日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バラクラ

b0119493_8332241.jpg


毎年来ている蓼科バラクライングリッシュガーデンです。
五月だと正直少し早い感じですが、春の庭が楽しめます。

b0119493_834838.jpg


これからの季節はイベントが増えます。
ガーデニング関連のセミナーも参加してみたいところ。

b0119493_83515100.jpg


去年と比べると幾分花も7分咲きといったところです。

b0119493_836762.jpg


そこかしこに春の兆しが。

b0119493_8363164.jpg


細い路地にも気配りがあります。

b0119493_8371950.jpg


b0119493_837514.jpg


b0119493_838356.jpg


b0119493_8381688.jpg


b0119493_8382418.jpg


b0119493_8383534.jpg


白樺湖の夜景。
[PR]
by nichijou-raisan | 2012-04-28 08:32 | K-5 | Comments(0)

春の風景

b0119493_13413368.jpg


桜の季節は毎年恒例で花フェスタ記念公園に来ます。
ここの桜は桃源郷といえる隠れた桜の名所です。

b0119493_13435385.jpg


今年から入園料も安くなりました。大人300円。子供は高校まで無料。
ただしバラなどの特別展の期間中は別料金となります。

b0119493_1345863.jpg


桜は八~九分咲き程度で少し早かったかなという印象ですが、
乱れ咲く桜は美しいです。

b0119493_1346458.jpg


幾分野趣に富んだ桜が見られます。

b0119493_13463176.jpg


春先の緑も新鮮です。

b0119493_13465360.jpg


歩いて見えてくる景色。
風を感じ、春の香りを感じます。

b0119493_13475550.jpg


早春はユキヤナギの白が好きです。
レンギョウの鮮やかな黄色もいいですが、清純なユキヤナギのほうが風情があります。

b0119493_13485539.jpg


コブシも終わりかけですが、これもまた春の兆しを感じます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2012-04-22 13:49 | K-5 | Comments(0)

小牧山の桜

b0119493_7591674.jpg


小牧山まで行ってきました。
桜はところどころ9分咲きのところもありましたが、きれいでした。

b0119493_7592325.jpg


花見客も多くすごい人手でしたが、満開の桜はやはり気持ちも晴れ晴れします。

b0119493_7593160.jpg


b0119493_7593970.jpg


b0119493_7594765.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2012-04-20 08:00 | K-5 | Comments(0)

ヒアアフター

b0119493_8593973.jpg


クリント・イーストウッド監督の「ヒアアフター」を見ました。
2010年度の作品なので、津波のシーンは東日本震災を思い出させます。

彼の作品は奥が深い。

アクション俳優というイメージですが、監督としての作品はまったく違います。
円熟した人だからこその人間の美しさだったり、過酷さだったりと。
そして深く考えさせる結末というのも特徴です。

映画的にはすっきりしない終わり方が多いのかも。

さてこの物語は三つのストーリがながれます。
それぞれの向き合う「死」。
人が生きるうえで切り離せないのが「死」。

ヒアアフターという言葉は別として内容について調べず、入っていったほうが
おもしろい映画です。

映像もさることながら、監督のセンスが光ります。

一瞬にして失われる身近な大切な人の死、

いつもの生活が一転し、死の境界まで行ってしまうこと、

多くの身近な死と向き合えないでいる人、

死をみつめながら、いかに今を、そして自分の足で歩いていくか、
死と向き合う人の姿を感じさせてくれます。

円熟味からある種哲学を感じてしまうクリント・イーストウッド作品は好きです。

最後の場面で登場するブックフェアは文化の違いを感じさせます。
本の著者たちが実際に朗読したり、プロの朗読士が朗読してみたり。

The London Book Fair

いつか行ってみたいです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2012-04-04 07:49 | エンタメ | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite