日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:レバレッジファイナンス( 14 )

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

b0119493_18154668.jpg


11歳のバフェットが教えてくれる『経済』の授業」 田口智隆(フォレスト出版)

投資で著名なバフェットの子供時代を題材にとりながら経済の仕組み
をわかりやすく説いた内容です。

内容はバフェット幼少期のエピソードを盛り込みながら、経済の流れ
やビジネスとは何かについて書かれてます。

ある程度投資やファイナンス系の知識のある方には物足りなさがあるかも
ですが、幼少期のバフェット物語は、やはりおもしろい。

売れる仕組みを作った者が一番儲ける・・・的なエピソードは読み物
として楽しめます。

これからお金のこと、投資のことについて学びたい人には、入門的な内容
なのでお勧めです。
特に学生に向いているのかも。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-07-27 18:21 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

会計HACKS

b0119493_12405746.jpg


会計HACKS!」 小山龍介、山田真哉 (東洋経済新報社)

小山さんのシリーズ本の新刊です。

今回は会計をテーマにしています。

おもしろかったのは、パソコンを買って、1年ごとにオークションで
売り、また最新機種に買い換えるというもの。
今の時代どんどんスペックが劣ってしまいますので、
誰もが買いそうなモデルの最新機種を買って、まだ値下がりが
低い状態で売るというもの。

また電子マネーのスイカやエディを使って、毎月の小口出費を
まとめて管理し、不足したら今月は上限になったというもの。
ただし使える場所がまだまだ限られるので飲食系はカードが
ベースになるかもしれません。

車については持つだけでも重量税から保険からメンテナンス
費用から出て行くばかりなので金食い虫としています。
なるほどです。

マイホームについては、やはり売れる物件を買うという発想が
大切です。

よく賃貸で住み続けるなら買ったほうがやすい、資産もできる
という認識から買い換える人が多いですが、実際ローンを
組めば、その1/3くらいは銀行への金利支払いに消え、
そして建物の価値はすぐ目減りします。

おまけに場所が駅から遠い住宅地だといい場所を除いて
なかなか売ることも難しく、劣化も早いです。

本文の中では家族の成長と子の自立に伴って賃貸の
大きさを変えていくことで総額としては安くなると試算されて
います。

中古マンションについては、まず10年後なら10年度と
買い換える計画をした上で、その時期に転売が可能な資産性
があるかを見極めて物件を購入していくのが一番ベストです。

そういった物件を探すにも、あらかじめ情報収集していき
タイミングがきたらすぐ買うというようにしないと難しいです。

日本の国家はあてにできない状況ですので、自分の会計知識
を蓄えて、生き残りをかけていかないといけません。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-01-08 12:54 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

不動産投資の学校

はじめて日本フィナンシャルアカデミーに行きました。
聞きなれない名前かもしれませんが、ビジネス書で
ヒットを飛ばした本田直之さんが取締役、泉正人さんが
代表を務める日本で唯一の独立系お金の学校です。

独立系とは、バックに証券会社とかのスポンサーが
いない純粋な学校のことです。
なので、中立的な立場を貫けるそうです。

不動産投資の学校の体験講座として約2時間、
講師の束田光陽さんから講義いただきました。

出版物では何冊も読んでいたので親近感はありました
が、年齢はなんと33才!

25から不動産投資の勉強をはじめて今や純粋な
不動産による収入(経費を引いた)は数十万にも
及ぶとか。

内容ですが、これは投資系の商品に多く見られるように
どれも見た目にごまかされるとあとで手痛い思いを
しますよ、という内容でした。

つまり不動産の購入資金に対する年間家賃収入
を単純に計算したものは表面利回りで、実際の経費
を抜いた実質利回り、そして金融機関からどれだけ
融資を受けられるか、といった点もあわせて評価しない
といけないといます。

一定の収入をあげて、早めにリタイヤするには
こうした不労所得も必要ですね。

不動産投資の基本的な考え方は、
自分がいつ何時、倒れたり、事故にあったりするか
わからないが、不労所得が得られる体制を作って
おけば、病院のベットに寝てても収入が得られると
いうことです。

これは自分だけでなく、家族にとっても必要です。

日本フィナンシャルアカデミー
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-19 01:03 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

お金を借りる秘訣は、お金を借りない努力を10倍すること

b0119493_16312672.jpg


お金を借りる秘訣は、お金を借りない努力を
 10倍すること
」中尾光宏(クロスメディア・パブリッシング)

この本、経営者や財務担当者にはとても実用的な本です。
著者は元銀行マンというから、やはり内容はリアルです。

銀行とどうつき合うのか、借りるためにはどんな努力
をしていかなければならないのか、与信をどうみるのか
必要なサイト情報から、関連書籍まで情報は盛りだくさん。

実用的なものなので一冊置いておくと役に立ちます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-08 16:39 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

会社の財務・会社の労務

b0119493_1413174.gif


敬愛する税理士吉澤先生の新刊です。

会社の財務・会社の労務」(日経BP社)

二冊セットになっていて、財務は吉澤先生、労務は嘉瀬先生です。

価格は少々お高いですが、金額以上の価値は間違いなくあります。
25,000円払うのをためらうのか、会社の未来を捨てるのか、
そのくらいのものはあります。

財務編では吉澤先生の得意とする資金調達から金融機関との
対応など、またQ&Aではものすごくリアルな質問と回答と
盛りだくさんです。

まさに経営者の生きたテキストといえる著作です。

会社の経営者、これから経営に携わる方にお薦めです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-02-05 14:18 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

逆転 不動産投資術

b0119493_0403063.jpg


ファイナンス系では株と不動産投資を考えてましたが、
本屋でふと手に取った本が以外とおもしろい。

逆転 不動産投資術」 石渡浩(ぱる出版)

学生時代から不動産投資を始めた著者が
専業の不動産投資家になるにいたったノウハウの
詰まった内容です。

今までもいろいろ読みましたが、具体的な融資を
銀行からどう引き出すか、どんな戦略がいいのか、
不動産投資にはどんなことを気をつけなければいけ
ないのかが詳細にあります。

これを読めば、不動産投資の全容がわかる感じ
なので、これから勉強したい人に向いていると
思います。

※ちなみに写真にある小さな白い点は「月」です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2010-01-25 00:45 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

ピーター・リンチの株で勝つ

b0119493_8513111.jpg


ピーター・リンチの株で勝つ」 ピーター・リンチ

ピーター・リンチは、全米NO.1ファンドマネージャーだった方です。
13年間で2000万ドルから140億ドルにファンド資産を増やした
そうです。

この本は、株で投資する時にどんなポイントに注意しなければ
ならないかをわかりやすく説明しています。

まず投資資金は、毎日の生活に支障のない余裕資金ですべき、から
はじまり、
自分の株で成功する資質があるかどうか、
等々、とても具体的な視点で書かれてあります。

なので、プロ向きとか詳しい人向けではなく、一般対象の
スタイルなので、これから株をはじめたい、興味があるという
人に向いている本です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-10-10 08:50 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

ファイナンスセミナー

b0119493_21421340.jpg


この週末は、二日間セミナーに出席でした。
内容はキーワードマーケティングの滝井さんがメインで
途中税理士吉澤先生の講演です。

b0119493_21422153.jpg


経営におけるファイナンスリテラシーを上げることが目的で
料金的には高めなものの、内容は充実してて
納得のいく内容です。

滝井さんも、吉澤先生も楽しくて、とても勉強になりました。

場所は有楽町の国際フォーラム。
前も吉澤先生のセミナーに参加したところです。
二日連続のびっちりと受講して頭も疲れて帰途に着きました。

ツィッターはやはりこれからのメディアとしてはやるようです。
あのオバマ大統領もメディア戦略で大きく使ってたものです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2009-09-13 21:48 | レバレッジファイナンス | Comments(1)

「ダメマンションを買ってはいけない」

b0119493_03369.jpg

ダメマンションを買ってはいけない」 藤沢 侑 (ダイヤモンド社)

不動産投資の勉強で読みました。

内容としてはマンション購入時の販売会社の裏事情が中心に展開されてます。

この裏事情、って気になりますよね。

実は著者は現役の三井不動産の社員が書いているんです。
なので実体験の中で販売会社がどのようなテクニックを使って売ろうとしているのか
そして、どんな内輪の事情を抱えているのかが詳細に紹介されているんです。

簡単なところでは「なぜ3月完成が多いのか?」という単純な疑問への答えから
3月完成の裏事情、危険な部分について説明されています。

不動産投資をされる方にとって参考になる部分があるとすれば、投資物件を仮に
なんらかの事情でもって売却をせざるを得ない時に、相場以下でしか売れないダメ
マンションをいかに買わないようにするかというテクニックです。

不動産投資系の本では物件を「売るな」とありますが、現実売却することも
ありえるので、マンション物件を検討されている方、住宅物件の方に参考になるはず
です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-10-13 00:10 | レバレッジファイナンス | Comments(0)

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣

b0119493_19533767.jpg
b0119493_1954342.jpg

夏といえば、やっぱり花火。
下の写真はなんだか星雲のようにも見えます。不思議ですね。

ファイナンスといっても、実はいろいろあります。
実は、というより、知らないことが多かったとも言えます。

銀行に預金を預ける普通預金、定期預金、外貨預金、外貨定期
国債や投信信託、MMFなどなど。

これらとは別の位置づけでありながらも、実は利回りという発想では同一である
「不動産投資」についての著作です。

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣 藤山勇司 著(PHP文庫)

自身も大家さんである経験を通した「大家さん業」のいろはが書かれています。

面白かったポイントです。

・不動産業社は、営業効率をあげるために、賃貸物件を取り繕うので注意が必要。
・新築物件は買った途端に中古で、価値が下がる。これは不動産業社によって常識化された。
・安く買うには競売も視野に入れる。
・賃貸物件を最初に自己資金で買って、その不動産に担保をつけ、銀行から融資を受け、その資金で新たな物件を取得し、また賃貸にする。これを繰り返すと自己増殖できる。
・プロの大家さんの合格ラインは、利回り15%。

よく「利回り」といいますが、不動産の場合は、単純にある不動産への投資金額(たとえば
1000万円のワンルームを買って、年間72万円(月6万円)の賃貸収入があることを
7.2%の表面利回りがある、といいます。
表面という意味は、実際所有することによる経費(税金その他)や維持するための経費(メンテなど)を差し引いたものを実質利回りということを分けるためです。

大家業も基本は安く仕入れて高く貸す(安く貸すことも、空室率を下げることに効果的)ことを考えると、株とか投資信託の発想と似ているといえます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2008-08-03 20:27 | レバレッジファイナンス | Comments(2)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite