


お店も遅くまで空いているところもありショッピングも楽しめます。

b0119493_1064214.jpg


海外に行くと必ず街歩きで目的もなく歩き回るのが好きで時々迷う
こともありますが、新鮮です。

b0119493_1074271.jpg


夜のミラノ中央駅。
白亜の建築です。

b0119493_108829.jpg


電車の時間までは出入りが自由にできるので一人写真を撮ることも。

b0119493_1085791.jpg


ホーム階への中央エスカレーター。
近代的なものとのギャップが新しい感じです。

b0119493_1094336.jpg


イタリアの電車は線路の高さと乗降する高さが近いため、その分電車に乗るため
には階段を上がる形となります。
日本はほぼバリアフリーですが、イタリアは構造的にもこのまましばらくいきそうです。
大きなスーツケースを持った移動ではかなり大変です。

b0119493_10101379.jpg


最近大阪駅がリニューアルしましたが、絵になる駅の風景は日本ではあまり
見かけません。

b0119493_10105817.jpg


イタリアの駅ではいわゆる改札がないので誰でも電車の近くまで入れてしまいます。
入場料とかそういうものもないわけです。

b0119493_10114953.jpg


このあたりの自由な雰囲気も気質なのかも。

b0119493_10124656.jpg


大階段の壁面ランプ。

b0119493_1013469.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-15 09:49 | GRⅢ | Comments(0)

ボローニャ

b0119493_9264914.jpg


チーズのお店。
いろいろ扱ってますが地元で評判のお店だそうです。

b0119493_9263783.jpg


ハムや肉、チーズ、調味料などなど。

b0119493_9283068.jpg


日本ではここまでチーズを食べませんが、こちらはやはり当たり前のようです。
店内に立ち込めるチーズのにおい。

b0119493_9291715.jpg


食生活の違いは見ているだけでも楽しい。

b0119493_9295291.jpg


ケーキのようです。

b0119493_930947.jpg


なんとなく人間味もあってイタリアの生活に入ったようです。

b0119493_9303627.jpg


外国に行くとできるだけスーパーとかふつうの生活でしか行かない場所に
行くと意外な発見があったりします。文化の違いを感じたり。

b0119493_9313763.jpg


ボローニャ泊となるので、ボローニャ中央駅近くのホテルで泊まります。

b0119493_9321224.jpg


ボローニャは世界的なタイルの展示会チェルサイエが開催される都市として
有名ですが、もともとは大学都市になっていて文化の香りのする街です。

b0119493_933289.jpg


ミラノに比べるとさらに時代を感じる建築が多いです。

b0119493_9333763.jpg


ボローニャの代名詞ポルティコ。
ポルティコとは歩道上の上を建築物として拡張したものです。
有効利用という観点ではじまったのですが、市中張り巡らされているので傘が
いらないアーケード街のようになっています。

b0119493_9354689.jpg


ポルティコにも個性があるのでポルティコめぐりも楽しいです。

b0119493_9361486.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2013-05-14 14:26 | GRⅢ | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite