日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

石上純也ー建築の新しい大きさ 展

豊田市美術館で12月26日まで開催中の展示会。
「石上純也 -建築の新しい大きさ」展。

b0119493_20373530.jpg


今年のベネチアビエンナーレ(芸術の祭典)で金獅子賞を受賞した
石上さんの展示会です。現在開催中のベネチアで受賞した作品と
同じものが展示されています。

b0119493_20425492.jpg


私にとってははじめての名前と作品でしたが、純粋に建築を昇華させようと
する想いが伝わりました。「建築」の限界、空間の閾といってもいいくらい
軽い、そして重量感のない建築のかたちがそこにはあります。

建築とは思想。まさにそのものが表現された作品展。

b0119493_19235752.jpg


谷口吉生設計の美術館はいつ来ても、時間と光の変化に応じて変化
する様を見せてくれます。素材は現代的ですが、現れる空間は
和そのもの。

b0119493_1558227.jpg


雨が降ってましたが、しっとりとした空間がすてきです。

b0119493_1924871.jpg


こういった光と影の織り成す空間構成は本当に秀逸です。
愛知県ではもっとも好きな建築です。

b0119493_19241720.jpg


写真は入り口からの回廊部。

b0119493_19242839.jpg


建物内壁は内照式のパネル。
壁面の白さもあって明るくモダンな空間。

b0119493_15593732.jpg


入り口ホールの真上にあるアート。ジェニー・ホルツァーの作品。
彼女は1988年にベネチアビエンナーレで金獅子賞を受賞したアーティスト。

b0119493_19243732.jpg


美術館の敷地内にある茶室と庭。
しっとりとした時間が流れています。都会の喧騒を離れ落ち着くことができる場所です。
300円でお茶がいただけます。

b0119493_19244530.jpg


コケの生した姿はなんともいいです。

b0119493_20345041.jpg


b0119493_1605362.jpg


b0119493_19245854.jpg


敷地内の森。
メタセコイヤのすっきりとした樹形が印象的な庭です。

b0119493_1925950.jpg


この美術館の内容は豊田市という場所ながら展示のレベルも高く、
また展示の組み方もすばらしいので何度も来る場所です。
外構設計はアメリカ人ランドスケープアーティスト、ピーター・ウォーカー。
来る度に場所と一体化し風景になっていく姿を見るのもまた楽しい。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-31 20:19 | Comments(0)

iphone故障

iphoneの調子がいまひとつ。

実は夜は90%くらいだったものが、朝になったら0%。
そしてまたある時は、午前中だけで気がつくと、本体が異常発熱し
熱くなりバッテリーもかなり放電が進んでいました。

ネットでいろいろと調べてみると、やはり同様の症状は出ている
みたいです。

原因は不明なのですが、入れたアプリが作動しているというもの、
電波を拾いにいきバッテリーを消耗しているのでは、というもの、
はっきりした原因がわからないのですが、実態としてかなり同様の
トラブルが出ているようです。

まずバッテリー消耗しそうなことを徹底的に節約します。

GPS、画面の明るさ、メールのプッシュ設定。
これらを設定し直します。

ここまでしても効果がなく、次にソフトウェアリセット。
二度再起動をするとリセットできるとか。

ここまでしても変わらず、ソフトバンクショップに聞いてみると、
itunesに接続して、復元、をしてくださいとのこと。

この復元というのは、一旦ハード的にリセットを行い、再度
ソフトやアプリ他をインストールするというもの。

小一時間くらいの作業になりますが、復元作業後の調子と
いえば、急激なバッテリーの減りがなくなりました!

ネットで調べると、定期的にこの復元作業をしないとだめ
な人もいるようなので、しばらくは様子見。

ソフトバンクショップの話しでは、この復元を行ったうえで
さらに異常放電が続くようなら、ハードの交換をするとの
ことでした。

iphoneのバッテリーはいろんなトラブルがありますが、
一番は持ちが悪いということ。appleで電池交換をすると
1万円弱かかるので交換もままならないのですが、
格安で交換できるショップが探すといくつも出てきます。

電池単体だと¥2000ほどですが、交換まで依頼すると
¥5000くらいだそうです。
そもそも簡単に分解できるようなものではないので、
ショップに依頼するしかありません。

他の携帯のように交換できるタイプになればいいのに
と思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-30 16:07 | ツール | Comments(0)

未来の庭

マイクロソフトの描く未来、とても理想的です。
言葉の壁を超え、空間を超え、人と人がつながっていく世界。
誰もが自由にコミュニケーションできる時代。
今までとは違った未来が待っているのでしょう。

私は仕事で庭に関係しています。
庭に関して未来を考えた先に何が見えてくるのか。

自然や植物と身近に触れられる場所。

宇宙を感じる場所。

自然とともに暮らす喜びが感じられる場所。

分譲住宅についている庭はおまけのような場所。
駐車場と物干しで埋まってしまいます。
そしてデッキやテラスをつけても、隣家の視線や
通りを歩く人の視線が気になって出られず。

本当の意味での生活を豊かにする庭とは。

最近はやっているのは、昔のサンルームを延長
した後付のライトコート。これは雨風をしのげて
いわば部屋を拡張したようなスペースです。

オーナーからすれば、部屋を広く使えるとあって
人気です。庭に付属するというよりは、あくまで
建物を拡張したものです。

自然との共生はもはや常識。
日本のように効率重視の思考体系の中では、庭も
無駄なスペースなのかもしれません。
それなら活用したほうがいいと。

でも、どうせならもっと自然と深く関わり、より豊かに
暮らしたい、そう願っている人が多いはずです。

未来の庭を描いてみたいと思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-29 21:20 | デザイン | Comments(0)

ポール・アーデン

b0119493_1913961.jpg


大事なのは今のあなたじゃない、この先、どのくらい上を
目指そうと思っているかだ、改訂版
」 ポール・アーデン (PHAIDON)

ものすごーく長い題名で目立ちます。
この出版社日本では洋書コーナーで見かけます。
建築やデザイン系に強い会社です。

この出版社を知っている人は、自己啓発の題名とのギャップ
びっくりすると思います。

さて内容ですが、広告をメインとするクリエーター、アーデン氏の
生き方、哲学的なものです。

「どこを目指すか、どんな人になりたいとうビジョンこそ、
君の最大の財産だ。」

「目指すゴールがなければ得点するのは難しい」

「失敗策すら作れない人には、何も作れない」

「優れた人ほど、自分の能力不足に思い悩む(孔子)」

などなど、単純明快な文章で考えかた、どう切り込むか
を披露しています。

内容は基本、広告クリエーター向けが中心なのですが
どの業界でも通用する発想にあふれています。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-28 19:27 | レバレッジリーディング | Comments(0)

アウディのARデモ

このサイトでアウディのARが体験できます。

b0119493_2201740.jpg


まず、

Downroad and install the software

をクリックして、ソフトをダウンロード、そしてインストールします。

次に、

Print the A1 "Magic Symbol"

を印刷します。

ソフトを起動するとカメラ画像が出ます。
印刷したシンボル図をカメラに写すと、アウディのARカーが
現れます。すごいのは、車を前後に移動したり、ドアを開けたり
トランクを開けたり、画像の品質も高いことです。

拡大ツールを使えば、モニターいっぱいに映すこともできるので
大迫力で車を堪能できます。

これからの車選びはこういう時代なのかも、と思わせてくれます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-24 22:02 | デザイン | Comments(0)

ARが変えるライフスタイル

未来のショッピング。



マイクロソフトの描く未来。


[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-24 11:29 | デザイン | Comments(0)

AR体験サイト

ARを簡単に体験できます。
まずはこのサイトにしたがって、用紙を印刷して
カメラの接続を確認したら、できます。

びっくりです。

リンクしていく英語のサイト

b0119493_11111320.jpg


実際に運用されている女性向けファッションサイト
ARで自分に合成できます。

b0119493_11345479.jpg


トップに入ったら、カメラとマイクへのアクセスを許可して、
スタートボタンを押してください。
後は、自分を写しながら、画面上のボタン位置へ手を
かざすと、反応して操作できます。

これはすごい。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-24 11:11 | Comments(0)

驚愕の新技術 AR(拡張現実)

驚愕の新技術。
AR=拡張現実。コンピューターを介在させることで情報を付加する技術の
ことを言います。

iphoneユーザーなら誰もが知っている「セカイカメラ」もこの技術ですが、
そこにGPSと加速度センサーがついていることが特徴です。

まずはユーチューブでいろいろ応用例があるのでどうぞ。
未来のバーチャルリアリティー世界、非常に楽しみです。



次にヒルトンホテルのAR応用例。
ホテルの3Dとホテル客室の3Dが現れるというもの。



次にアバターの製品。
フィギュアだけでなく、アバター世界の3Dが立ち現れるというもの。



次にディズニー。
単なる絵本が、動きのある脅威の体験の場に。


[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-24 10:49 | デザイン | Comments(0)

第5回レバレッジサロン@名古屋開催

b0119493_22413871.jpg


とうとう第5回になったレバレッジサロンこと、レバサロ。
今回は名古屋開催ということで午前中はショート観光、午後はプレゼン、
そして夜は第二部の懇親会という流れでした。
集まったメンバーは東京から大阪までの7名。

b0119493_22415084.jpg


午前中は、名古屋観光バス「めーぐる」に名古屋駅から乗って、名古屋城を
車上観光しながら、目的地徳川園に向かいます。
このめーぐる、なかなかいいんです。一日乗り放題で500円、しかも時間帯に
よってボランティアのガイドさんが乗ります。超お徳。

b0119493_22415936.jpg


徳川美術館は二度目でしたが、徳川園ははじめて。
池泉回遊式庭園で、規模も予想をはるかに超える規模。
滝や小川も多く、印象的には水の音と、鳥の鳴き声。
自然が融合していてすばらしかったです。

b0119493_224287.jpg


栄ではオアシス21のガラス天井を上ると、なんとそこには奇妙な物体が。
実は愛知トリエンナーレというアートイベントが開催されていて、しかも
ピンクの物体はあの有名な草間弥生さんの作品。

b0119493_22421598.jpg


栄の会議室でプレゼンを約2時間半行いました。
それぞれの視点でさまざまなプレゼン、刺激的でした。

M氏のプレゼンARははまりました。
近未来の技術がどう展開していくか楽しみです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-24 09:35 | 勉強会 | Comments(0)

コスモス

b0119493_19462486.jpg


秋の花コスモスが満開でした。
場所は国立木曽三川公園。

b0119493_19463716.jpg


国立公園ですが、河川が広いのでいくつかに分かれて
公園になっています。

b0119493_19464778.jpg


遊具のある広場部分と草花などが中心の園路部分から
構成されています。子供の遊ぶ遊具は充実していて
どこもいっぱいでした。

b0119493_1946573.jpg


紅葉前の秋を満喫した一日。

b0119493_1947438.jpg


今回はK-7の設定を「雅(みやび)」にしてみました。
これはフィルムであったベルビアに近い発色が得られると
評価されていたもので、見てみると今までとはまた違った
趣があっていいです。緑が少し青みがかります。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-10-17 19:50 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite