陶都街並探偵団 浜松WALK-1 龍潭寺

b0119493_20390189.jpg
陶都街並探偵団 浜松ウォークです。
今回は17名の参加。レンタカーを借りて高速で浜松の建築を巡ります。

まず最初は、井伊家菩提寺である龍潭寺。
桜の見ごろは過ぎたもののまだ8分くらい残っていて春を感じます。
写真は山門。

b0119493_20390182.jpg
石畳の階段と桜の花びら。
龍潭寺といえば大河ドラマの女城主直虎でも時々登場します。
井伊家600年の歴史を物語ります。
開創は古く平安時代と言われています。

b0119493_20390187.jpg
入場料を払って本堂に入ったところで出会った言葉。

法句教「人の生を受くるは難く やがて死すべきものの いま命あるは有り難し」

まさに世は無常。一日を感謝して過ごさねばと思います。
言葉との出会いに感謝です。

b0119493_20390250.jpg
方丈庭園。
白砂利敷きの非常に清潔感のある庭です。
丁寧に刈り込みされたツツジも作品のようです。

b0119493_20390227.jpg
左甚五郎作と伝えられる「龍」。
まるで生きているかのようです。

b0119493_20390336.jpg
本堂の渡り廊下。
日本建築の軒下空間は外でも内でもない中間領域です。
高温多湿な日本を快適に過ごすための知恵。

b0119493_20390249.jpg
江戸時代初期に作られた池泉回遊式庭園は、茶人 小堀遠州によります。

b0119493_20390240.jpg
景石のボリュームが右から左に向かって数が少なくなるように設計されています。
遠近法ともいえる技法で、細長い敷地の中で庭を楽しむ工夫がしてあります。

b0119493_20390260.jpg
この角度から見ると奥ほど景石が少なくなっているのがわかります。
丁寧に刈り込みのされたツツジは5月ごろなのでもう少し先が見ごろかも。

b0119493_20390385.jpg
和風庭園の中のソテツは珍しいですが、変化があっておもしろいです。

b0119493_21482220.jpg
井伊家のお墓に向かっていく途中にあるお地蔵様。

b0119493_21482279.jpg
井伊家歴代墓所。
右奥に初代「共保」、左に「直盛」、手前に直盛夫人、直虎、直親、直親夫人、直政と
続きます。井伊家600年の歴史。

b0119493_21482223.jpg
シャガはアヤメ科の多年草です。
清楚な白の花が緑に映えてました。

b0119493_21482338.jpg
ドラマ直虎で出てくる井伊谷。ほんとにあるんです。

b0119493_21482322.jpg
井伊家初代 共保が出生したと言われる井戸。
こんな田んぼの真ん中にぽつんとあります。

b0119493_21482364.jpg
歴代当主が篤く崇拝していたそうです。





[PR]
by nichijou-raisan | 2017-04-17 21:56 | K-1 | Comments(0)

出会いに感謝


by nichijou-raisan