日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ショップ( 18 )

ザ・リブレット長良店

b0119493_1121341.jpg


ザ・リブレット長良店 
岐阜県岐阜市長良井田71 Bテラス1F

b0119493_11231731.jpg


長良公園の向かい側にある雑貨、家具、文具、書籍のお店です。
同じ敷地内にはバムズガーデンという植物、インテリアのお店があります。

b0119493_11242960.jpg


内部はといえばデザイン性の高い商品の数々で目を飽きさせません。
手前の独立ハンモックははやりですが、一台欲しいです。

b0119493_112530100.jpg


ザ・リブレットは多店舗展開しているお店ですが、長良店ということもあり岐阜の
商品も陳列されてました。

b0119493_1127150.jpg


ちょうどDESIGN TRAVELの企画に合わせた展示中で、ナガオカケンメイ氏の
中川一政商店のコーナーもありました。

b0119493_1128278.jpg


中川一政商店は東京的にできた商業施設キッテの中にも入ってますが、厳選された
アイテムばかりでどれも手になじみます。

b0119493_11285441.jpg


空港をモチーフとした箸置き。
デザイナーのアイデアは非常におもしろいです。

b0119493_11293488.jpg


最近はやりの珪藻土を左官で固めたソイルシリーズ。
バスマット、コースター、傘立てと商品シリーズも増えました。

b0119493_11304099.jpg


成熟社会で売れるものは何か、考えさせてくれます。

b0119493_11312057.jpg


エアープランツは暮らしにグリーンを添えるアイテムです。

b0119493_11315915.jpg


ガラス製のプランターもまた新鮮です。
置くだけがグリーンではないですね。

b0119493_11324453.jpg


家具はカリモク製のアイテムが展示されています。
レトロですが、質実剛健でしっかりとした家具です。

b0119493_11333095.jpg


いつもの暮らしをちょっとだけ新鮮に、楽しくさせてくれるアイテムの数々。
おすすめです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-03-27 11:34 | ショップ | Comments(0)

無印良品南乗鞍キャンプ場

b0119493_10172235.jpg


無印良品が運営するキャンプ場です。
店頭でパンフが置いてあって、折を見て行きたいと思っていた場所です。

場所は名古屋方面からだと、東海北陸道高山ICから行く方法と、中央道中津川ICを降りて
行く方法があります。

今回は中央道から行きました。
中津川を降りてからは国道19号で行きますが、道中、道の駅がいろいろあるので地域の
野菜や果物を買いながら行くのがおすすめです。

b0119493_10195959.jpg


すべてオンラインで予約するのですが、初心者向けのキャンプセットもあるので手ぶらで
行けます。ただし食材はセンターハウスではほとんどないので、現地近くのスーパーで
買っていくことになります。

サイトは自然あふれるもので敷地広さも十分、隣との間も植栽があるので視界も気になり
ません。

b0119493_10215417.jpg


ベーシックセットです。
テント、タープ、椅子、テーブル、食器、コンロなどひと通り揃っています。
他にはコールマンやスノーピーク社製のものもありますが、予約がいっぱいで
とれませんでした。

b0119493_1023111.jpg


キャンプのいいところは自分のサイト内で焚き火をしたり、花火をしたりできます。

b0119493_10235449.jpg


無印のキャンプ場は5月~10月のみの営業です。
子供から大人まで楽しめるイベントや体験プログラムが非常に充実しているので
事前にネットで開催日をチェックして予約されることをおすすめします。

今回は自然あそび体験と、石窯ピザづくり体験。
13時チェックインですが、テント設営の間、子供は14時からの体験プログラムだと
ベストかもしれません。

ピザづくりは10時から12時で、チェックアウトが12時なので、10時までに撤収し
チェックアウトをしてからか、子供が参加している時に撤収するのかです。

知らなかったですが、20年も前から無印良品キャンプ場を運営されているそうです。
自然と触れ合う大切さ、環境への意識を高めるきっかけにつながるので非常におすすめ
です。

ちなみに、テント一式のレンタルと利用料一泊、2つのプログラムを各2人ずつで
トータル32000円程度でしたので、コストパフォーマンスも高いです。

関東から関西まで非常に広範囲で参加されている方も多いです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2015-08-14 10:30 | ショップ | Comments(0)

屋形船

b0119493_20232882.jpg


夏の風物詩「屋形船」です。

品川の屋形船はいくつかありますが、今回乗ったのは船清さんです。
コースは品川駅から徒歩13分ほどにある乗り場からお台場、隅田川、永代橋
でUターンしてレインボーブリッジ経由で品川へと戻ります。

b0119493_20263845.jpg


これは中央大橋。

b0119493_2027243.jpg


こちhらは永代橋です。
遠くにはスカイツリーが望めますが、だいぶ小さめです。

b0119493_20275684.jpg


今回は天気も晴れていたので夜風が気持ちよかったのですが、予約との兼ね合い
でどうしても悪天候の場合もあるようで運次第です。

b0119493_20284478.jpg


こちらは勝どき橋。
ツインのアーチが印象的です。

b0119493_20292620.jpg


レインボーブリッジ。
船も揺れるのでその中での夜景撮影は厳しいものがあります。
高感度にして台座も手すりを利用したりして、一瞬の船の揺れ間を利用して
撮影するしかありません。

b0119493_20303162.jpg


ざっと二時間三十分のコースですが、あっという間で終わりました。
人数が多ければ貸し切り、2人から乗合船があるので、家族でも乗ってみたい
ところです。

景観そのものは近代的なものですが、江戸の船遊びもすてきです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2015-07-26 20:32 | ショップ | Comments(0)

しんぱち食堂

b0119493_22371115.jpg


西新宿にある「しんぱち食堂」です。

ぶらりと入ったお店ですが、実にいいです。
居酒屋のような店構えですが、干物定食専門店で種類が豊富。

前回行った時は秋ということもあり、鈴虫の鳴き声がBGMで流れたり
していました。

さりげなく田舎の心地よさが表現されていてグッドです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-12-12 23:51 | ショップ | Comments(0)

おすすめギャラリー、雑貨店

全国のおすすめギャラリー、ショップです。

岐阜県多治見市にあるギャラリー「ぎゃるりももぐさ」さん。

100年前の民家を移築しギャラリーとカフェがあります。
オーナーは陶芸家の安藤雅信さん。奥さんも服飾デザイナーの
安藤明子さんでアパレルもあります。
定期的に個展を開いているのでいつ行っても新鮮な出逢いのある
場所です。
はじめて行った時は衝撃を覚えたほど。
以来これまで行くこと数十回。民家建築や茶室といった空間にどう
あわせて品物をアレンジするのか楽しみです。

滋賀県長浜にある「季の雲」さん。
はじめて陶芸家 村上躍さんの作品に出会った場所です。
素朴とも違う味わいのある作品群に魅せられました。
その後も彼の作品の個展には何度か地方へ足を運びました。
東京にある躍さんの工房にもお邪魔しいろいろと話したことを思い出し
ます。思いのほか小さな電気窯でひとつひとつ手びねりという手法
で作られる器はすばらしいのひとこと。

ゲストハウスも運営されているのでいつか泊まってみたい。

代官山にある「かまわぬ」さん。
手ぬぐい専門店ですが、デザインがモダンなものから、かわいいもの
までたくさんあります。インテリアデザイナーの小泉誠さんのシリーズ
もあり以前買って持ってますが、手ぬぐいは日本の気候には乾き
やすく使い心地もいいです。

奈良にある「秋篠の森」さん。
ここはレストランだけでなくホテルもあります。シンプルなホテルで
食事も含め一度は泊まってみたいのですが今のところまだです。
雑貨はどこか懐かしく新しい商品が多いです。

三重にある「ギャラリーやまほん」さん。
ずいぶん田舎道をひた走ると小さな看板が見えてきます。
陶器の工場を改装したギャラリー空間は静かでギャラリーとしては
最高です。オーナーの手作りで敷地内にあるカフェもおしゃれです。

東京駒場にある「日本民藝館」。
民芸運動の中心となった場所です。17000点に及ぶ全国の民芸品
の質の高さに驚きます。現在の工芸やクラフトといった流れの原点
なので一見の価値ありです。

三重にある「而今禾」さん。「じこんか」と読みます。
関宿にしか行ったことがなかったですが、世田谷と台北にも店舗ができました。
ここは天然素材にこだわった食材のランチがおすすめです。
主人のライフスタイルの形がお店に凝縮されています。

千葉にある私設美術館「as it is」さん。
車でないとたどりつけない小さな美術館ですが、古道具で感性が
研ぎ澄まされたオーナー坂田さんのセンスであふれる美術館です。
営業日が限定されるのでHPは要チェックです。

「物の美しさというのは空間とのバランスなんだ」と言われる坂田
ワールドが広がります。

東京西麻布にあるギャラリー「桃居」さん。
村上躍さんの個展開催のとき含め数回お邪魔しました。
一度は躍さんもいらっしゃったのでいろいろとお話できました。
陶器が中心のギャラリーです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2013-04-06 16:14 | ショップ | Comments(0)

商店街

b0119493_2151090.jpg


大連駅周辺には巨大な地下街があります。
勝利広場を中心に広がっています。
洋服から食べ物までどこまでも広がっている感じでした。

b0119493_2151986.jpg


ショッピングモールにある飲食コーナーのところで食事を
しましたが、味が非常によかったです。
セルフでトレーを片手に料理を取っていくのですが、
現代的な中国デリといえます。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-04-30 21:07 | ショップ | Comments(0)

キノコのしゃぶしゃぶ

b0119493_20593067.jpg


今回初の食事がキノコのしゃぶしゃぶです。
最近人気のお店だそうです。
お店は、キノコ火鍋「何鮮茹」といいます。
建築のデザインもまた質が高いです。

b0119493_20594149.jpg


ここで「つけだれ」を自分で作ります。
醤油からごまだれから、ねぎから10種類以上の薬味を
自分であわせて好みのものを作ります。
よくわからないので中国人の方に聞いてつくりました。

b0119493_20594963.jpg


キノコの種類はこんなにもあります。
注文すると、大皿いっぱいのキノコの山。
それを鍋に入れて火が通ったところでタレにつけて食べます。

味はよかったです。
体にいいという印象です。
おすすめ。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-04-30 21:03 | ショップ | Comments(0)

中国のスーパー

b0119493_23431666.jpg


中国の一般的なスーパーです。
iphoneなので画質は落ちますが、豊かな食事情が伺えます。

b0119493_23432461.jpg


これは椎茸。量り売りで、皆いいものを寄って買います。

b0119493_23433225.jpg


なんと乾麺をこんな売り方をしてます。

b0119493_2345547.jpg


野菜も充実してます。

b0119493_23452093.jpg


こうなるとほとんど日本と変わらないですね。

b0119493_23455098.jpg


やっぱり水槽で鮮魚を売ってます。

b0119493_23461330.jpg


魚は氷を敷き詰めた陳列台です。

b0119493_23463942.jpg


こちらは生肉。んー、見慣れない風景です。

b0119493_2347316.jpg


果物コーナー。スイカは一年中食べられるそうです。
日本のスイカより少し甘みがある感じです。

b0119493_23473842.jpg


オレンジもいっぱい。

b0119493_23475527.jpg


中国には出張にいくことがありましたが、スーパーは初めて。
旅行先のスーパーに入ると、食文化の実際がわかります。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-03-15 23:42 | ショップ | Comments(0)

長良川フレーバー

長良川フレーバー

岐阜駅に隣接するアクティブGの中にショップがあって
入ってみると、これはいい・・・

カフェにスィーツ、そして木製の家具の数々。

どれもセンスがいいです。

調べてみると、かなり、いいです。

ぜひ、近々行って見たいです。

リノベーションされた民家のデザインも必見です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-02-07 00:57 | ショップ | Comments(0)

野らぼー

b0119493_174872.jpg


東京に行くと必ず立ち寄る讃岐うどんのお店。

讃岐うどん野らぼー

本場の香川県で讃岐うどんを食べたことのある人なら
もちもちとした食感の違いがわかるはずです。

うどんはどれもおいしい。

そして天ぷらもさくさくしてて満足。
[PR]
by nichijou-raisan | 2011-01-26 01:08 | ショップ | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite