日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

北尾吉孝の経営道場

b0119493_03849.jpg


北尾さんの著作連続読みです。

北尾吉孝の経営道場」 北尾吉孝

前述の「何のために働くのか」を読んで以来、ぐっと近くなりました。
中国古典への造詣の深さ、経営哲学のすばらしさは群を抜いている
と思います。

さて、この本は読んで字のごとく、経営者向けの内容です。
経営トップとは、リーダーの資質を磨くには、強い組織をつくるには
など、具体的なアドバイスがあふれてます。

どことなく引用している書籍や本文からも想像していたんですが
やっぱりという言葉が。。。

「私は『知行合一』を経営の世界で実現しようとしています。
王陽明が言うように『知は行いが伴わなければ完全でなく、
行いは知が作用したものでなければ完全ではない、のです。」

ものすごい読書家なんですが、やはりそれだけではSBIグループ
をここまで大きくはできなかったはずです。

ソフトバンクの孫さんの下で働いていたときに、ネットを学び
独立し、ネット証券、銀行、投資会社を次々に設立してます。

ネットの拡大をもとに親和性の高い金融業をミックスして
顧客に高い利便性と低価格サービスを普及させました。

北尾さんはこれからはアジアに向けた積極的な策を
うっていくようです。

目が離せないですね。

経営リーダーの方に読んでもらいたい本です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-31 23:59 | レバレッジリーディング | Comments(0)

ポジティブシンキングの授業

b0119493_1556024.jpg


ポジティブシンキングの授業」 藤巻幸夫

やっぱりおもしろいです。藤巻ワールドとても好きです。

本屋に行って新刊が出ているのを発見、即買ってしまいました。
内容は藤巻流のビジネススタイルといったらいいでしょうか。

一期一会、人脈をどう広げ、活用するかですが、
以外と昔ながらの手法(例えば手紙とか、ちょっとした手品とか)を
使っていかに相手に入り込むかという部分とても人間らしくて好きです。

そしてセンスを高める術については、街歩きを好んでする理由、
第六感の磨き方など非常に勉強になります。

ビジネスを動かすにはやはりマネジメント。
藤巻流のリーダーシップ論はなるほどとうなづけます。
たとえば、部下と一緒に泣け、とか、背中を見せろ、とか
以外や以外、人を動かすのはやはり人情の部分かと思わせます。

服飾系の藤巻さんですが、ビジネスのカンをどう鍛えるのか、
ビジネスをどう動かすのか、日頃の行動手法について非常に勉強に
なる本です。

今年2月、エキュート品川(品川駅のエキナカ)の2階に
藤巻さんのショップがオープンしました。

その名も、レイルズ藤巻商店
旅×日本の技×デザインをテーマとしたコラボショップです。
藤巻ワールドを体験したい人はぜひ!
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-31 16:12 | レバレッジリーディング | Comments(0)

なんと

買い換えたと思ったら、GR進化してしまいました。(ショック!)

GRⅢ

正当進化したスペックで見所は、

レンズが開放F値2.4から1.9に。
手ぶれ補正のないGRにとって明るいレンズはそれだけで
撮影自由度が高まります。

使ってみないとわからないですが、高感度の新CCD。
ノイズが少ないと撮影シーンも選びません。

あと、オプションで非常に気になるのが
専用フラッシュ。

これまで外付けも付いたんですが、専用ということで
使い勝手の点で非常に楽しみです。

買い換えたばかりなので、2年後くらいですね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-30 16:26 | Comments(0)

b0119493_18444189.jpg

今日はすごい雨です。
国道は側溝から雨水があふれ、道路は川のよう。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-26 18:46 | Comments(1)

何のために働くのか

b0119493_13503881.jpg


ソフトバンクの北尾吉孝さんの著作です。

何のために働くのか」北尾吉孝

実はしばらく前に買っていたんですが、ずっと本棚に入れたまま
でした。

森信三さんの紹介がとてもよかったので、本人にも興味が
わいたからです。

さて、感想です。

非常に読んだ本とか捉えているポイントが自分に似ていて
共感を覚えました。

登場する先達は、
稲盛和夫、吉田松陰、佐藤一斉、松下幸之助、森信三
中村天風、孔子と蒼々たる面々です。

天風さんからの抜粋は最高です。

「人間出生、本来の使命は、宇宙創造の原則に即応して、
この世の中の進化と向上を実現するという使命をもって
生まれてきたのである。

この使命の遂行こそ働くという行為であり、人間本来の
面目というものである。

このような使命の遂行観に基づく自己実現の実感、
これこそが生き甲斐なのだ」

志については司馬遼太郎の「峠」からも抜粋されてます。

働くことの意味、仕事とは、生きるとはどういうことか、
北尾さんの哲学が書かれてあり、それは今の時代だから
こそ必要な部分だと思います。

心に残るのは、「仁」。

人が二人から生まれる思いやりの心。

決して利益ではなく、原理原則に則った商売が末永く
続けるこつである、といいます。

この本は、経営についての導入として非常にわかりやすく
簡便に書かれてありますのでいいかと思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-23 14:09 | レバレッジリーディング | Comments(2)

パブリックスペース考

b0119493_2152142.jpg


可児にある可児市文化創造センター
地域に根付いた公共施設の感があります。

建築と屋外空間のバランスもさる事ながら、施設の充実、
コンテンツの充実とあいまっていつも人で賑わってます。

非常にありがたいのは、一階にある雑誌コーナーに専門雑誌が
かなりあることです。建築系からデザイン、写真などいろいろ
あります。

b0119493_21523467.jpg


中庭の芝生の広場は管理も行き届いてて
いつも新鮮さを感じさせてくれます。

子供が楽しめるのはこの芝生広場と、親水広場、建物内にも遊戯室があります。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-20 21:57 | Comments(0)

THE CONRAN SHOP

b0119493_195781.jpg

名古屋のコンランショップもセールです。

いつも新しいライフスタイルが感じられる場所です。

近頃はアウトドアリビングに向けた商品が数多くなってます。
バーベキューグリルのいろんなデザイン、
透明感のあるガラスコップ。

いつもの生活がどことなくフレッシュに感じられて
喜びが感じられるのであれば、ほんのちょっとした
出費も惜しくない、そんな感じにさせます。

コンランショップ栄店では、一階がインテリア、二階が雑貨、カフェ
と分かれてます。

いつも一階はかなりライフスタイルを強調した
ディスプレイになってます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-19 20:01 | Comments(0)

最近のHPはすごい

b0119493_23142.jpg


最近のウェブはほんとに進んでます。
日に日に進化してて、技術はすごいなーって思います。

3(左側のINSTINCT)

メーカーの思いとか、情熱が伝わってくるようですね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-19 02:05 | Comments(0)

GRⅡモノクロ設定

b0119493_22265627.jpg


GRⅡにはモノクロの設定が豊富です。

デジイチではだいたい標準ですが、
コンパクトクラスでモノクロのカラー設定
あるのはめずらしいです。

設定はセピア、アカ、アオ、ミドリ、ムラサキの
カラーバリエーションと、濃さ、コントラスト、シャープネス
がそれぞれ強弱をつけられます。

今設定しているのはアオ。

濃さ -1
コントラスト +2
シャープネス -1

写真はこの設定です。

またいろいろ試してみます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-16 22:25 | Comments(4)

GRⅡにバージョンアップ

かねてより念願のGRがⅡになりました。
東京中野にあるフジヤカメラは常連なんですが、現行品で特価になっていて、
下取りと合わせると、25000円で新型に替えられました。

さて、新型のGRⅡのよくなった点は、

1,好みのセッティングの登録ができる
2,ワンタッチでモノクロ等に切り替えることができる
3,電子水準器が搭載されていてどこでもレベルがとれる
4,液晶モニターが大きくなった(品質も)
5,内蔵フラッシュが手動ポップアップになった
6,モノクロにバリエーションが増えた
などなど

と、使ってきた人にしかわからない?改良が施されてます。

んーん、うなるしかない感じです。

これからの表現の幅が広がるので練習、練習。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-07-15 16:21 | Comments(3)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite