日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

U2最新アルバム発売

b0119493_2233558.jpg

U2最新アルバムの発売です。

NO LINE ON THE HORIZON

アルバムの表紙を見ると・・・

ひょっ、ひょっとして・・・

と中のジャケットの裏面を見てみると

現代日本写真家である、杉本博司さんの写真でした。

んーさすがに、世界の杉本を分かってくれるんだと
ちょっとうれしい気分。

曲はというと、今回はスローなテンポが若干多いような感じです。

でも、メロディーはきれいだし、やっぱり好きです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-25 22:06 | music | Comments(2)

多度大社 禊体験

b0119493_2164181.jpg

三重県にある多度大社に禊に行きました。
研修塾の行事としての参加です。

目的は禊(みそぎ)。
もちろん、はじめての体験です・・・

禊とは神道で行う身を清めることなのですが、
やり方もいろいろです。
滝に打たれたり、川に入ったり。

今回は滝に打たれる予定でしたが、前日までの雨で
滝の水量も多いため、急遽川に入ることになりました。

川自体は渓谷のいわゆる自然プールに使われる場所で
更衣室もあります。

座ると肩まで浸かれるポイントまでいきます。

服装は、ふんどしです。生まれてはじめて。
そして白い靴下。
人によっては足袋の人もいます。

そしていよいよ川に入ります。

もう体は硬直状態です。

ううーー。

そして掛け声を勢いよく発しました。

終わってみるとあっという間です。

いつの間にか体が熱くなってて、
しばらくはぴりぴりとしてました。

個人的には、またいつかしてみたいと
思いました。

なぜかというと、あまりに一瞬で考えられ
なかったからです。

そういうものかもしれませんね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-21 21:44 | Comments(2)

スーパーメモ術

b0119493_0571721.jpg

「仕事力がぐんぐん伸びるスーパーメモ術」(知的生産研究会)

実はこの手のメモ活用本でたくさん出版されています。
この本もメモ本の集大成のような参考文献が載ってます。

内容ですが、いくつか使える技がありました。
たとえば思考のフレームワーク向きのガピーンノート。
聞いているだけだと、なんだかわからない名前ですが、これは選択に迷った
場合に使えるものです。

全体としては、メモをとるに当っての技、書き方のコツ、保存法がメインで
あとは、活用法です。

文庫本ですが、対価は十分ですね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-17 01:04 | Comments(0)

プレジデント2009.2.2号

b0119493_2113825.jpg

プレジデントの最新刊、かなりいいです。

題名は「勝ち残る人が読む本 落ちる人の本」とあります。

なんと厳選600冊。

本は世界観を広げるには最適です。
なかなか知り合いになれない人のお薦め本を知ることは
レバレッジがかかった学びとなります。

今回の一番は、ローソン社長の新浪さんです。
何人かの方がテーマごとにお薦め本を紹介しているのですが
新浪さんは、企業経営です。

ちなみに全然知らない方のお薦めだと少し考えてしまうのですが
今回は自分が読んだ本もリストに入っていたので、
すんなり入ってしまいました。

二冊読んでみて、これは!

という気付きが得られました。

アエラにて、新浪さんの連載が始まるとの情報もあるので
意識してみようかと思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-15 21:01 | レバレッジリーディング | Comments(0)

キーワードマーケティングセミナー参加

b0119493_23352059.jpg

ようやく行けました。

キーワードマーケティングの滝井さんのセミナーです。

滝井さんのキーワード検索の見方は非常に勉強になります。
自分の世界からすると、まるで別世界ですね。

今回のテーマは、2009年検索エンジンビジネス、と題し
今後の動向について講演されました。

グーグルの裏事情、キーワード広告のトレンド、不況に強いビジネス
大手の広告戦略の動きとチャンスなど内容は盛りだくさんで
満足度大です。

滝井さんのセミナーは東京が主体なので、出張でもないと
なかなか参加できません。

ビジネスにすごく役立つので、また参加してみたいです。

ちなみに、このセミナーでは懇親会もあるんですが、
また人も面白い人とも出会えますし、これも滝井さんの
カラーです。
ありがとうございました。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-13 23:42 | レバレッジリーディング | Comments(0)

可児市文化創造センター

b0119493_21182091.jpg

可児市にある芸術文化創造センターという公共施設です。
設計は香山壽夫建築研究所。

b0119493_21183068.jpg

内部は映像やアート関連のコーナーもあり、一日ゆったりと過ごすこともでき
ます。基本的にはホールを主体としたコンサートやイベントで使われます。

b0119493_2118485.jpg

光をうまく取り込んだ空間構成が目をひきます。

b0119493_21191765.jpg

裏口への通路部へのトップライト。
暗がりを裂くような光です。

いつも人が多く、ここまで使われていると公共施設の価値はほんと高まります。
真の建築とは場に根付き、人や文化の未来を生み出すことかもしれません。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-08 21:28 | Comments(0)

留魂録

b0119493_11122390.jpg

吉田松陰の留魂録です。
最近は幕末の志士に非常に興味があっていろいろ読んでます。
特にその時代の生き方ですね。

内容ですが、吉田松陰が30歳にして処刑される前日に書いた仲間に
向けた遺書になってます。

内容としては非常に深く、かみしめながら読まないと内容は理解に
苦しむところもあります。

吉田松陰は、処刑を前にして、死とは何か、を真剣に考えました。

穀物に収穫の四季があるように、人間にも四季があるとします。
つまり人間には命をコントロールすることはできなくて、
むしろ天命にゆだねられていると。

死ぬときに、自分の志や思想が他の人に伝わり、なんらかの芽が
出たのなら、自分の死は収穫を迎えたのだと悟りました。

肉体は滅びても、志の高さ、圧倒的な行動力で生きたその生き様
はいつまでも人の心に刻みつけられ、そして時代を越えて
愛され、いき続けることができるのだと思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-08 11:17 | Comments(0)

本福寺水御堂

b0119493_1105094.jpg

淡路島にある安藤作品「本福寺水御堂」。
園路を歩いていくと、巨大なコンクリートの壁面と対峙します。

b0119493_1155389.jpg

ぐるりと回りこむと、円形上の通路が現れます。

b0119493_116247.jpg

円形の蓮池と、その真ん中を裂くような一本の階段があります。
実はお堂がこの蓮池の下にあるんです。

b0119493_112923.jpg

階段下からの眺め。
まるでジェームズ・タレルの作品のようですね。

b0119493_1122219.jpg

堂内は朱色に彩色されていて、西日の落ちる夕刻ともなれば、
光背のように堂内が光に満ち溢れる仕掛けです。
感動的な建築こそ安藤さんの真骨頂ですね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-08 11:10 | Comments(1)

淡路夢舞台

b0119493_23175497.jpg

ここは言わずと知れた安藤忠雄の作品。淡路夢舞台。
今回は二度目です。

b0119493_23181957.jpg

建物全面にある池と噴水。
実は池の底は本物のホタテの貝殻を一枚一枚張ってあるんです。
海を目の前にした立地への配慮ですね。

b0119493_23193471.jpg

時間とともに、深みを増す安藤建築。
コンクリートは光と影を見るものに与え、時間と空間に結び付けます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-05 23:23 | Comments(5)

レバレッジマネジメント

b0119493_1162155.jpg

本田さん待望の最新刊「レバレッジマネジメント」

レバレッジシリーズの集大成ともいえる感です。

一貫したレバレッジの考え方が会社経営という
複雑で領域の広い分野に渡って展開していきます。

構成は
一章 経営者のレバレッジ
二章 戦略のレバレッジ
三章 営業のレバレッジ
四章 ブランドのレバレッジ
五章 仕組み化のレバレッジ
六章 組織のレバレッジ

経営者では、経営者の判断を決めるための
手法やスキルアップの手法など。

戦略では、どう会社を方向づけ成長させて
いくかという考え方など。

営業では、効率化を図るための戦略的な
営業開拓の手法やメディア戦略など。

ブランドでは、人を集めるブランド戦略について。

仕組み化では、仕組み化の意味と原則。

組織では、組織力を高める報酬や会議手法など。

経営という広い分野をレバレッジでまとめており、
とてもすっきりしてわかりやすい内容です。

今までレバレッジシリーズは読んだけど、じゃー
仕事ではどう生かすの?
という質問に答えてくれる本かもしれませんね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-02-04 11:07 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite