日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

志高く 孫正義正伝

b0119493_175334.jpg

「志高く 孫正義正伝」(井上篤夫)

みなさんおわかりのようにあのソフトバンクの孫さんです。
これまでのいくつか本がありますが、今だ自伝は書かれた
ことはないそうです。
今回もまた自伝ではなく、第三者が詳細に調査して書い
たものです。

内容はほんとにおもしろくて、一気に読んでしまいました。
時々テレビで見る孫さんの思いや行動力が伝わります。

簡単に。

在日韓国人として生まれ、貧しい家庭に育った孫は、差別を受ける
傍ら、高校時代にアメリカに語学研修した時、アメリカの自由な風土
に感化されます。

アメリカから戻ると、自分が認められるのは、アメリカで結果を出すこと
だと決心し、単身アメリカに渡り、高校に編入します。
猛勉強し、入った年に、すぐ3年生に飛び級し、大学検定に合格。
ノーベル賞を数多く排出するカリフォルニア大学バークレー校に入学。

マクドナルド藤田田社長の言葉もあって、自然とコンピューターの世界
に入っていきます。ゲームからソフト、そしてブロードバンドへとデジタル情報
革命を起こすべく行動します。

そう、今のソフトバンクBBだったり、携帯への参入と思い切った行動が
多いですよね。

弟に教えたこと
「橋を渡ると決めたらダンプカーで進む」

そしてビル・ゲイツからは
「君は勝負師だ。僕と同じくらい」

目指したこと:「デジタル情報革命」
        ライフスタイルを変えたい
        社会のインフラを進化させたい
        社会の枠組みを変えたい

経営者として重要なこと
        1,志と理念
        2,ビジョン
        3,戦略

影響を受けた人:坂本龍馬「この世に生を受けしは、事を成すにあり」
          人生は長さではない、いかに燃焼して生きたかどうかに
          価値がある。大きな天の運命に身をゆだねることが
          大切なのだ。

肝炎を患った時に学んだこと 
         1,家族の愛
         2,一日一日が贈り物である
         3,人のために喜んでもらえる仕事がしたい
         ※病床にいる間、あらゆる分野の3000冊以上の本を読破。

24才の時の決意:
         1,10年以内に日本でトップになる
         2,売上高5年で100億
         3,10年で500億

現在52才(決意から28年後) 
連結売上高 1兆3、289億円 営業利益1,800億円。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-01-17 01:08 | Comments(2)

幻の安土城

b0119493_1271017.jpg

ここは幻の安土城天守。
滋賀県に安土に信長の館として復元展示されています。
b0119493_1272788.jpg

1579年世界最初の木造高層建築で広く世界に知られました。
b0119493_1273869.jpg

天道思想が表現された建築や美術は豪華絢爛です。
天守床面は漆塗、壁画は狩野一派に書かせたそうです。

新しい時代の象徴としての建築や都市の姿は、夢を与えます。

大前研一さんも、日本の新しい時代は新しい都市が必要だと言っています。
今でいけば、黒川紀章でいうところの環境共生的な都市なのかもしれません。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-01-12 12:15 | Comments(2)

うちの社長はなぜ「ああ」なのか(石原 明著)

うちの社長は、なぜ「ああ」なのかうちの社長は、なぜ「ああ」なのか
石原 明

サンマーク出版 2008-12-16


尊敬する石原明さんの新刊が出ました。

その名も  うちの社長はなぜ「ああ」なのか

なんか気になりますよね。

内容ですが、経営コンサルタント石原明さんの見た中小企業の経営者
の性格という切り口でみた経営者の陥りやすい状況についてです。

「経営者」を「性格」で切る、という型破りさは、さすが石原さんです。

経営者のタイプ
1、他者不信型
2、振り回され型
3、目先没頭型
4、振り回し型
5、リスク回避型

という5つの分類です。

読まれた方で、社員の方はあーうちの社長だー、と思うでしょうし、
社長であれば、あーこれ俺だ、と思う人が多いと思います。

自分を振り返ってみたい人、組織について疑問に思っている人
に最適です。

文章はとても読みやすくさーっと読めてしまいます。
そして読む中で石原さんのコンサル風景が、そして石原流経営哲学
を垣間見ることのできる本です。

そう石原さんといえば、「組織化」の重要性です。
爽快な読み応えがあります。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-01-07 23:34 | レバレッジリーディング | Comments(0)

明けましておめでとう。

b0119493_029867.jpg

2009年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

休み中はインフルエンザに明け暮れてました・・・

何冊か本を読もうと思ってましたが、がんばって3冊です。

最近話題になった本を中心にセレクトしましたが、
一冊は野村監督の「野村再生工場」、そして阪神金本の「覚悟のすすめ」。

野村監督の本は、これは完璧にマネジメントの本です。
いかにして弱者が勝つか、どう組織を作るのかといった内容ですが、
これがとてもおもしろい。一流の経営書といっても過言ではありません。

一方の連続出場の記録を出し続ける金本。
体力も腕もよくはなかった彼がどう一流になりえたのか。
野村監督と合い通じる部分もありますが、こちらのメインは人生哲学に
近い内容です。
ただ一流になるための心構えはとても参考になります。

残りの一冊はまた後日。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-01-05 00:34 | Comments(2)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite