日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

社長の仕事

b0119493_19411735.jpg


社長の仕事」 浜口隆則 (かんき出版)

ビジネスバンク主催の浜口さんの著作です。

経営者系の本はいろいろあります。
経営者には悩みが尽きないという事情と、あまりに多様な経営形態が
あるため、著名な経営者の本を読んでもなかなか効果がつかめない
という理由なのでしょう。

浜口さんは村尾隆介さんと共著をされています。
「誰かに話したくなる小さな会社」もすてきな内容です。

浜口さんの直近でよかったのは「マイクレド」。
リッツカールトンでは「クレド」とよばれる、ある種哲学のようなものを
首からぶらさげています。判断のベースはこのクレドにあり、そういう
ものです。

今回の「社長の仕事」は、コンサルティングをされていた浜口さん
ならではの、経営のエッセンスを絞りこんだ内容となっていて、
どれもためになります。

はじめに、より。

「『社長の仕事』は、会社を一時的な成功へ導くことではない。
会社を『永続させる』ために必要な『すべて』のことをすることだ。
それは簡単ではない。」

「本書は、その難しさと正面から向き合う、
覚悟のある社長のために書いた。」

おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-30 19:48 | レバレッジリーディング | Comments(0)

HUTTE FURNITURE

b0119493_1820456.jpg


美濃加茂にあるヒュッテファニチャー
中仙道太田宿の通りにあります。

b0119493_18211546.jpg


古民家を改築したショールームです。

b0119493_18214991.jpg


ひとつひとつ丁寧に作られたファニチャーと作りこまれた空間。

b0119493_18222487.jpg


作り手の心が伝わります。

b0119493_18225712.jpg


ここはオーダー家具がメインだそうです。

b0119493_18235653.jpg


オープンは金土日のみで、13時~18時までです。

b0119493_18244264.jpg


お店の裏側には木曽川の堤防があり、自然光を生かしたインテリアの
バランスもすばらしい。

b0119493_18253674.jpg


奥の部屋には家具をメンテする薬剤と事例写真集が見られます。

b0119493_18261110.jpg


ひとつ、ひとつ、丁寧に、丁寧に。

b0119493_18263571.jpg


以前は店内でカフェも経営されて、実際に家具を体験してもらっていた
そうですが、現在はお隣のカフェで体験できます。

b0119493_18272032.jpg


天然の一枚もののテーブルは長く使えそうです。
安いものもいいのですが、耐久性がないので結果捨ててしまいます。
こうした無垢の製品は長く使えるのでやっぱりいいです。
ものづくりのあり方を考えました。

b0119493_18282821.jpg


お隣のコクウ珈琲。
休みでしたが、そのたたずまい興味深深です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-23 18:30 | GRⅢ | Comments(0)

多治見街歩き

b0119493_10575856.jpg


今回の陶都街並み探偵団は、地元多治見の散策です。
ながせ通り商店街を視察です。参加者は12名。

b0119493_10585144.jpg


TMOの多治見まちづくり株式会社に訪問し、活動についてレクチャーを受けました。
まちづくりは非常に根気がいる仕事で、多くの人をいかにひとつの方向に向けて
いくか、担当者の苦労に共感しました。

b0119493_1101485.jpg


現在3つのクラフトショップと1つのカフェを経営しています。
クラフトショップでは地元陶芸家の作品の販売で、商店街を巻き込んだイベントも
されています。地元ながら知らないことが多かったです。

b0119493_11120100.jpg


TMOとは、商店街をひとつのショッピングモールのように考えることだそうです。
大きな違いは個別のオーナーさんで構成されているということでしょうか。
その分、とりまとめに時間がかかります。

b0119493_1125540.jpg


こちらが運営される「カフェ温土」。シンプルで品がよかったです。

b0119493_1134397.jpg


地元の器でいただく料理は格別です。
展示もされています。

b0119493_1141035.jpg


お昼時でしたが、若い人でにぎわっていました。
賑わいはやはり多くの人がいかにリピートしてくれるかにかかっているので、
担当者もそういう施設を増やしたいとおっしゃってました。

b0119493_115871.jpg


ランチです。体にやさしい健康的なメニューです。
味もシンプルです。

b0119493_1154465.jpg


クラフトショップ。こちらは陶芸作品の展示販売です。
クラフトショップを経営するには、最低でも人を一人は配置しなければいけない
ので、市の助成がないと現状は難しいそうです。

b0119493_1163999.jpg


酒屋さん。
どこか懐かしい雰囲気。

b0119493_117838.jpg


古くからある商店街は世代交代も難しくまとめていくのが大変といいます。
考え方が違って当たり前。みんなの目標をひとつにすることからスタートですが、
いろいろあるようです。

b0119493_1181314.jpg


モザイク工房。

b0119493_1183516.jpg


モザイク作品の販売と、実際に作ることもできます。

まちづくりは長く時間がかかるものですが、若者を中心として出店が増えれば
もっと活気がわいてきます。
街づくりに関わる仕事をしているので、いろいろ考えました。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-23 11:10 | GRⅢ | Comments(0)

大阪ステーションシティ

b0119493_10435265.jpg


2011年5月4日に開業した大阪ステーションシティ
南北にふたつのビルが完成し、線路をまたいで大きな広場が乗ります。

b0119493_10454555.jpg


当初、線路上の既存の屋根はなくなる予定でしたが、雨が入るとかで、
残されたそうです。せっかくの大屋根でヨーロッパのような風景になるところが
残念です。

b0119493_10464615.jpg


シティー内は何層にも広場が設計されています。
なんと全体で8つも広場があります。
エレベーターで上へ上へとあがっていくとさらに広場があります。
写真は時空の広場。

b0119493_10484637.jpg


延々と続くエレベーターに圧倒されます。
重層化した街です。

b0119493_10492451.jpg


風の広場。
梅田の夜景が見れます。デートスポット。

b0119493_10501896.jpg


11階の風の広場から、案内があります。
「天空の農園」???
長い階段を上がります。

b0119493_1051398.jpg


これが天空の農園。
確かに農園です。太陽のめぐみですくすく育つ野菜を見ることができます。

b0119493_10515363.jpg


この農園へは階段しかないので、足の不自由な方は近づけません。
14階の夜景もあわせて楽しめます。

b0119493_1053798.jpg


農園らしくかかしも。

b0119493_10532474.jpg


14階からの眺め。
きれいです。

b0119493_10534978.jpg


天然石の水盤。
足元のガラス越しの照明が素敵です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-23 10:54 | GRⅢ | Comments(0)

「超マクロ展望 世界経済の真実」

b0119493_1444335.jpg


超マクロ展望 世界経済の真実」 水野和夫・萱野稔人(集英社新書)

現在私たちの目の前におきている現実の経済はどんな背景の中で起きているのかを
非常にわかりやすく対談という形で書かれている本です。

先進国がなぜ不況になってきたのか、そしてアメリカがなぜ金融工学を発達させたのか、
そこには、交易条件が左右していたといいます。アメリカの収益の実に半分が金融から
生まれているというですから、基幹産業が骨抜きとなり、もはや収益を上げるには
金融しかなかったといえます。

ヨーロッパも現在行方が心配されるところですが、ヨーロッパはアメリカよりも
早く金融に力を入れてきたので、実際の負債はもっと大きなものになるということです。

いわゆる「レバレッジ」という魔術にかかってしまったということです。
ちなみにアメリカは40、ヨーロッパは60倍のレバレッジをかけていたそうです。

ユニクロにしろ、トヨタにしろ、ホンダにしろ海外に生産拠点を作っています。
これは人件費などの固定費が安いからですが、ずっと前から叫ばれているように
先進国は空洞化が進みます。

何が問題かというと、収益が国内まで還元されないということです。
会社はグローバルに発展するも、自国の国民の職も減り、結果低賃金にならざるを
得ません。

「ヘゲモニー」(覇権)という言葉がキーワードです。

元来陸地が規定していたヘゲモニーが、海洋空間に出たことでイギリスは新しい
ヘゲモニーを確立しました。
そしてアメリカが空にヘゲモニーを確立します。それは金融経済につながっていきます。

世界に広がった世界資本主義の社会では、新興国の50億人が先進国と同じ暮らし
をしようとすれば、地球の資源が枯渇し、高騰するのも予想できます。

資源は地球の公共資源であるという認識が必要です。

資本主義はお金至上主義ですが、あまりに大きな経済的な出来事があると
国が介入しないと処理ができません。
国がないと結果として市場がなりたたないことを表しています。

水野さんは、先進国はこれ以上市場が拡大しないところに直面しており、世界資本主義
は転換点をむかえつつある、と言います。

日本の経済の問題は、低成長しか望めない社会になっているにも関わらず、経済成長
する前提の税収、歳出構造であることだそうです。
過去のけじめをいつ付けるのかが課題です。
それはこれからを生きていく、私たちの年金もどうなっていくのか、大事な問題です。

年金支給が70歳!!??

安心して暮らせる社会かは疑問です。おそらく平均以下の方は受給することができない
ということです。払ってしまうと枯渇するので、支払いを遅らせる、なんだか、ビジネスの
ような世界です。

新しい時代のヘゲモニーをどこが確立するか。

これからの戦略は、いかに自分たちに有利な市場の枠組みを作っていくかで、
利益を獲得できるかどうかがかかっているといいます。

規制による付加価値の創出を考えていきたいものです。
それはやはりルールになるわけなので、将来の収益に結びつくものだからです。

これらを踏まえて、どう行動していくか、そう長くはない未来に大きな時代の転換点
が待っています。ただ待つのか、自ら作るのか。




 
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-19 02:17 | レバレッジリーディング | Comments(2)

Ballistic HC iphone4用カバー

b0119493_19582240.jpg


これはアマゾンで購入したiphone4用カバーです。

BALLISTIC HC といいます。

まず本体をカバーに入れます。(一番左の画像が何も入っていない状態)
iphoneを入れてもレンズは隠れないような設計です。

本体左右の突起がクッションの役割をしているのと、グリップの滑り止め
にもなっていますので、簡単には落としません。

この商品はベルトに留めるホルスターも付属しています。
硬質のプラスティック製ですが、下からはめてカチッとするまで押さえ込む
と完全に固定されます。

写真にはありませんが、本体カバーの上にさらにカバーするラバーカバー
がセットされていて、ヘビーデューティーな使い方でも耐えられるように
なっています。

このカバーまでつけると、イヤホンジャックや端子部分も隠れますが、
かなり大きめとなるので、使い勝手が少し落ちます。

防塵、防滴、耐ショックという性能の売りですが、ひとつめのカバーのみ
だと、耐ショックまででしょうか。

それでもかなり安心になりますので、おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-17 19:57 | ツール | Comments(0)

永保寺特別公開

b0119493_19103810.jpg


今日は地元多治見の誇る永保寺の特別公開の中で庭園研究家中田勝康
さんの講演がありました。テーマは「夢想国師の系譜」。

現在京都南禅寺の住職である中村文蜂さんの著作である「夢想国師の風光」
に触発されて庭園に興味を持ったそうです。

日本における庭の歴史をひもとけば、信仰の対象としての石造物からはじまり
道教からくる神仙蓬莱思想を描くようになり、浄土宗の極楽浄土、禅宗の思想が
表現されてきました。

b0119493_19124145.jpg


私も以前いろいろ調べましたが、日本の庭は思想の具現化といえます。
ここ永保寺の庭は夢想国師が40歳のときに作庭されたそうです。滝、池、橋、樹木
といった自然界の縮図が描かれています。

夢想国師は七つの朝廷から国師号をいただいたまれにみる禅僧で、日本全国を
旅しながら修行し、また作庭もしました。

壁一面に張られた夢想国師を含む日本庭園の写真をもとに中田さんから説明を
受けました。最近本も出版しており庭に精通した方です。

b0119493_1921177.jpg


永保寺は不運にも2003年に本堂を消失し、2011年に完成しました。
現在、国宝観音堂、開山堂の修理が行われており、特別公開されています。

写真は本堂の中庭。しっとりとした雰囲気がすばらしい。

b0119493_19263849.jpg


展示されている開山堂(手前)と観音堂(奥)。
観音堂は1314年、開山堂は1352年に建立されたそうです。

b0119493_19284099.jpg


国宝開山堂。正面は修理中のため側面。
いつもは門が閉められていて入れませんが、今回は特別内部にも入れました。

b0119493_192937100.jpg


開山堂は池を右に見ながら奥に入ったところにあるのでひっそりとしています。
開山堂の厨子には夢想国師の坐像があります。

b0119493_19303920.jpg


一番見たかった花挟間(はなざま)。
花模様の透かしのことですが、内部から見るとほんとにきれいです。

b0119493_19324512.jpg


天気は雨ですが、水面の波紋がきれいです。

b0119493_1934105.jpg


永保寺は谷の底にあるので近づくには山を下るのですが、自然がそのままいかされた
形になっているので、自然の風景がまたすばらしい。

b0119493_19363243.jpg


永保寺の紅葉はまだですが、紅葉もたくさん植えられているので紅葉の時期も
見逃せません。

b0119493_19372317.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-15 19:38 | GRⅢ | Comments(0)

ダムの風景

b0119493_20261527.jpg


恵那にある小里川ダム。
近くには「道の駅おばあちゃん市山岡」もでき結構な人で賑わいます。

b0119493_20315216.jpg


小里川ダムは、重力式コンクリートダムだそうです。

b0119493_20262595.jpg


見るからにものすごいボリュームのコンクリート。
自然景観を生かしたダムもあれば、こうしたコンクリートむき出しのものも。

b0119493_20311557.jpg


周囲は山並みが連なる里山の風景です。
子孫へとつなぐ風景も我々の使命です。

b0119493_20263422.jpg


大型なだけに景観に与えるインパクトも大きいので、なんらかの
修景ができたら、と思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-10 20:32 | Comments(0)

秋色

b0119493_8315674.jpg


花フェスタ記念公園です。
今はバラ祭りが開催されています。

b0119493_8334720.jpg


この公園は有料ですが、しっかり管理されていていて見ごたえが
あります。春は桜が最高です。

b0119493_8344338.jpg


秋といえばコスモス。
他に色が少ない中のコスモスの赤からピンクの色はまぶしい。

b0119493_83527100.jpg


光が交錯する中の見え方はなんとなく艶があります。

b0119493_8364119.jpg


イチョウもまた色づきはじめてます。

b0119493_837781.jpg


公園内のバラのゾーンは充実してます。
香りも楽しめるほどです。

b0119493_8374923.jpg


園内には一眼をもった方があちこちに。
最近はやりの一眼を持った女子カメラも。

b0119493_8382615.jpg


バラ園は広大なエリアなので、半日はかけられるほど。

b0119493_8385916.jpg


並ぶのは巨大なキンモクセイ。
こんな大きなのははじめて。これが歩いているだけで香りに包まれます。

b0119493_8401022.jpg


クレマチスのハンギング。

b0119493_8404338.jpg


冬にかけてイベントがいくつもあるのでおすすめです。

b0119493_8423360.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-10 08:43 | Comments(0)

オーガニックブランチ会

b0119493_16421075.jpg


「夢のオーガニックブランチ会」に初参加です。
料理教室サニーナチュラルクッキング主催です。

b0119493_164556.jpg


古民家風の建築とキッチンガーデンが素敵です。
一見すると普通のガーデニングですが、食べられる野菜や植物
が中心のキッチンガーデンです。

b0119493_16462548.jpg


庭としても十分な手入れがされていてすばらしいです。

b0119493_16472558.jpg


今日の料理をキッチンガーデンから・・・こういうライフスタイルあこがれます。

b0119493_16481731.jpg


季節のおいしい食材を食べられるのは健康にもよさそうです。

b0119493_16491411.jpg


道路を挟んで畑があります。
100種類はあろうかというくらいいろんな野菜がいっぱいです。

b0119493_1650862.jpg


今はもぐらが悩みだそうです。
もぐらが土の中を移動すると土がふかふかになってしまい根が張れなくなるそうです。

b0119493_1651522.jpg


体が健康になる食事、心がけたいものです。
自然と触れ合うことで健康になれます。

b0119493_1652177.jpg


サニーさんのお母さんが案内してくれましたが、ひとつひとつの野菜にかける
愛情も感じました。

b0119493_16541268.jpg


天井は構造を見えるようにしてあって広々しています。
壁の白と梁の黒がシンプルです。

b0119493_16553491.jpg


今回は9名の参加です。
サニーさんのトークで明るい雰囲気の中時間はあっという間に過ぎました。

b0119493_1763765.jpg


体が元気になるオーガニック料理。
体にやさしい料理で、おいしかったです。
スープは体の毒を出すデトックススープ。

b0119493_1772577.jpg


お庭で取れたハーブティーと、砂糖・バターを使わないケーキ。
豆の自然な甘みだけとは思えないケーキでした。

体にやさしい時間に感謝です。

ナチュラルクッキング
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-10-02 17:10 | GRⅢ | Comments(1)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite