日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ジェットストリーム多機能ペン

b0119493_0162641.jpg

最近実はこのジェットストリームって、うけているんです。(ちなみに本田直之氏絶賛)

何が、というと、その書き味です。

ジェットストリーム多機能ペン 赤、黒ボールペン+シャープ (三菱鉛筆) ¥525

普通のボールペンは筆圧をある程度かけないと(気持ち押し付ける感じ)、しっかりと書けません。筆圧不足だと、インクがまだらにでたり、薄かったりします。

このジェットストリームは、この筆圧の感覚が違うのです。

「すぅーっと」出る感じなんです。

だから、押し付ける力もほとんど気にしなくても十分です。

もともとジェットストリームは単独のボールペンだったのですが、待望の(特に私にとって)シャープの付いた多機能タイプが出ました。

普段はロットリング社(最近パーカーに買収されたとか)の多機能ペンを使っていたのですが、外に行くことが多く、落としたりすることや、胸に挿したときの重さが気になっていたので、ちょうどばっちりです。

価格も手ごろですし、普段使いにはぴったりのペンです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-28 00:24 | ツール | Comments(0)

言志四録

b0119493_2140455.jpg

言志四録」 佐藤一斉(PHP)

題名からするとかなり重いイメージです。

実は、この本は西郷隆盛がバイブルにしていたという本です。
知る人ぞ知る日本のリーダーのためのバイブルといえる内容です。

この著者は、実は私の住む町からもほど近いところなんです。

恵那市の岩村に岩村藩があり、その家老の次男として江戸藩邸で生まれた
方です。
学問に秀でていて、三十四歳で林家の塾長に抜擢される人物だったそうです。

最終的には今でいう東大の学長までのぼりつめました。

佐藤一斉の流れには、佐久間象山、勝海舟、高杉晋作、山田方谷、河井継之助
など維新の志士に好まれたことがわかります。

さて内容ですが、深くそして広いので、ここでは書きつくせません。

「志」とは何か、人が生きるとは、人間の本質に触れる内容です。

すばらしい、の一言。

何冊か読みましたが、一番いいのはPHP刊です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-26 21:38 | レバレッジリーディング | Comments(0)

小さな会社のメルマガ営業術

b0119493_23515956.jpg

メルマガの活用についての本です。

小さな会社のメルマガ営業術」 平野友朗(日本実業出版社)

メルマガの活用については、見込み客の集客からファンをフォロー育成し、将来的に売上を作る名簿を作成していくことがすべてといってもいいと思います。

販売戦略上もメルマガを活用することは様々なメリットが出てきます。

以下本文より
1、システム利用コストがゼロ
2、商品の販売促進ができる
3、書き直しが自由にできる
4、テストマーケティングできる
5、営業先を開拓できる
6、読者を会員化できる
7、顧客を育成、教育できる
8、ファンを作りだせる
9、一度集めたリストは何度でもアプローチができる
10、個人or会社をブランド化できる
11、ニュースレターの代わりになる
12、出版に結びつけることができる

この実践テクニックがちりばめられています。
すぐにでも活用できることも多々ありますので、
いくつか実践してみたいと思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-21 23:59 | レバレッジリーディング | Comments(2)

人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ張

b0119493_0283018.jpg

「人には教えたくない儲けのネタ帳」 岩波貴士 (青春文庫)

軽いですが、おもしろいです。
ビジネスマンでも、主婦でも楽しめる内容がとてもいいです。

人間の心理を利用した販売のテクニックや、見込み客の集客方法、
お客に知られないで実質的な値上げをする方法などの売上面が第一部。

続いて営業トークでのさりげない相手への気遣いの言葉のテクニックの
第二部。

売上を劇的に変えるキャッチフレーズの第三部。

他にお徳ネタがいろいろですが、切り口がおもしろいのでビジネスのヒント
になります。

紹介されたお薦めサイト
WEBCAT PLUS
これは本の曖昧検索ができます。内容と著者名の一部しかわからない、といった時に使えます。使ってみるとこれは、かなりいけます。

地図ガキ
これはネット地図に手書きや文字、図形などを入れて印刷できます。
操作感がいけてます。笑えるかも。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-18 00:44 | レバレッジリーディング | Comments(0)

夏の日

b0119493_23463040.jpg

b0119493_23464432.jpg

b0119493_23465410.jpg

b0119493_23471988.jpg

家族で小旅行に行ってきました。
ガソリンが高いので、ご他聞にもれず近場です。

夏の日差しは強く、空の青味も強い。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-16 23:48 | Comments(0)

ポジティブイングリッシュのすすめ

b0119493_22392211.jpg

本田さんのお薦めです。

ポジティブイングリッシュのすすめ」 木村和実 (朝日新書)

この本は単に英語のコミュニケーション力をアップしようというより、
英語そのものの背景にあるコミュニケーション文化についての本です。

アメリカ人と話すとなぜか、エクセレント!とか、グレイト!とか、ナイス!
とか連発します。
また自分のことについて話すと、ひとつひとつこのような驚嘆をします。

日本では文化的に相手の意を汲むという作業をしますので、あまり口では表現
しないことのほうがやっぱり多いです。

人間として褒められた時どう思うか、やっぱり気分がいい。
その気分の良さは、相手への印象が良くなることにつながり、ポジティブな
会話へと繋がります。

木村さんは、ほめるは、会話の潤滑油だといいます。
話しのきっかけをつくり、堅苦しさや緊張をほぐすことにつながります。

ほめられた人は、自分にはいいものがある、自分はそれなりに大切な存在だと
思うことができ、それが自信を高めてくれます、とも。

私見では、異なる人種の中で生きている国ではお互いのバックボーンも違い
あうんの呼吸や、意を汲むといったことができず、お互いのいい部分を会話の中に
持ち出すことで、コミュニケーションを成立させていると思います。
もちろんすべてではありませんが。

ただ、お互いが心地よく暮らしていくための、智恵があると思います。

著者である木村さんの英語コミュニケーション五つの心構えがとてもいいので
列挙します。

1、カッコよく英語を話そうと思わない
2、間違いのない英語を話そうと思わない
3、和文英訳してから話そうと思わない。自分の言いたいことを映像でイメージしよう
4、頭の中の日本語のレベルを、もっとやさしいレベルに落としてそれを英語で伝えよう
5、日頃から、ニュースを聞いたり新聞を読んだりして、話題を提供できるように、
  かつ出された話題についていけるようにしよう

参考にしていきたいと思います。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-11 22:59 | レバレッジ英語勉強法 | Comments(2)

パブリックサイン

b0119493_21521072.jpg

先日とあるセミナーで非常口の緑のマークをデザインしたことで有名な多摩美の太田幸夫先生とお話することができました。

あの非常口の人が逃げるマークは実はドラマがあるんです。
かつては、日本では出口と漢字で表現していました。同様に海外でも英語でEXITとあったり四角で囲んで、ある一方だけラインを消して出口方向を示したりいろいろでした。

そんな中で世界でサインを統一する動きとなりました。
万国共通のサインは誰の目にもわかりやすく、文字なしでも伝わることが要求されます。

人が建物から逃げる時の、内の暗さと、外の明るさを、人のシルエットを使うことで表現しています。また、人の足からの影がその理解を助けています。

各国からいろいろなデザイン案が示されましたが、日本を代表する太田先生の案が最終的に採用され、JIS化されました。

現代のように、多文化の混合する世の中では、ぱっと見て誰もがわかる、文字がなくても伝わるデザインのコミュニケーションは非常に重要になってくると思います。

誰もが快適に暮らす、そんな力がデザインにはこめられています。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-10 22:10 | 勉強会 | Comments(0)

脳を活かす勉強法

b0119493_23353148.jpg

脳で有名な茂木さんの著作です。

脳を活かす勉強法」 茂木健一郎 (PHP)

人間の脳には、喜びを感じると、繰り返したくなるという性質を持っているそうです。
いわゆるドーパミン。

人間のモチベーションは、好きなことや、褒められたこと、認められたといったポジティブ
なものからしか生まれません。
この点から褒めて伸ばすという発想は脳の性質にあった正しい教育法であるといいます。

本田直之さんの細切れ時間活用法にも通じることが茂木さんもお薦めしています。

それは、1分でも2分でも、トイレに入った時間でも細切れ時間を使って勉強することで、
脳が鍛えられるということです。時間のない現代ではこういった細かな時間を有効活用す
ることで大きな差になるのでしょう。

脳に刺激を与え続けるってことは、大切ですね。

私も、移動中(車も電車も徒歩も)はできるだけ、ミュージックプレーヤーに英会話とか
ビジネス系の教材を入れて聞くようにしています。
こうすると、手がふさがっていても、耳だけですから、かなり細切れ時間を活用できます。

脳が心地よくなる適度な刺激と学ぶ快感をいかに作りだすかによって、脳の活用度は
まったく変わってしまうのでしょう。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-06 00:51 | レバレッジリーディング | Comments(0)

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣

b0119493_19533767.jpg
b0119493_1954342.jpg

夏といえば、やっぱり花火。
下の写真はなんだか星雲のようにも見えます。不思議ですね。

ファイナンスといっても、実はいろいろあります。
実は、というより、知らないことが多かったとも言えます。

銀行に預金を預ける普通預金、定期預金、外貨預金、外貨定期
国債や投信信託、MMFなどなど。

これらとは別の位置づけでありながらも、実は利回りという発想では同一である
「不動産投資」についての著作です。

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣 藤山勇司 著(PHP文庫)

自身も大家さんである経験を通した「大家さん業」のいろはが書かれています。

面白かったポイントです。

・不動産業社は、営業効率をあげるために、賃貸物件を取り繕うので注意が必要。
・新築物件は買った途端に中古で、価値が下がる。これは不動産業社によって常識化された。
・安く買うには競売も視野に入れる。
・賃貸物件を最初に自己資金で買って、その不動産に担保をつけ、銀行から融資を受け、その資金で新たな物件を取得し、また賃貸にする。これを繰り返すと自己増殖できる。
・プロの大家さんの合格ラインは、利回り15%。

よく「利回り」といいますが、不動産の場合は、単純にある不動産への投資金額(たとえば
1000万円のワンルームを買って、年間72万円(月6万円)の賃貸収入があることを
7.2%の表面利回りがある、といいます。
表面という意味は、実際所有することによる経費(税金その他)や維持するための経費(メンテなど)を差し引いたものを実質利回りということを分けるためです。

大家業も基本は安く仕入れて高く貸す(安く貸すことも、空室率を下げることに効果的)ことを考えると、株とか投資信託の発想と似ているといえます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-03 20:27 | レバレッジファイナンス | Comments(2)

skype英会話第二章

b0119493_0241699.jpg

本田さんのお薦めもあり、スカイプ英会話第二章へと続いていきます。

実はこれまでは、テキスト主体の授業でした。
最初の10分程度は、日常の出来事や関心事をテーマにフリートークだったのですが、
この当りからは、より専門化していく方向にしていきます。

そしてまず始めたこと。

仕事で使うオーストラリアのガーデニングデザインの雑誌を利用して、それをテーマに
フリートークを進めます。

昨日と今日はたまたま連続して授業があったのですが、準備としてわからない単語が
ないようすべて辞書でひき内容を理解します。

そして、フリートークでまず、雑誌記事の中のあるセンテンスを使用して、このテーマを
話題にします。

本田さんのお薦めはあくまで、読むだけではなく、専門用語のアウトプットが大切だと
言われますので、できるだけ記事の単語とか表現を織り交ぜようとするものの、
これがなかなかうまくいかない。

一回目はほとんど使えず、二回目は、もう少しがんばってみました。

ふと気付いたことは、デザイン雑誌なので、写真ばかりに目が行きがちですが、
こうして、フリートークの話題にしようと思うと、真剣に文章を読解しようという意識が働き
ます。

そう、自分の関心のある(特に仕事と関係のある)話題にすると、雑誌の読解の勉強にも
なるし、専門化した用語やセンテンスを覚えるにも絶好なのです。

今しばらくは、続けてみようと思います。

ちなみに、もうひとつ始めたこととして、単語帳を買ってその雑誌の中で出てきた専門用語
を書いていくのです。
これを細切れ時間で読み返し定着をします。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-01 00:23 | レバレッジ英語勉強法 | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite