日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

オベリスク

b0119493_192561.jpg


実はこの建物、愛知県春日井市にある
ダイコク電気本部ビル。

コンクリート打ち放しといえばの設計は安藤忠雄建築研究所。

国道19号からそびえたつような柱が特徴。

ちなみに、中身は立体駐車場だそうです。
オベリスク風に見せるところはさすが安藤建築。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-28 19:02 | TX-1 | Comments(0)

姜流(かんりゅう)

b0119493_11422353.jpg


姜尚中さんといえば、よくテレビでお見かけするようになった
東大の教授。

前は田原総一郎の朝まで生テレビでおなじみの顔ぶれでした。

いまはNHK日曜美術館の案内役も勤めるなど
非常にメディアにも出られています。

ようやく彼のサイトができました。

その名も、姜流(かんりゅう)

物静かなたたずまいとは裏腹な、芯の太いものを感じます。
政治が専門ですが、芸術にも通じており、知識の幅はものすごく
広いかたです。

なんと彼も、バイク乗り。

アウトサイダー的な男のロマンだそうです。

要注目。

先日も東京のある展示会に行っていたところ、ん?どこかで見かけた
姿、と思ったら姜尚中さんでした。
奥さんとデートの日だったでしょうか。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-28 11:41 | レバレッジリーディング | Comments(0)

とうとう

b0119493_1052425.jpg


約3年半になるCB-1000SFはとうとう廃車の方向に・・・
そもそも16年前の登録の旧車の部類に入るものなので
あまり期待はできなかったものの、デザインにひかれ
買ったバイクです。

買った当初より続いたキャブレターの不調は随時
悩まされ、修理等してなんとか走ってましたが、エンジン
OHをしないといけない状況まできたのでいよいよ
最終決断をしないといけない状況です。

非常に、残念。

存在感では負けないBIG BIKEなので、おしい部分も
ありますがしょうがないです。

7台目何にするかなー。
果たして乗る時間も最近はあまりない状況なので、
考えるところです。

ちょうど満を持して発売されたCB1100

昔ながらのスタイルがGOOD!

駆け抜ける喜びを体感できるバイク。
自然を楽しみ、自然に身をゆだねる。
男のロマン。

b0119493_1071436.jpg


開発秘話&インプレッション

東京モーターショー2009
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-28 00:07 | バイク | Comments(0)

RosettaStone

RosettaStone

実はこれ、英語学習の教材なんです。

英語学習というと、普通は英会話学校のイメージか
TOEICですが、このソフトは一味違います。

NASAや教育機関でも採用されているようです。

サイトに入ると、フリートライヤルが用意されています。
もともと販売体系も、WEB版とソフト版があって選択
できます。

使ってみた感想。

お おもしろい・・・

ある会話の場合、画面に画像と音声、文章がそれぞれ
出る仕組みで、なんとマイクを通した発音も判断して
くれます。

正確に発音できていれば、クリアする感じです。

世界31言語が用意されているので多言語を習得
したい人には便利ではとおもいます。

トライヤルお勧めです。
ぜひ、体験を。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-25 23:42 | ツール | Comments(0)

RYUmurao.com

軸塾でお世話になったスターブランドさんのブログ

RYUmurao.com

恒例の読書会の案内もここから出るので要チェックです。

読書会はセミナーとか講演会のような敷居の高さの
ある場ではなく、少人数で気楽に入っていけることを
考えたそうです。

いい意味での、ゆるーい関係。

人間関係って、実はこんな関係性がいいんですよね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-24 18:47 | 勉強会 | Comments(0)

動画機能

TX-1は動画機能がすぐれてます。
今まではデジタルムービーを持ち歩いていたのですが
このTX-1があれば、これひとつで済みます。

最新のデジイチにはムービー機能も付いてきたので
しばらくしたら買い換えたいところ。

TX-1は、ハイビジョンテレビ対応です。

なので大型液晶を入れている家庭では、動画を大画面
で楽しめます。

動きもなめらか、4GBの容量のメモリを入れておけば
約1時間くらいの動画撮影ができます。

ちょっとした感動。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-24 15:43 | TX-1 | Comments(0)

ボイトレ

b0119493_18512010.jpg


最近ビジネスでボイストレーニングが流行のようです。
といってもごくわずかかもしれませんが。

いわゆるビジネスマンのプレゼン能力のうち、ビジュアルなもの
だけでなく、声を磨くということです。

日本人にとっての日本語は生まれついて、自然に覚えて
きました。
なので、英語の発音訓練のような時間がなくても話せます。

が、それゆえに独自の発音になっていて、正確な日本語
の発音ができていない人が多いそうです。

セミナー講師する方も最近ではボイストレーニングをして
いると聞きます。

ラジオのように音声だけで、思いを伝える場合、あるいは
聴覚障害の方に朗読する場合、いかにリズムに変化をつけ
言葉のイメージを相手の脳裏に引き出させることが
課題です。

突き詰めれば、

話す=相手に伝える

話す=相手の立場にたつ

ことなんですね。


※TX-1で撮影
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-21 19:01 | TX-1 | Comments(0)

スターブランド初参加

b0119493_2028263.jpg


念願のスターブランドの読書会に参加しました。
東京青山ということもあって、なかなか参加のチャンス
がなかったのですが、ようやくタイミングあい参加と
なりました。

場所は青山一丁目交差点から徒歩5分くらいの
ところです。

入ると左にラウンジ、右にセミナールーム。
照明もダウンライトが中心でゆったりとした雰囲気。

セミナールームの壁には村尾さんと浜口さんの著作
をはじめ、ビジネス系の著作でぎっしりです。

今回の読書会は最新刊である「マイクレド」の読書会
題して「軸塾」。

限定十名ということで名刺交換からスタートです。

いろんな分野で活躍している人がいて、とてもなごやか
な雰囲気、そして刺激的。

村尾さんの気さくな語り口でリードされ、事前課題や
自分軸をつくるためのヒントについてディスカッション
します。

あっという間に二時間がたってしまいました。

ブランドとは、約束。

会社にしろ、人にしろ、ここが大切。

とても勉強になりました。
そして機会があればまた参加してみたいです。

帰りのタクシーで品川に向かう途中、k.d.langのハレルヤ
がやさしく響き、いつもと違う新鮮な車窓からの眺めでした。

スターブランド
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-19 23:04 | 勉強会 | Comments(0)

不動産投資の学校

はじめて日本フィナンシャルアカデミーに行きました。
聞きなれない名前かもしれませんが、ビジネス書で
ヒットを飛ばした本田直之さんが取締役、泉正人さんが
代表を務める日本で唯一の独立系お金の学校です。

独立系とは、バックに証券会社とかのスポンサーが
いない純粋な学校のことです。
なので、中立的な立場を貫けるそうです。

不動産投資の学校の体験講座として約2時間、
講師の束田光陽さんから講義いただきました。

出版物では何冊も読んでいたので親近感はありました
が、年齢はなんと33才!

25から不動産投資の勉強をはじめて今や純粋な
不動産による収入(経費を引いた)は数十万にも
及ぶとか。

内容ですが、これは投資系の商品に多く見られるように
どれも見た目にごまかされるとあとで手痛い思いを
しますよ、という内容でした。

つまり不動産の購入資金に対する年間家賃収入
を単純に計算したものは表面利回りで、実際の経費
を抜いた実質利回り、そして金融機関からどれだけ
融資を受けられるか、といった点もあわせて評価しない
といけないといます。

一定の収入をあげて、早めにリタイヤするには
こうした不労所得も必要ですね。

不動産投資の基本的な考え方は、
自分がいつ何時、倒れたり、事故にあったりするか
わからないが、不労所得が得られる体制を作って
おけば、病院のベットに寝てても収入が得られると
いうことです。

これは自分だけでなく、家族にとっても必要です。

日本フィナンシャルアカデミー
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-19 01:03 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

3dsmax

b0119493_20271461.jpg


仕事の関連でオートデスク社の3dsmaxの体験学習会
に参加してきました。

なんと時間は4時間!

場所は東京晴海のトリトンスクエアにあるオートデスク社の
セミナールームです。

このソフトは建築関係やゲーム製作者の基本的なソフトとして
使われているもので、使い勝手がどうか、仕事で使えるか
体験してきました。

簡単なモデリングを利用して、照明効果やシェーディング、
レンダリングについて体験します。

基本的なモデリングの空間とその操作タッチ、機能は
正直ずば抜けたものを感じます。

作っていて楽しい、そんな表現が似合うのかもしれません。

価格はといえば、やはりプロ用ということもあって
50万程度。ライセンスのかけかたによって価格体系が
異なるそうです。

昨今の事情でいけば、建築界よりも、圧倒的にゲーム
や映画、広告分野で活躍しているソフトです。

CMやパンフで見る画像はCGを多様しているので、
ソフトが優れていると、カメラマンもスタジオもいらなく
なってしまいます。

まだまだ活躍する分野はきっと広がっていくと
思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-18 22:44 | ツール | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite