日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

読書2009

今年もあとわずか。
年始に立てた読書目標は、毎月5冊、年間60冊。

そして結果は、85冊。

経営からアートから税務からいろいろ。

振り返ってみると、ものすごく前に読んだように
思える本もあるので、不思議です。

これが私の2009読書リストです。

・野村再生工場(野村克也)
・うちの社長はなぜああなのか(石原明)
・女装する女「湯川玲子)
・志高く(井上篤夫)
・レバレッジマネジメント(本田直之)
・失敗の本質  → 読後、ローソン新浪社長の講演に行った
・留魂録(吉田松陰)
・小さな会社のブランド戦略(村尾隆介)
・ドイツ参謀本部(渡部昇一)
・仕事力がぐんぐん伸びるスーパーメモ術
・5つの法則(田坂広志) → 田坂さんにはまる
・戦略の本質
・仕事のヒント(神田昌典)
・世界連鎖恐慌の犯人(堀紘一)
・未来を拓く君たちへ(田坂広志)
・仕事の報酬とは何か(田坂広志)
・プロフェッショナル進化論(田坂広志)
・なぜマネジメントが壁につきあたるのか(田坂広志)
・自分であり続けるために(田坂広志)
・なぜ働くのか(田坂広志)
・自助論(スマイルズ)
・税金を9割安くする(大村大次郎)
・税金は裏技で9割安くなる(大村大次郎) 
・人生は勉強より世渡り力だ(岡野維行)
・やりたいことをやれ(本田宗一郎)
・ぶれない経営(斉藤明敏)
・戦わない経営(浜口隆典)
・誰かに話したくなる小さな会社(浜口隆典、村尾隆介) → 最高
・借りたカネはやっぱり返すな(八木宏之)
・日本でいちばん大切にしたい会社(坂本光司)
・成功はごみ箱の中に(レイ・クロック) → 柳井社長、孫社長お奨め
・なぜ決算書が読めるやつは出世するのか(吉澤大) → 大ファン
・志マーケティングのすすめ(藤巻幸夫) → 大ファン
・リーダーになる人に知っておいてほしいこと(松下幸之助)
・組織が活きるチームビルディング(北森義明)
・田辺昇一の経営原則(非売品)
・一枚のお礼状で利益を3倍にする方法(朝日心月)
・社長それは幹部の仕事です(部奈壮一)
・1Q84 BOOK1(村上春樹)
・1Q84 BOOK2(村上春樹)
・全脳思考(神田昌典) → 大ファン
・星野リゾートの事件簿(中沢康彦)
・青春とは(新井満)
・お金の地図(泉正人)
・修身教授録(森信三) → ベスト
・何のために働くのか(北尾吉孝)
・北尾吉孝の経営道場(北尾吉孝) → するどく、そして深い
・ポジティブシンキングの授業(藤巻幸夫)
・二宮翁夜話(二宮尊徳) → 座右の書
・2010資産運用法(北尾吉孝)
・売れる力学(佐藤昌弘)
・ネットで売れるもの売れないもの(竹内謙礼)
・サバイバルキャリア術(本田直之)
・働き方革命(駒場弘樹) → これからの働き方
・借りる技術返す技術(小堺桂悦郎)
・この人についていきたいと思わせる21の法則(ジョン・C・マクスウェル)
・夢を実現する戦略ノート(ジョン・C・マクスウェル)
・求心力人を動かす10の鉄則(ジョン・C・マクスウェル) → カリスマ
・目に見えない資本主義(田坂広志)
・新しい儲け方のヒント(高島健一)
・徹底のリーダーシップ(ラム・チャラン)
・脱ドンブリ経営(和仁達也) → 良書
・フォーカス(アル・ライズ)
・整理HACKS(小山龍介) → 使えます
・渋沢栄一(渡部昇一)
・鈴木敏文考える原則(鈴木敏文) → セブンイレブン社長
・社長失格(板倉雄一郎)
・河井継之助(根岸千代子)
・世界一わかりやすい在庫削減の授業(若井吉樹)
・あしたのための銀行学入門(大庫直樹)
・アメリカ経済入門
・民主党の約束する99の政策で日本はどう変わるか
・株で勝つ(ピーター・リンチ) → 株をはじめるなら
・7つのメガトレンド(澤上篤人) → 投資家の目線
・不況の歩き方(佐藤昌弘) → 非常に役立ちます
・丸投げチームのつくり方(山地章夫)
・戦う自分をつくる13の成功戦略(ジョン・C・マクスウェル)
・金融無極化時代を乗り切れ(丹羽宇一郎) → こんないい本あるんです
・これは節税か脱税か(川田長雄)
・パーソナルマーケティング(本田直之)
・HOTPEPPERミラクルストーリー(平尾勇司)
・サバイバル時代の海外旅行術(高城剛) → 旅行好きに
・現代アートビジネス(小山登美夫)
・仕事学のすすめ(佐藤可志和、藤巻幸夫) → NHKで放映
・マイクレド(浜口隆則、村尾隆介) → 好きです
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-12-30 16:34 | レバレッジリーディング | Comments(0)

液晶テレビ導入

b0119493_13441685.jpg


とうとう我が家にも液晶テレビが入りました。

地デジが導入されてからずいぶんと経ちましたが
我が家のブラウン管テレビは今だ故障がなかったため
8年で交換です。
がんばったほうですね。

さて買った液晶テレビはほぼ半年近く悩みに悩んだ
末、三菱製のリアルにしました。

このリアル、あまりお店に置いてなかったりしますが
実は名機です。

液晶画面の美しさ、倍速液晶のなめらかさ、そして
ダイアトーンのスピーカー。

薄型液晶ならではのスピーカーの弱点を克服して
幅のある音響を聞かせてくれます。

画面は光沢液晶で、普通の液晶よりもクリアです。
黒がはっきりしていていいです。

初めてのハイビジョンを見た感想は、まさに「見てる」
感じです。

見てる、というのは、実物を見てるという意味。

エコポイント対象なので、数ヵ月後に商品券が送られて
くるのが楽しみです。結構金額大きいので。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-12-29 13:42 | ツール | Comments(2)

windows7導入

とうとうPCが限界となり、windows7機に交換しました。

簡単かと思いきや、実はけっこうややこしいです。
まずメールが違う。

windows7では、windows liveというメールが
ついてます。
いわゆるアウトルックエクスプレスの後継になるもの
なので、データ互換は問題ないです。

慣れが必要ですが、そんなに違和感はありません。

マシンはデル製で、ミニタワーモデルとしました。
CPUは新型CORE QUADプロセッサー。

やはり5年も6年もたつと、PCはだめですね。

ブルーレイドライブは迷いましたが、テレビ用のデッキ
を買う予定なのでパスして、DVDマルチにしました。

やはり早いスペックのマシンは快適でいいです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-12-29 13:36 | ツール | Comments(2)

watarium

外苑にあるワタリウム美術館
設計はイタリア人建築家マリオ・ボッタ氏。

b0119493_10232712.jpg


地下鉄外苑前を下車して、原宿方面に向かっていくと縞模様の
モダンな建築が目に留まります。

b0119493_10241790.jpg


建築に強い美術館で、よく建築家の展示や、イベントなども
開催されてます。

b0119493_10242934.jpg


一階は美術館受付と、ショップがあります。
on sundays というショップは、ポストカードから専門書籍
ステーショナリーを扱います。

新しい刺激を求めてるにはうってつけです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-12-22 10:27 | Comments(0)

サバイバル時代の海外旅行術

b0119493_2045241.jpg


サバイバル時代の海外旅行術」 高城 剛 (光文社新書)

海外旅行に興味のある方は必見の一冊です。

旅行ガイドといえば、本屋のコーナーに行って目に付く本って
決まってます。
でも、どれを見ても同じ内容で、現地に行っても新しい出会い
もないっていう経験したことある人多いと思います。

この本は映像クリエイターである高城さんのオリジナルな
旅行術が紹介されてます。

例えば、最安値の航空便が取れるサイト
skyscanner

海外現地情報を入手するには、
アメリカのCIAのサイト

英語が多いですが、非常に役立つ情報がいっぱいです。

現代の情報化社会ならではの、ネットを使った
情報を駆使して、いかに安く楽しい旅行をするか
といったテーマです。

ヨーロッパの旅行文化の変化や新しい料理と
盛りだくさんで楽しい本です。

実は個人的には、結構ネットにお世話になってます。
現地の鉄道の予約から、レンタカーの予約、
そして現地ブロガーとの情報交換など。

数年前では考えられないくらいです。

旅行に興味のある人お薦めします。
巻末の当りは、携帯できるグッズの紹介もあり
モノ好きにはたまらないです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-12-05 20:40 | レバレッジリーディング | Comments(2)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite