日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

インドネシア その2(ST REGIS)

b0119493_2346567.jpg

これはバリのヌサドゥアという地域にあるリゾートホテル「ST REGIS」です。
最低が750ドルからというのでかなり高級です。
ブルガリリゾートをしのぐといううわさです。写真はヴィラタイプの居間。調度品も質が違います。

b0119493_2347855.jpg

バスルームも広さが違います。そして洗面もダブル仕様です。

b0119493_23472256.jpg

寝室から出るとデッキ空間になっていてゆったりくつろげます。

b0119493_23473555.jpg

ラグーンと称するプールがヴィラの背後にあります。
ヴィラにはプライベートプールがそれぞれついていて、そのままパブリックのプールにつながっています。優雅ですね。

b0119493_23474749.jpg

デザインの質も高く、プールに使われているタイルの色の濃さもあいまって深遠な雰囲気をかもし出してます。

b0119493_2348013.jpg

壇上にある四角い箱は、休憩するための小屋のようなものです。
日よけカーテンを閉じればプライベート空間となり安心してくつろげます。
この先は、砂浜を介してプライベートビーチにつながります。

いつかこんなホテルに泊まりたいですね。
ちなみに、紹介した部屋は1泊14万円なり。
なぜ入れたかというと、今年の9月にオープンしたばかりで日本人の担当者が案内してくれたからです。ホテルにもよるのですが、金額だけあってサービスは最高でした。

バリ情報サイト発見しました。こちら
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-25 23:56 | Comments(4)

インドネシア その1

b0119493_23261242.jpg

仕事でインドネシアに行きました。今回はスラバヤとバリ。
直行便もありますが、今回は香港経由で入りました。
香港国際空港は建物も新しく近代的です。

b0119493_23262374.jpg

はじめてのバリ。やはり暑く気温は30度近かったでしょうか。
この時期でも半そでで十分な気候です。
デンパサール国際空港にて降りた直後、雲間からの光が神々しかったので思わず
シャッターを切りました。

b0119493_23263084.jpg

バリ島の有名なクタビーチ。
ホテルから至近だったので、朝早くおきて散歩しました。
犬を連れて散歩する人、ウォーキングする人、ランニングする人いろいろです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-25 23:33 | Comments(0)

あなたの会社が90日で儲かる!

b0119493_22322862.jpg

あなたの会社が90日で儲かる」 神田昌典 (フォレスト出版)

副題は、感情マーケティングでお客をつかむ、とあります。

んーこの題名って、読めば読むほど怪しいですよね。
本の表紙の色なんて、パッションピンク!

大きな文字と目立つ表紙の色。
お分かりですね。

そうこれが感情マーケティングの一端なのです。

いわゆるビジネス書でマーケティング。となれば、落ち着いた表紙とデザイン。
ところがこの本はその期待を裏切ります。

こんな色をしてほんとに大丈夫?と首を傾げたくなります。

内容ですが、感情を切り口としたマーケティング手法です。
神田さんの最近の出版でコピーライティングというコピーの本が
あるんですが、その実践という見方もできます。

また目先の客ではなく、顧客づくりのステップ方式はなるほどという感じです。
見込み客をエスカレーターにのせる、という表現は素敵です。

内容は読みやすく、すぐ読めてしまいますが、内容は深く、心理学に基いて
いるので非常に使える本です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-09 22:40 | レバレッジリーディング | Comments(0)

レバレッジメモ

b0119493_23463794.jpg

レバレッジリーディングを実践していくと、かなりの多読ゆえの悩みが出ます。

それは、読んだ本をどうまとめてストックしたり活用してくか。

本田さんは、読みながら重要な箇所にはラインを引き、後日メモに写し、移動中にも読めるようにして細切れ時間の活用をすすめています。

私の場合は、本を読む→ライン引き→読みだめ分を一気にワードで転記→レバレッジファイルへの綴じ込み。

そして再度ペンを持ちながら重要箇所をチェックして頭に入れる。

と、ここまではいいものの、時系列で管理してました。

自分のストックとして考えると、いわゆる時系列的な管理はあまり重要ではなく、あくまで必要とした時にすぐ出せる棚のように管理すべきだと思います。

そこで、各メモを大くくりの見出しをつけ(文章術、交渉術、管理術・・・)そこにファイリングしていくのです。

こうすれば自分がどこに一番興味をもって本を読んでいるかもわかりますよね。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-07 23:59 | Comments(0)

文章読本

b0119493_19321811.jpg

「文章読本」 谷崎潤一郎 (中公文庫)

この本は文章を書く日本人に読んで欲しいと思います。

谷崎潤一郎は私の好きな作家です。
特にこのブログの題名に一部使わせていただいた「陰影礼讃」はいいです。
日本の美を見つめる視線には脱帽です。

ところでこの本の目的は「われわれ日本人が日本語の文章を書く心得」と谷崎は言います。

谷崎の視点は外来の文化によって変化していく日本語の姿を捉えていて、英語が日本語に翻訳され、その独特の文体が日本語そのものへ影響しているといいます。

日本語の特徴といえば、主格が必ずしも必要でない(たとえば「私」「僕」とか)。
そして言葉の数が少ないこと。(なので読み手に想像力を使うことを要求する)

英語が翻訳されたとき、そのままの文法で翻訳されます。
そのため日本語であって日本語らしくない文体が普及することになるのです。

文章には行間とか、間隙といったものが存在し、だからこそイメージが膨らみ本が文章を超えてメッセージを発信し、読み手と一体となる世界ができるのでしょう。

谷崎の文章に対する思想を抜粋。

「口で話すほうは、その場で感動させることを主眼としますが、文章のほうは、なるたけその感銘が長く記憶されるように書きます。」

また文章を書くこつとして、文章の音楽的効果(読む言葉の美しさ)や視覚的効果(漢字やひらがなの組み合わせ)についても言及していることに奥深さを感じずにはいられません。

読者が読みながら、その文章の音と文字の美しさを感じながら、言葉に音を聴き、言葉に景色を見、感動できたら最高ですね。

(写真は公園の紅葉。奥のほうだけうっすらと紅葉しているのもいいですね。)
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-03 19:45 | レバレッジリーディング | Comments(0)

読書進化論

b0119493_19181196.jpg

「読書進化論」 勝間和代(小学館101新書)

副題は「人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか。」

読書家勝間さんの心意気の感じられる本です。
本を通してどう自分を変化させていくか、いくことができるか
勝間さんの考え方に共感を持ちます。

単なる読書ではなく、あくまで「活用」する読書なんですね。

最近の読書本は読書をひとつの投資であるという見方です。

本を読む人と読まない人の違いって時々なんだろうって思います。
ある人はたくさん、ある人はまったく読まない。
本を読む人からすると、何で読まないんだろうーって思います。

たぶんですが、「本と出会った人」とそうでない人ではないかと
思います。

自分の人生を劇的に変えてくれたという経験を持っているかどうか。
より豊かな人生のために、より多くの人に出会ってほしいと
思います。

(写真は公園の湖。なんとなく太古の雰囲気ありますね)
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-02 19:26 | レバレッジリーディング | Comments(0)

政治の中心へ

b0119493_19163343.jpg

地元の代議士を訪ねて衆議院会館まで行ってきました。

といっても、いまや大臣となられたので、お会いできるのは
秘書の方です。

議員会館はいわゆる議員の執務室。
通常は事務員と秘書数名が常駐しています。

議員会館は地下鉄を降りてから、ものものしい警官の数です。

建物に入ると、すぐ面会申請書に記入します。
そして電話で確認をとり、了解をもらってから入ります。

入ってすぐ手荷物検査と金属探知機のゲートをくぐります。

あとはエレベーターで希望の部屋に向かいます。

ちなみに、執務室はいたってシンプルで、豪華な設備もなく
質素です。なんとなく贅沢をしているようなイメージがテレビ
からは伝わるようですが、現実はこんな感じです。

国政の中心地とあって見学する人、観光する人、はたまた
横断幕をかかげ議員に訴える団体ありといった感じでした。

(写真はプラタナス。独特の樹肌と葉の形状ですね)
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-01 10:17 | Comments(0)

kamiya bakery

b0119493_159918.jpg

kamiya bakery は名古屋にあるパン屋さんです。

いわゆる、こだわり、のパン屋さん。

今までは名古屋大学の近くで営業していたのですが、
この秋移転オープンの予定です。

ここのパン、ほんと特別なんです。
何が特別かって、おいしさが違います。

やさしい店主のおいしいパン屋。
オープンが待ち遠しいです。

11月7日から
kamiya bakery

(写真は名古屋にあるノリタケの森)
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-01 01:57 | ショップ | Comments(0)

TOKYO DESIGNERS WEEK 2008

b0119493_0215659.jpg

いきたくてもなかなかタイミングが合わず、ようやく参加できました。

東京デザイナーズウィークというアートのイベントです。
ジュエリーから服飾、アート、インテリアまで幅広く展示されます。

単なる展示会ではなく、プロ向けの商談なんかもされるんです。
ということはビジネスの場なんですね。

会場はいちょう並木の神宮外苑です。
今はまだ紅葉がはじまってなかったですが、もうそろそろ見ごろですね。

アーティストの突き抜けていくそのクリエイティブさが非常に面白かったです。
これでこそアート!って感じですね。

東京デザイナーズウィーク2008
会期は、2008年10月30日~11月3日

(写真は神宮外苑のメイン会場風景)
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-11-01 00:28 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite