日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初スタジオ撮り

b0119493_23303510.jpg


実際の写真スタジオを使っての写真の勉強会に参加しました。
今回の参加人数は、7人です。
基本的な絞りとシャッタースピードから、照明効果がどう写真に影響するか
を学びます。

これは写真左側で比較的低い位置に照明をもってきたものです。
背景紙の色の変化を見ればなんとなくわかります。

ガラスの椅子前面に光が届きガラスらしさが出ています。
背景の濃淡がきつすぎる面もあります。

椅子の足の影が若干シャープにもなります。

b0119493_23331822.jpg


こちらは照明を奥にずらしました。
今度はガラス前面ではなく、後ろ側からの直進で色が透過するので
ガラスの深い青が出ているのがわかります。

b0119493_2335128.jpg


こちらは照明を上に上げたものです。
背景紙の色が全体的にあたっているのがわかります。
落ち着いた感じですが、ガラスの透明度がやや鈍る感じです。

スタジオでのこうした商品撮影は手前に置くレフ板(光を反射させ手前の影を
消す効果がある)によっても表情がうんと変わります。

見せたい商品とそのイメージを考えながら、撮影するわけですが
これは練習と実践しか上達はないのだと感じました。

b0119493_2337573.jpg


たまたま置いてあった角材に載せてみました。
木の素材感との対比どうでしょうか。
背景も本来は入れないトレペも入れて、ガラスの透明感を出そうと
思いました。

b0119493_2339430.jpg


露出を少しアンダー気味にすることで落ち着いた感じで仕上がり
ました。

少しの時間でしたが、そのものの良さを見せるだけでなく、どこで
活用するものなのかも考えなければならないと思いました。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-02-11 23:41 | K-5 | Comments(0)

四国紀行その2

b0119493_2317181.jpg


四国2日目は、今回の目的地豊島へ向かいます。
豊島へは高松港からボートで移動です。
高松港から家浦港まで約40分です。

b0119493_23191542.jpg


7:41分発の豊島フェリーを使います。

b0119493_23194372.jpg


船の操縦席。
初めて知りましたが窓の丸い箇所は回転し波しぶきがあたっても
視界が得られるそうです。
いわばワイパーのようなものです。

b0119493_23203535.jpg


家浦港の風景。
天気は曇り空なのが残念です。

b0119493_23211372.jpg


今回は家浦港でレンタル電動自転車を使っての島内の移動です。
アップダウンもある島内の道路もぐんぐん走れます。

竹細工のアートが道路脇にあったりして、これも自転車ならではのもの。

b0119493_23345143.jpg


島内にはいくつかのアーティストの作品が点在しています。
これは森万里子さんの作品に向かう山道。

b0119493_2330385.jpg


雨が降っていて係りの人から注意して欲しいとありましたが急なのぼり坂も
あり確かに滑りそうな場所もちらほら。

b0119493_0404178.jpg


「トムナフーリ」森万里子。
内部に照明が入っていて、天体的なものとあわせて共鳴するように仕組まれた
アートです。あいにく発光しているところはこの時は見られませんでした。

b0119493_23324195.jpg


子供では少し危険な感じの鬱蒼とした山林ですが、現代アートと不思議
と合ってました。

b0119493_23333886.jpg


しっとりとした雨音の森も神秘的です。

b0119493_23353426.jpg


民家建築で使われる石垣が独特でした。
薄手の板石を縦に積んでました。

b0119493_23371194.jpg


遠方に見えるのが豊島美術館
白く丸い建築が景観性に配慮した高さ、形状にされています。

b0119493_23381380.jpg


クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」。

b0119493_23391395.jpg


海辺の一軒屋のアート作品。

b0119493_23394476.jpg


心臓音を録音しデータベース化し、ランダムに鳴り響くアート。

b0119493_23403991.jpg


入館料とは別で有料ですが、実際に自分の心臓音を録音しデータベースに
記録することができます。二つ部屋があり、そこで自分の心臓の上にスピーカー
を当てて録音します。録音されたデータはアート作品の一部となって、部屋の中
でいつか鳴ることになります。

b0119493_23422853.jpg


真っ暗闇の部屋で心臓音に合わせて照明が明滅します。
大音響なのでそれは命について考える場であったり、胎内に戻っていく
再生の場であるのかもしれません。

b0119493_23434286.jpg


データベースを聞く部屋からの眺め。
ここでは登録された人の心臓音を聞くことができます。

b0119493_23444442.jpg


午後になって晴れてきてきれいな海を見ることができました。

b0119493_23453378.jpg


電動のレンタサイクルはバッテリー予備もひとつ付けてもらえたので、
坂道が多くてもなんとかなりましたが、二つバッテリーを付けてちょうど
いい感じでした。
自転車だとすぐ止めることができたので非常にお薦め。

b0119493_23465524.jpg


豊島美術館内のアプローチです。
豊島美術館はベネッセアートサイトを展開する福武社長の発案で
実現したそうです。
この建築は、2012年日本建築学会賞を受賞しています。
設計はプリツカー賞を受賞したSANAAの西沢立衛氏。

b0119493_044740.jpg


美術館へのアプローチは瀬戸内海の景色を見るように蛇行した
園路が計画されています。

b0119493_061161.jpg


場所性を意識した計画は安藤忠雄氏の建築に通じるものがあります。
直島も圧倒的な自然があり、その中にどう建築を定着させるのか、
建築家の手腕が問われるところです。

b0119493_0103350.jpg


最初に受付に入ったところで白いドーム状の建築が見えてしまうのですが
園路を歩いていくと、美術館入り口が見えてきます。

b0119493_0113633.jpg


冬は内部床面が結露しているため、ナイロンカバーつきのスリッパに履き替えて
内部に入ります。

b0119493_012493.jpg


この美術館は、内藤礼さんの水のアートのためだけの美術館として計画
されました。ドーム内部はコンクリートの無柱空間で近未来的なイメージです。

床面には内藤さんの水滴が床面に出てきて、水滴が床の勾配に沿って
動きながら大きな水滴となり消えていくアート作品があります。

ここは建築とアートが完全にひとつとなっていて、どこから建築で、どこから
アートなのかわかりません。

少なくとも、ここにいることで生命について五感で感じる場であることは
体感することができます。夕暮れ時や霧の発生している時、季節と時間に
よってそれぞれの景観があるそうです。

b0119493_0123323.jpg


これはミュージアムカフェです。
同じ建築構造になっています。こちらは撮影OKとのことでした。

b0119493_0181856.jpg


ドームの形に合わせてカフェ部分も円形になっていてなんとも新しい
デザインです。豊島美術館の本やおもしろい雑貨も販売されてました。

「空間というものは、そういうふうに、
 そのものとして自然なものに戻っていくように生まれてくるのだろう」内藤礼

「シェルには非常に大きな穴がいくつか開けられて、そこから光や雨、美しい
自然の気配が取り込まれる。作品や環境のために建築が閉じ、しかし同時に
開く、というダイナミックな状態をつくりだそうとしている。環境と美術と建築
の融合、それらすべてでひとつの単位となるような存在を、私たちは目指し
ている。」西沢立衛

(豊島美術館ハンドブックより。)

b0119493_0235226.jpg


建築は土を盛ってコンクリートが打ち込まれ、その後土を掻き出して、この
構造が可能になったそうです。建築の常識を超えたアートと建築、環境の
一体化した作品、すばらしいです。

b0119493_0255760.jpg


阿部良氏による「島キッチン」という食堂。
冬季は休業とのことでしたがたまたま撮影をしていて、内部見学はOKを
いただきました。

b0119493_0265879.jpg


古い民家を改装した建築で人間味のある空間です。

b0119493_0281955.jpg


どこか懐かしく、また新しいそんな内装デザイン。

b0119493_0291467.jpg


玄関部。ここは車を入れるには狭く、自転車ならではのアート散策が
向いてます。

b0119493_030544.jpg


青木野枝「空の粒子」

b0119493_0305875.jpg


ぽつんとした島の形がかわいい。
後で見るとクリスチャン・ボルタンスキーの入場チケットにもこの島が印刷
されてました。

b0119493_0312739.jpg


やはり海のある風景はいいです。

b0119493_033115.jpg


豊島は直島と小豆島の中間にあり非常に恵まれた自然環境があるわけですが
産廃問題を克服し、オリーブの栽培も多く行われるようになってます。

b0119493_0345187.jpg


古くからの島の風景と現代アート。
若者が多く訪れる中で新しい島の風景が作られていくのかもしれません。

b0119493_036883.jpg


直島に比べると施設も少ないですが、自然を感じるという点では直島とは
また違ったアートの世界があります。
おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-02-11 00:37 | K-5 | Comments(0)

四国紀行その1

b0119493_214921.jpg


今回は建築関係の団体で四国へ建築視察に行ってきました。
メインは日本建築学会賞を受賞した「豊島美術館」です。
一日目はこんぴらさんで有名な金刀比羅宮へ。

写真はJR琴平駅を下りて歩いていくと土産物のお店が建ち並びます。

b0119493_2163486.jpg


中には古い旅館もあり風情が漂います。

b0119493_2173816.jpg


これが参道です。
一生に一度のこんぴらまいりと言うように、私も今回が初めて。
奥社まで登れるか挑戦です。

b0119493_2192654.jpg


参道途中にある金比羅大芝居「金丸座」です。
日本最古の歌舞伎劇場で1835年に建築されました。
江戸時代の劇場がそのまま残っておりしばしタイプスリップです。

b0119493_21114852.jpg


劇場の入り口。低くかがんで入るのですが、位の高い人用に貴賓口という
出入り口が別に設けられています。

b0119493_2113726.jpg


内部の様子です。
大きな無柱空間が壮大です。

b0119493_21143435.jpg


170年も前の日本人が見ていた風景です。
感慨深いものがあります。

b0119493_21153487.jpg


これは俗に言う「奈落の底」。
舞台の下ですが、回り舞台を人力で回転させます。
足元には石が埋め込んであって力が入るようになっています。

b0119493_211786.jpg


当時の華やかな上演が想像できます。

b0119493_21174366.jpg


参道にある大門。
瓦葺の堂々とした構え。

b0119493_2118484.jpg


参道の石段は御本宮までが785段、奥社まで入れると1368段。
登れども登れども先が見えません。

b0119493_21195334.jpg


御本宮からの眺め。
晴れていれば四国の島々も見えるそうです。

b0119493_21203368.jpg


御本宮です。
祭神は大物主神と崇徳天皇で海の守護神として、また農業殖産、医薬など広く
信仰されています。

b0119493_21411499.jpg


金刀比羅宮のわかりやすいマーク。

b0119493_2142583.jpg


立派な社殿で見ごたえあります。

b0119493_214304.jpg


社殿左右の壁には蒔絵が施されています。

b0119493_21441759.jpg


神社の蔵ですが漆喰仕上げのこの建築は初めてです。

b0119493_2145212.jpg


1368段を登りきると現れる奥社。
「厳魂神社」といいます。
その昔修験道の跡をとどめる天狗面が岩壁にかかげられているほど
険しい道だったようです。

b0119493_21493825.jpg


御本宮からの眺め。

b0119493_21501541.jpg


御本宮の並びにある建築家鈴木了二氏の緑黛殿です。
村野藤吾賞受賞・日本芸術院賞受賞を受賞した建築です。

b0119493_215365.jpg


伝統的な建築の中にあって半分は地中に埋めたモダンな建築ですが
意匠では伝統的な社殿を意識しており不思議と違和感はなかったです。

b0119493_2154307.jpg


大階段は地形に沿ってできており結界の役目を果たしているのかも
しれません。

b0119493_2212529.jpg


建築の中庭側は地中に埋もれたようなデザインです。
建築のボリュームをうまく考慮した格好です。

b0119493_2392928.jpg


金刀比羅宮書院。
初めて知りましたが、ここには障壁画が多数納められてます。
写真に撮れないのが残念ですが、丸山応挙の「遊虎図」「遊鶴図」を筆頭
に障壁画が見られます。

b0119493_2312781.jpg


こんぴらまいりした際は必見です。

b0119493_2213184.jpg


これは書院庭園。

b0119493_23133663.jpg


壁面に伊藤若冲の花の絵が飾られた書院もありますが見られませんでした。
特別公開もあるようなので事前チェックをお薦めします。

その2へ続く。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-02-10 23:16 | K-5 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite