日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぶれない経営

b0119493_0312087.jpg

ぶれない経営」 博報堂ブランドコンサルティング (ダイヤモンド社)

8人の経営者が登場します。
そして彼らがどのような想いで経営をしているかが
うかがい知ることができる本です。

登場する会社は、吉田カバン、ジャパネットたかた、
星野リゾート、フランフラン・・・・
いずれも、ブランドが確立された会社ばかりです。

テレビでおなじみのジャパネットたかたは、自前主義に
こだわります。自社でテレビスタジオを持っているのは
伝え手が社員だと、想いが伝わるからだそうです。
もうひとつの理由は、スピード。

今の時代スピードが命なので、外注で広告会社を使って
もやりとりに時間がかかるところが、自前のスタジオだと
すぐできます。

テレビショッピングという今でこそ古く感じる媒体ですが
ジャパネットは、そこに想いをのせているところに
魅力を感じます。

他の7人の経営者の方もそれぞれのこだわりがとても
おもしろく勉強になります。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-30 00:30 | Comments(0)

小さな会社のブランド戦略

b0119493_2343362.jpg

小さな会社のブランド戦略」 村尾隆介(PHP)

この本、かっこいいです。

何がかっこいいかっていうと、生き方が書かれてあるからです。

いわゆる会社のブランドに関する本なんですが、
内容は小さな会社がどう、経営資源が自然と集まる会社にし
戦わずしてお客様に喜んでもらい、かつ、自分を含めた
関わる人が幸せになるか、その手法が書かれています。

著者の村尾さんは、スターブランドというブランディング
コンサルティングの会社を経営しています。

サイトを見れば内容は充実してますので、さらに興味
がある方にはお薦めです。

内容にある、経営者の生き方が、その事業そのもの
といえるような強い使命感のもとで展開できたら最高です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-29 23:49 | Comments(0)

最近の注目作

b0119493_0481822.jpg

最近奮闘中なのは、レイ・クロック自伝

あの、ユニクロの柳井さんと、ソフトバンクの孫さんがバイブルとしている
と聞いたら、買わないわけにはいきません。

以前、柳井さんのお薦め本を読んだことあるんですが、かなり名著です。
その名も、プロフェッショナルマネージャー
柳井さんの若い頃のバイブルだとか。

いずれにしても、レイ・クロックって誰?

ということですが、マクドナルドの創設者なんです。
マクドナルドといえば、伝説の藤田田社長を思い出しますが、
その原点たるマクドナルドを作った人物です。

かなり長編で、腰をすえて、読みきります。

感想はまた後日・・・。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-28 00:55 | Comments(0)

アンパンマンミュージアム

b0119493_035697.jpg

これは見ての通り、アンパンマン。
実はここ横浜にあるアンパンマンミュージアムです。
子供連れでものすごい人気でした。

b0119493_0351575.jpg

10時オープンでしたが、少し前に行ってちょうどいいくらいで、
それでもだいたい100人くらい並んでたと思います。
行列になるのは、ミュージアム部分だけで、ショップは並ばなくても入れます。

b0119493_0352444.jpg

この中庭は無料部分でショップが並んでます。
特に人気は、ジャムおじさんのパン屋さん。
キャラクターパンを売っているのですが、一個300円なり。

アンパンマンのボックスのついたポップコーンは、
入れ物としても使えるのでおすすめ。1200円なり。

建物内は、見たり、写真を撮ったり、ボールで遊んだり、
ショーがあったりと、飽きさせない内容で、リピーターもいるようです。

うちの子といえば、

やはり大満足で、いつまでも遊んでいたいらしく、帰るのが大変でした・・・。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-28 00:46 | Comments(0)

まるで異星人

b0119493_0444391.jpg


愛知県犬山にあるモンキーパーク。
休みともなればものすごい人気の場所です。

映画マダカスカルで有名なワオキツネザル。
園内には、ワオキツネザルだけのゾーンがあって
間近に見られます。時には目の前のジャンプすることも
あってかなり楽しめます。

b0119493_018696.jpg


これは歩道の上空に渡りはしごがかけてあって
そこを猿が渡っていきます。
時間帯によっては、餌やりのショーが楽しめます。

b0119493_0182070.jpg


マントヒヒ。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-23 00:50 | Comments(3)

ヤノベケンジ展

b0119493_20595673.jpg

ヤノベケンジ展です。

b0119493_210868.jpg

会場は、豊田市美術館。とても好きな場所です。
モダンな建築と、ランドスケープの秀逸さはいつ来ても新鮮です。

b0119493_20584866.jpg

階段部分の空間。
白の空間はいつも凛としてて、身が引き締まります。

b0119493_2102939.jpg

ヤノベケンジは、サバイバルをテーマにロボット作品を数多く制作してます。
大型ロボット作品もあります。

b0119493_2104580.jpg

これは人間が生き残るための装備。
放射能をなんでも検知するとか。

この展示のメインは、巨大な放電設備を伴う作品です。
電磁波を使った稲妻を発生させて、見せます。
雷の音というよりは、実験施設にいるような錯覚をしてしまうほど、
轟音でした。

アートとしては、まだまだよく知らないので、
ただどこか懐かしさの残る感性を持っていると思いました。

紙芝居やスケッチ、見慣れた人形、たぶん人が親しみを感じられる
物を通して伝えたいという部分が見えました。

今ちょうど、美術館の庭ではサクラが満開です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-12 21:02 | Comments(2)

・・ルート

b0119493_1122553.jpg

最近電車の中で見かける豊川悦治の広告。

転職業というもの。

写真がなんともすばらしい。
真剣に、しかも自分だけを見つめているかのようなまなざし。

現代社会は転職率が高くなっています。
特に若年層。

人材流動化は、ある意味正常なのかもしれません。

でも、一方で転職を薦めることは、自分を過信し、
妄想させる面もあります。

自分の能力って実はもっとあって、
それが生かされない今の会社が悪いんだ的な感じ。

一番の転職方法は、今いるところで、ベストを尽くし
業績を上げること。

やっぱりそれしかありません。

苦しいとき、ふと、そんな気持ちがよぎることがあります。

あの広告を見ると、そんな隙間に忍び込んでくる
感じです。

よくできた広告です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-04-09 01:19 | Comments(2)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite