Hyde Park & Kensington Gardens

b0119493_0294565.jpg


ロンドン二日目は早く起きてハイド・パークへ。
ちょっとした町のハンギングプランターが彩を添えてます。

b0119493_0305626.jpg


ロンドン市内のガイドマップは非常に見やすくわかりやすいです。
観光客に非常にやさしい。

b0119493_0312839.jpg


ロンドンは石畳というイメージがありますが、今はだいぶ石畳は改修されています。
写真のようなコンクリート平板が一般的のようです。
いたってシンプルで無機質感がありますが、歩道はあくまで風景の中では
地となる部分なので、目立たずという視点はもっともです。

b0119493_0333426.jpg


イギリスには数社伝統的なレンガメーカーがあります。
今なおハンドメイドでレンガを作っているとは驚きです。

b0119493_0342074.jpg


日本ではレンガの外壁はあまり見ませんが、土を焼いた質感は人になじみます。
風景としてもエイジングするので時間とともに溶け込む感じです。

b0119493_0353583.jpg


ハイド・パークは非常に自然身あふれる公園で、ランニングやサイクリングをしている
人を多く見かけました。
しっかり自転車道の存在があります。

b0119493_036413.jpg


自転車の床サインは近づいてみると実は縦長になっています。
自転車の目線で見たときにバランスよく見える設定です。
何に伝えるメッセージなのかが考慮されています。

b0119493_0374535.jpg


歩行者道、自転車立ち入り禁止サイン。

b0119493_038794.jpg


歩行者優先表示。

b0119493_04261.jpg


ハイド・パークの西方は王立のケンジントンガーデンになっています。
その入り口部にあるイタリアンガーデン。池と建物で雰囲気があります。

b0119493_0424980.jpg


ロングウォーターは、ハイド・パーク中央のサーベンタイン湖の一部です。
美しい眺めです。

b0119493_044595.jpg


ロングウォーターに生息する鳥たち。

b0119493_044545.jpg


ニューヨークのセントラルパークもそうですが、都心部にしっかりとした自然生物と
出会える場所があるのは非常に重要だと思います。
人も自然の一部と考えればごく自然です。

b0119493_0454592.jpg


ダイアナ妃のメモリアルロードのサイン。
床から盛り上がっていますが、国民に親しまれたことが偲ばれます。

b0119493_0474458.jpg


人間性を取り戻す場です。

b0119493_049386.jpg


ダイアナ妃メモリアルファウンテン。

b0119493_0501342.jpg


噴水の川床の石のデザインで流れを変化させダイアナ妃の生涯を表現しているそうです。

b0119493_0543437.jpg


人生のどこに当たったのかはわかりませんが、非常に緩やかな部分と荒波の
部分があります。

b0119493_0551561.jpg


鳥たちにとっても憩の場です。なんだかほっとします。

b0119493_0554734.jpg


公園内は非常に清潔で居心地もよくくつろげます。
庭文化のあるさすがのイギリスです。

b0119493_056592.jpg


南端にあるアルバート・メモリアル。
ヴィクトリア女王の夫アルバート公を記念したものです。

b0119493_0585075.jpg


四隅の彫刻は大英帝国の繁栄を象徴しているそうです。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-11-04 00:59 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

出会いに感謝


by nichijou-raisan