日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Ashley Tisdale



Ashley Tisdale " What If "



Ashley Tisdale " It's Alright, its OK "



Ashley Tisdale " We ll Be Together "
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-30 21:24 | Comments(0)

雑貨いろいろ

b0119493_2150128.jpg


とある雑貨店にて。

「立つしゃもじ」

これは「しゃもじ」の持ち手部分が2センチ角のフラットな形状に
なっていて、そのまま自立します。

「しゃもじ」はご飯文化の日本だからこそなのでしょう。
普通ジャーに付属のしゃもじ受けはなんとなく不潔な感じが
するので結局こういうものが登場するんですね。

この延長でデザインと遊び心をいれたものが出来そうです。

b0119493_21524521.jpg


見づらいですが、サラダ挟みです。
この商品は全体のシルエットが女性になっています。

商品名は「マイフェアレディー」。

つまみの曲線がドレスの曲線になっているんですね。
見て楽しいツールです。

b0119493_21551085.jpg


これは傘立て。

花柄のような断面になっていて、傘の先端を挿します。
それだけで自立するんです。

シンプルでかつ、遊び心のあるデザイン、好きです。

日常の暮らしがちょっと楽しくなるツール。

こうしてみるとまだまだ新商品の出る余地はありそうです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-29 21:57 | ツール | Comments(0)

王子バラ園

b0119493_19451345.jpg


王子というのは東京の北区王子ではなく春日井にある王子製紙の
工場の王子です。王子バラ園は、王子製紙春日井工場内にある
オープンのバラ園です。

b0119493_19452478.jpg


はじめてでしたが、バラも管理されていて、とってもきれい。
そしてボリュームもあります。

b0119493_19453160.jpg


アマチュアカメラマンも多く、人気の場所です。

b0119493_1945385.jpg


駐車場もありますので、安心です。

b0119493_194544100.jpg


バラはハンギングやつるバラなどいろんな種類があるので、バラを楽しむ人
だけでなく、ガーデニング好きな人にもいいと思います。

b0119493_19455257.jpg


休憩場やトイレもありますので、バラ鑑賞には最適です。

b0119493_1945592.jpg


無料で公開されていますので、地域貢献になってます。

b0119493_1946781.jpg


雨でしたが、しっとりとしたバラもよかったです。

b0119493_19461462.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-22 19:50 | Comments(0)

潜龍

b0119493_18305350.jpg


岐阜長良川沿いにある潜龍に行ってきました。
ここは肉料理で有名な料亭です。
ロケーションは写真の通り。

b0119493_18315246.jpg


鵜飼が目の前で行われます。
屋形船が並びます。

b0119493_18322044.jpg


店構え。
店内までの路地は苔むしていて、落ちついた風情をかもし出しています。

b0119493_1833286.jpg


これがメインの松坂牛。
もともと松坂牛からスタートしたようですが、希望があれば岐阜産の
飛騨牛にも変えてくれるそうです。
写真は4人前。(一人180g)

b0119493_18341775.jpg


サラダひとつとっても、食材の鮮度が違います。

b0119493_18343899.jpg


目の前の鉄板で好きな焼き加減で焼いてくれます。

b0119493_1835430.jpg


想像していたのはもっと霜降りでしたが、ほどよいバランスで脂っこくもなく
おいしかったです。

b0119493_18354284.jpg


7時半になると花火があがります。
しばらくして鵜飼がスタートします。
上流より鵜飼の船が流れてきて、そこにあわせて屋形船も流れてきます。

b0119493_18363235.jpg


なんとも風情のある風景です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-22 18:37 | Comments(0)

iphone用バッテリー iWALK1500

b0119493_836186.jpg


最近iphone3GSのバッテリーの消耗が激しくなってきたので、
外付けバッテリーを購入しました。

プロテック社 iWALK1500。価格は¥3,494(AMAZON)

b0119493_8362925.jpg


このバッテリーは0から85%まで充電できるパワーアップしたもので
十分な容量があることが特徴です。

b0119493_8364053.jpg


iphoneに装着した状態でUSB充電すると本体もバッテリーも充電できる
そうです。これは便利。
写真は装着した状態。厚みが2センチくらいあるのでiphoneよりも厚みが出ます。
軽いのでかばんに入れておけば万が一の時、使えます。

b0119493_8364941.jpg


パッケージにはバッテリー本体のほかに、iphone用のスタンドが付いています。
これは折りたたみ式なので、普段は少し厚めのカードを入れておく感じです。
新幹線で映画を見るとか、ユーチューブを見るとか、集まって見る場合に役立ち
そうなアイテムです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-18 08:43 | ツール | Comments(0)

C-DEPOT edge

b0119493_10495452.jpg


新宿高島屋で知り合いのアーティストのグループ展がありました。

AKIYUKI INAさんの作品は批評的な側面を持って世の中にメッセージ
を発信してます。

絶滅危惧種の動物を廃棄された衣服を用いてつくり、それをアクリルの
ケースに標本のようにいれてます。

環境とどう向き合うか、他の動物とどう生きていくかを問われているようです。

他にメンバーの作品もモダンな作品あり、動きのある作品ありで
非常に楽しい内容でした。

5月16日まで。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-16 10:56 | Comments(0)

国際バラとガーデニングショウ2

b0119493_10321441.jpg


ドーム外周にはガーデン雑貨の出展がありました。

b0119493_10325475.jpg


トラックの荷台を改造したミニショップかわいいです。

b0119493_10333699.jpg


女性に人気です。

b0119493_1034629.jpg


センスがいいです。

b0119493_10343176.jpg


会場前景。ぱっと身はこれだけ?という感じでしたが、実際歩いてみると
かなりのボリュームで半日歩いても足りないくらいでした。

b0119493_10352267.jpg


子供の庭。頭上にはターザンのできるロープとトロッコがありました。
冒険ごころをくすぐります。

b0119493_10361620.jpg


壁にはロッククライミング用のステーがあります。
結構子供って好きです。

b0119493_10365388.jpg


アウトリビングの形。
素敵です。

b0119493_10373543.jpg


バックヤードを生活の庭としたもの。
こういう空間があれば生活も楽しくなります。

b0119493_1038964.jpg


4人の女性ガーデンデザイナーの庭。
色鮮やかです。

b0119493_10384455.jpg


庭でティータイム。おしゃれです。

b0119493_10391523.jpg


バックヤードの庭。

b0119493_10395716.jpg


蓼科バラクライングリッシュガーデンがプロデュースした庭。
コンテナガーデン。

b0119493_10403790.jpg


少しアンティークな庭。

b0119493_1041894.jpg


アウトリビングの形。
最近はおしゃれな納屋もありますので、組み合わせると雰囲気がよくなります。

b0119493_10415151.jpg


今回一番気に入った庭。モダンガーデンです。

b0119493_10423079.jpg


配色のセンスとってもいいです。

b0119493_10425318.jpg


壁面には照明をいれ奥行き感もあり、こんな庭あったらいいなーが
表現されてました。

b0119493_10434895.jpg


木漏れ日の庭。

b0119493_10441033.jpg


バラクライングリッシュガーデン、オーナーのケイ山田さんがコンテナガーデン
についてセミナーされてました。
女性にはやっぱり人気です。

b0119493_10445991.jpg


知り合いのお店。
西麻布でガーデングッズのショップを経営されてます。
本場イギリスのガーデングッズは見てて楽しく、機能性もあってとっても人気でした。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-16 10:46 | Comments(0)

国際バラとガーデニングショウ

b0119493_0491085.jpg


西武ドームで開催中の国際バラとガーデニングショウに行ってきました。
前々から知ってはいたもののなかなか行く機会がなかったので、
今回は非常に楽しみにしてました。

b0119493_0492228.jpg


名前の通り、バラとガーデニングのショーです。
バラはコンテストが行われて受賞した作品が飾られています。

b0119493_0493978.jpg


これが大賞を受賞したバラ。
非常にまとまりがよくきれいです。

b0119493_0495160.jpg


ガーデンデザイナーや庭師、造園家の方の設計による庭は
当然ながら質の高い植栽が施されていて見所がいっぱいでした。

b0119493_050483.jpg

[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-16 00:56 | Comments(0)

リーディング3.0

b0119493_1231517.jpg


リーディング3.0」 本田直之(東洋経済)

レバレッジシリーズでおなじみの本田直之さんの新刊です。

1.0とは、単に本を読むという読書。

2.0とは、レバレッジリーディングのような多読による効率的な読書法

3.0とは、インプット、ストック、サーチ、シェア、フィードバックという
5つのステップで候性された最新テクノロジーを用いた読書法。

3.0に至るのは、やはりiphoneなどのモバイルデバイスの発達、
エバーノートのようなクラウドサービスの発達、フェイスブックのような
ソーシャルネットワークの発達によるものだそうです。

2.0時代でも、単に読んでエッセンスをまとめるのではなく、
ブログで公開することでひとつのデータベース化やシェアにつながった
のですが、フェイスブックはもう一歩進歩していくイメージでしょうか。

技術の進展が、物理的な制約、時間と場所の制約、情報シェアの
制約が開放されたといいます。

どこにいても、データに即アクセスし同じ環境ができています。
情報が共有され、他の人との交流でより情報にレバレッジもかかる。
そういう時代に突入したということです。

キンドルでは、他の人がどの部分にマーカーを付けたのかというのが
わかるようになっているそうです。
つまりどこが重要なポイントなのか、共有できるということです。
個人的なレベルでのレバレッジリーディングではなく、広く人々が
重要としている点を共有することで知的レバレッジがかかるという
わけです。

そういう私もレバレッジメモとして読書後はまとめてましたが、
途中からは、自分のブログにまとめておき、後で検索できるように
しました。これは、自分だけでなく、他の人にもシェアすることが
目的です。
フェイスブックでさらに加速するのかもしれません。

本田さんが捉えた最新のメディアやツール、アプリ書籍など巻末に
紹介されているので、そちらもお薦め。

「シェア」

これがソーシャルネットワーク時代のキーワードでしょうか。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-14 12:17 | レバレッジリーディング | Comments(0)

40歳からの適応力

b0119493_9134688.jpg


40歳からの適応力」 羽生善治(扶桑社新書)

将棋の羽生さんの著作です。
40歳としてどう適応していくかについてまとめられています。

40歳になると責任あるポジションになる場合が多くなります。
梅原猛さんの著作の中で次のようにリーダーの条件があります。

1、明確な意思を持たなければならない

2、時代の理念が乗り移らなければならない

3、孤独に耐えなければならない

4、人間を知り、愛さなければならない

5、神になってはいけない

6、怨霊をつくってはいけない

7、修羅場に強く、危機を予感しなければならない

8、意思を自分の表現で伝えなければならない

9、自利利他の精神を持たねばならぬ

10、退き際を潔くしなければならない

なるほどです。

「中年だって大志をいだくべき」と羽生さんはいいます。

人間の成長はやはり少しでも困難に挑戦した時に起きる
と思います。

時代と志をあわせること、これが多くの人を共鳴させる
ことにつながるといいます。

自分よがりの志、時代性のない志、とりあえずの志。

志といっても、いろいろあります。体外的には判別できませんが。

経営者は志が必要です。

そして志は一人では達成しえないもののほうが多いはずです。

であれば、いかに共鳴を引き起こすか、そこにポイントがある
はずです。

流行と個性のアジャスト。

能力を発揮するのは、やはり場所というか、発揮できる場を
選ばないとだめです。

流れを読んで、駒の特性を発揮できる場面に使う。

これは、人生においても、そしてビジネスにおいても言える
ことです。

40歳の節目。

孔子の論語には、次のような有名な一節があります。

「吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。
四十にして惑わず。五十にして天命を知る。
六十にして耳順がう。七十にして心の欲するところに
従って、矩を越えず。」

当時と現代は寿命が延びた関係で上記の年齢を八掛け
すると近いといわれるそうです。

読みやすい本ですので、40越えた方におすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-05-14 09:47 | レバレッジリーディング | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite