日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:RICOH GRⅡ( 28 )

くらすわ

b0119493_15372833.jpg
諏訪湖畔にある「くらすわ」さん。遠くからでも真っ黒な外壁でシンボリックです。

b0119493_15372935.jpg
ここは養命酒の会社のアンテナショップです。自社製品だけでなく、信州のおいしいもの、暮らしに役立つものを開発、販売しています。

b0119493_15372868.jpg
一階はショップアンドベーカリー、二階はレストランです。夏は屋上はビアガーデンになります。

b0119493_16293609.jpg
非常にモダンなデザイン。東京からのお客さんにも好印象です。

b0119493_15373086.jpg
中央にある大階段。ここでウェディングもできるそうです。集合写真にも良さそうです。

b0119493_15373055.jpg
階段の装飾。地域の植物が入っています。学ぶにもいいです。

b0119493_15372943.jpg
一階ベーカリー。イートインスペースもあります。

b0119493_15372922.jpg
充実のショップ。食材からスィーツ、雑貨に至るまで店内にぎっしり。

b0119493_15372906.jpg
季節の贈り物コーナー。

b0119493_16293531.jpg
二階レストランに向かう階段。

b0119493_16293635.jpg
駐車場側のエントランス。枕木舗装もまたいいです。ロゴマークは水の波紋を表していて、常に初心に帰ってつくり続けるということだそうです。非常にセンスもよく、おすすめスポットです。

[PR]
by nichijou-raisan | 2017-08-15 16:37 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

陶都街並探偵団 笠原ウォーク

b0119493_20181455.jpg
陶都街並探偵団 笠原ウォークです。ボランティアガイドさんとともに多治見市笠原町を巡ります。スタートは、笠原神明宮です。14世紀中ごろ建立されたといいます。秋には花馬の馬駆け行事が行われます。陶製狛犬など文化財もあります。

b0119493_20181411.jpg
境内は広く緑も豊富です。

b0119493_20181453.jpg
庚申堂。本尊は青面金剛像ほか3体が安置されています。
b0119493_20231994.jpg
庚申堂脇にある石造物群。万治の地蔵など。

b0119493_20250423.jpg
これが万治の石仏。江戸時代前期の万治3年(に建てられた石仏。2年前の万治元年に領主である妻木城主が急死、笠原村が天領になったため、精神不安からお地蔵さんに救いを求めたとされます。笠原内には5体、滝呂町には1体存在しています。

b0119493_20231996.jpg
途中味のある倉庫を発見。

b0119493_20231972.jpg
商店街から見るモザイクタイルミュージアム。街並みと重ねるとまた新しい風景です。

b0119493_20231984.jpg
まだ田舎ではこのような風情のある雰囲気も残っています。

b0119493_20232013.jpg
タイル張りのビル。最近ではビルの外壁にタイルは少ないですが、レトロを感じます。

b0119493_20232002.jpg
モザイクタイルミュージアム。設計はかの有名な藤森照信さん。土着的なデザインに定評があります。

b0119493_20232001.jpg
緑も青々としていて、藤森さんの設計意図通りの風景。モザイクタイルの産地である笠原町の採土場をイメージされたそうです。それゆえ、モザイクタイルミュージアムなのに、タイルがない、という設計です。近づくと外壁にポイントのようにモザイクタイルが入っているのがわかります。

b0119493_20232027.jpg
アプローチ灯。御影石とタイル(天板)の組み合わせ。

b0119493_20231833.jpg
エントランス前の舗装。本来芝目地だと思いますが、通行が多いと芝も育たず。

b0119493_20181221.jpg
1階はショップと体験コーナー、2階は地元タイルメーカーの展示スペース、3階はギャラリー、4階は藤森さんが選んだタイル貼りの製品や建物の一部が展示されています。

b0119493_20181362.jpg
手すりウォール部分もモザイク貼り。曲面仕上げには細かなモザイクタイルが似合ってます。

b0119493_20181306.jpg
壁面下部には風を取り入れるための通風孔があります。下から取り込んで上から暖かい空気を出すという自然循環のシステムです。

b0119493_20181400.jpg
見せ場にもなっているモザイクの装飾。

b0119493_20181387.jpg
昔懐かしいモザイク柄。

b0119493_20181420.jpg
モザイクの色、形のおもしろさを体感できる展示です。

多治見笠原地区もミュージアムをきっかけとして非常に多くの来街者があります。地域おこしに繋がっています。


[PR]
by nichijou-raisan | 2017-08-14 20:47 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

イコロの森



b0119493_15194704.jpg

千歳空港からもほど近い場所にあるイコロの森です。

b0119493_21015173.jpg

もとは園芸ショップですが、北海道のナチュラルガーデン、レストラン、カフェの複合施設と
なっています。

b0119493_21015158.jpg
こういったシダが多いのも北海道の特徴です。

b0119493_21015196.jpg
イコロの森は入園料が必要です。大人600円、子供300円。
営業は4/21~10/31までで、9:00~17:00までとなっています。

b0119493_21074585.jpg
蛇籠のウォール。自然素材で生態系にもやさしいです。

b0119493_21074562.jpg
こちらはクラフト作品などを販売するイコロハウス。

b0119493_21074569.jpg
ひとつひとつ味わいのあるグッズがセレクトされています。

b0119493_21074515.jpg
陶器も雰囲気もいいです。
クラフト作品は手が触れることで忘れた感覚がよみがえったりもします。

b0119493_21103582.jpg
左側にエントランス、イコロハウス奥にレストラン、右側にはカフェがあります。

b0119493_21103530.jpg
ガーデンは北海道の自然を生かしたナチュラルガーデンといったデザインで非常にゆったりと
できます。

b0119493_21103514.jpg
園内も広いので、なんとなくぶらぶらするのにはもってこいの場所です。

b0119493_21103688.jpg
ガーデナーも数名いらっしゃるようで、そこかしこにデザイナーの感性を感じます。

b0119493_21103647.jpg
横に長いボーダーガーデン。
起伏のないフラットなガーデン。

b0119493_21103608.jpg
もう少し遅ければバラも咲いていると思います。

b0119493_21150518.jpg
左側はカウチ式のカフェ空間。
静かで気持ちのよい空間です。

b0119493_21150496.jpg
本棚にはガーデンや植物の本が並んでます。
自然に触れる場所としては最高です。

b0119493_21150501.jpg
森の食卓 トマティーヨというレストラン。
ランチにくるのもおすすめです。

b0119493_21150538.jpg
ナーサリーコーナー。

b0119493_21150489.jpg
かなりの品種を扱っているようです。




[PR]
by nichijou-raisan | 2017-06-11 21:29 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

モエレ沼公園

b0119493_15231609.jpg

札幌の雄大な大地をアートとしたモエレ沼公園です。
故イサム・ノグチの残したランドスケープ大作といえます。

b0119493_15231724.jpg

1988年、ノグチはアートの設置候補地として訪れたすでに計画中のモエレ沼公園に降り立ち、不燃ごみの埋め立て地として使用されている現状をみて、人間が傷つけた大地をアートで再生すると、言ったそうです。
b0119493_15231746.jpg

札幌市から正式に公園全体の設計を委託されたノグチは公園全体が彫刻とするいまだかつてないプロジェクトになっていきました。

b0119493_15231765.jpg

残念なことにノグチが初めて訪れた日から9か月後にノグチはなくなってしまいます。財団の支援もあり計画は続行され2005年に公園はオープンします。

b0119493_15231707.jpg

ここに札幌市のテーマである「環境と文化」が体現された雄大なランドスケープ作品が完成しました。公園造成からは23年の月日が経っていました。

b0119493_15231820.jpg

北海道の大地のアートおすすめです。




[PR]
by nichijou-raisan | 2017-05-21 15:22 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

Disney sea

b0119493_1881429.jpg


年末12月30日のディズニーシーです。
中央道は至って空いてました。もちろん都内も空いてます。
ディズニーランドはもちろん混雑。
オープンは8時からなので、7時に到着しましたが、すでに長蛇の列。

一番人気のトイストーリーマニア。シューティング系アトラクションですが
3Dになっているので結構楽しめました。

b0119493_18102157.jpg


車で行きましたが立体駐車場へはスムーズ。そこからメインゲートはすぐ
なので、5分もかからずに着きました。ちなみに車の場合は途中退場でき
るので荷物の出し入れなどもできます。
夜のショーを見るときのマット類は夕方取り出すといいかも。

b0119493_20152129.jpg


ファストパスをどうとるかで回れる数が決まります。
今回はトイストーリーが朝から並んでおよそ120分かかったので、次の
ファストパスをとっていたのが無駄になりました。

b0119493_20163351.jpg


アプリでアトラクションの待ち時間を見ることができるので、事前確認しながら
スタンバイかファストパス発券かを選んでいくといいです。

b0119493_20175186.jpg


未来デザインのポートディスカバリー。

b0119493_2019735.jpg


アクアトピアという水上アトラクション。

b0119493_20193287.jpg


徹底的な作りこみとスケールの大きさはディズニーです。
エンターテインメントはやはりアメリカには適いません。

b0119493_20204312.jpg


マーメイドラグーン。

b0119493_20211914.jpg


海底世界が表現されていますがどれも美しい。
美的感覚もすばらしいです。

b0119493_20214918.jpg


海底二万マイル。
このテイストのデザインやレトロであり近未来を感じさせるところは非常にいいです。
もう一つのパラレルワールドの世界感です。

b0119493_202347.jpg


夜八時からのファンタズミックは二時間前から待って前から二列目で見ましたが
柵の関係でいまひとつで残念でした。

アウト・オブ・シャドウランドというミュージカルも前のほうの席で見ることが
でき立体的な空間演出と、プロジェクションマッピングによる光で今までにない
楽しさがありました。

アトラクションでは、今回インディージョーンズがスケール感がよかったです。
さすがです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2017-01-02 20:26 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

Hyde Park & Kensington Gardens

b0119493_0294565.jpg


ロンドン二日目は早く起きてハイド・パークへ。
ちょっとした町のハンギングプランターが彩を添えてます。

b0119493_0305626.jpg


ロンドン市内のガイドマップは非常に見やすくわかりやすいです。
観光客に非常にやさしい。

b0119493_0312839.jpg


ロンドンは石畳というイメージがありますが、今はだいぶ石畳は改修されています。
写真のようなコンクリート平板が一般的のようです。
いたってシンプルで無機質感がありますが、歩道はあくまで風景の中では
地となる部分なので、目立たずという視点はもっともです。

b0119493_0333426.jpg


イギリスには数社伝統的なレンガメーカーがあります。
今なおハンドメイドでレンガを作っているとは驚きです。

b0119493_0342074.jpg


日本ではレンガの外壁はあまり見ませんが、土を焼いた質感は人になじみます。
風景としてもエイジングするので時間とともに溶け込む感じです。

b0119493_0353583.jpg


ハイド・パークは非常に自然身あふれる公園で、ランニングやサイクリングをしている
人を多く見かけました。
しっかり自転車道の存在があります。

b0119493_036413.jpg


自転車の床サインは近づいてみると実は縦長になっています。
自転車の目線で見たときにバランスよく見える設定です。
何に伝えるメッセージなのかが考慮されています。

b0119493_0374535.jpg


歩行者道、自転車立ち入り禁止サイン。

b0119493_038794.jpg


歩行者優先表示。

b0119493_04261.jpg


ハイド・パークの西方は王立のケンジントンガーデンになっています。
その入り口部にあるイタリアンガーデン。池と建物で雰囲気があります。

b0119493_0424980.jpg


ロングウォーターは、ハイド・パーク中央のサーベンタイン湖の一部です。
美しい眺めです。

b0119493_044595.jpg


ロングウォーターに生息する鳥たち。

b0119493_044545.jpg


ニューヨークのセントラルパークもそうですが、都心部にしっかりとした自然生物と
出会える場所があるのは非常に重要だと思います。
人も自然の一部と考えればごく自然です。

b0119493_0454592.jpg


ダイアナ妃のメモリアルロードのサイン。
床から盛り上がっていますが、国民に親しまれたことが偲ばれます。

b0119493_0474458.jpg


人間性を取り戻す場です。

b0119493_049386.jpg


ダイアナ妃メモリアルファウンテン。

b0119493_0501342.jpg


噴水の川床の石のデザインで流れを変化させダイアナ妃の生涯を表現しているそうです。

b0119493_0543437.jpg


人生のどこに当たったのかはわかりませんが、非常に緩やかな部分と荒波の
部分があります。

b0119493_0551561.jpg


鳥たちにとっても憩の場です。なんだかほっとします。

b0119493_0554734.jpg


公園内は非常に清潔で居心地もよくくつろげます。
庭文化のあるさすがのイギリスです。

b0119493_056592.jpg


南端にあるアルバート・メモリアル。
ヴィクトリア女王の夫アルバート公を記念したものです。

b0119493_0585075.jpg


四隅の彫刻は大英帝国の繁栄を象徴しているそうです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-04 00:59 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

paddinton station

イギリスで数日過ごしました。
今回は二度目で、前回はロンドンとバーミンガムでした。

b0119493_23212992.jpg


こちらがパディントン駅。
パティントンはロンドン市内に入るターミナル的な駅で、ヒースロー空港から
ヒースロー・エクスプレスを使うと約15分ほどで到着します。

b0119493_23245712.jpg


ヨーロッパの駅は日本と違い地上部に列車が並びます。
屋根はアーチで広く明るく、駅の風景があります。

b0119493_23261571.jpg


どこを切り取ってもおしゃれなのはセンスの違いでしょうか。
列車の色づかいも品があります。

b0119493_2327050.jpg


電車はバリアフリーではないので、ホームから電車の階段を使って上がります。
そのため、大きなスーツケースを持っている旅行客にはあまりやさしくないです。

b0119493_23281120.jpg


駅によってデザインの違う屋根や構造を見るのも楽しい。

b0119493_23284743.jpg


大きなターミナル駅はこういった床面のサインがあるとありがたいです。

b0119493_23291935.jpg


パディントンというと熊のアニメを思い出す人がいるかもしれません。

b0119493_23295389.jpg


駅で途方にくれている熊がブラウン一家と出会い、パディントンと名付けられたのが
この駅です。駅にはパディントンの銅像があります。
記念撮影もできるようにベンチもあります。

b0119493_23315244.jpg


駅舎の中の駐輪場。
確かに広いのでこうした施設は非常にいいですが、駅の風景とはなんとなく
異質です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-03 23:32 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

恵那散策

b0119493_161586.jpg


恵那にも紅葉が見られるようになりました。

b0119493_172729.jpg


恵那には博石館という石のミュージアムがあります。

b0119493_18559.jpg


休日は結構な人でにぎわいます。
文字通り石の博物館で石だらけですが、子供に人気なのは、宝石が取れる
からです。

b0119493_110769.jpg


子供はきらきらしたものが好きで、宝石さがしという自分で探すコーナーは子供
でいっぱいです。

b0119493_1105881.jpg


石に触れ、地元産業に親しむ場があるのは重要です。
恵那には蛭川御影という石があり、こうした機会に広く知ってもらえます。

b0119493_1115573.jpg


恵那峡は木曽川をせき止めてできた大井ダムによって作られた人造湖になります。
秋の紅葉もこれからです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-31 01:14 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

多治見 ぎゃるり百草

b0119493_0492116.jpg


多治見にある「ぎゃるり百草」。

b0119493_0494922.jpg


陶芸家安藤雅信さんの経営するギャラリーです。
メインは陶器ですが、服飾から雑貨まで多様なギャラリーとして運営されています。

b0119493_0504823.jpg


ここの魅力は安藤さんのセンスです。
陶芸だけでなく、お茶にも精通、古民家を移築したというその建築、そしてこの環境、
すべてがマッチしている印象です。

b0119493_0515735.jpg


時代を超えて日本文化のいいところを感じさせてくれます。

b0119493_0523466.jpg


そこかしこに置いてある調度品、しつらえもまたすばらしい。

b0119493_053520.jpg


こうした和風建築は今では少ないのが残念です。

b0119493_0533783.jpg


誰でも入れる場所でこうした空間があるのは貴重で、生きた日本建築を体感する
ことができます。

b0119493_0542397.jpg


延石もまた苔と調和しています。

b0119493_054522.jpg


京都のお寺に見られるような清潔で宗教的なものとも違う生活の場での庭との
調和。人は自然とともにあることで幸せを感じるんだと思います。

b0119493_056388.jpg


木々からの落ちる光。

b0119493_0563354.jpg


すべてが煌々と光る中で微妙な光を感知する感性が意識されます。

b0119493_0573127.jpg


古民家というと今では維持に費用がかかってしまいますが、手入れをきちんとすれ
ば長持ちします。

b0119493_058178.jpg


これからもずっとあり続けてほしいギャラリーです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-31 00:58 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

国立西洋美術館

b0119493_2117483.jpg


上野にある国立西洋美術館に行きました。
世界遺産に登録されたことで一層人気を博しています。

b0119493_21184846.jpg


設計は、近代建築の巨匠ル・コルビュジェです。
近代建築材料は、鉄とコンクリートとガラス。

b0119493_2119586.jpg


今でこそモダン建築は当たり前ですが、1959年の建築以降決して色あせない
のはある意味普遍的なデザインがそこにあるからだと思います。

b0119493_21213397.jpg


シンプルな形にすればするほど、見えてくるものがあります。
開かれた視界からは豊かな自然、そして光。
人が感じる空間がそこにあります。

b0119493_2123121.jpg


コルビュジェは後の世代へ多大な影響を及ぼしました。

b0119493_2124275.jpg


外壁の意匠。
天然玉石がプレキャストされています。

b0119493_21243085.jpg


舗装のディテール。
コンクリートに天然石の骨材で目地には御影石が。

b0119493_21254898.jpg


杉板型枠の意匠を残したコンクリート打ち放し仕上げ。
人工の中の自然なテクスチャが製造過程を物語ります。

b0119493_21264651.jpg


ロダン作 カレーの市民。
非常に肉感的な造形美はロダン独特です。

b0119493_21273885.jpg


コンクリートによる力強い造形は、さしずめ現代の石といえます。

b0119493_21281654.jpg


1961年に完成した東京文化会館。
国立西洋美術館の前にあります。

b0119493_2129279.jpg


設計は前川國男。本格的な音楽ホールとして建築されました。
日本のモダニズム建築の巨匠前川國男はコルビュジェの元で学びました。
力強い造形はまさにその遺伝子といえます。

b0119493_21305990.jpg


一階ホール部。
床にはさまざまな意匠のタイルが使われています。

b0119493_21312833.jpg


天井と柱の意匠。

b0119493_213150100.jpg


こうしてみると空間により天井やその他造形を変えています。

b0119493_2132179.jpg


内壁の意匠。

b0119493_21323274.jpg


こちらも西洋美術館と同じく天然石が打ちこまれています。
人工の中の天然素材は自然を想起させます。

b0119493_21332929.jpg


ホールそのものに入ったことがないので、ぜひ入ってみたいものです。

近代建築めぐりができる上野です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-10-31 00:47 | RICOH GRⅡ | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite