日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

豊田市美術館「デトロイト美術館展」

b0119493_1244164.jpg


1995年に開館し20年目の2015年に改修工事を終えた豊田市美術館です。
バリアフリーや外装部分がリニューアルしました。

b0119493_126273.jpg


建築設計は谷口吉生、ランドスケープはピーター・ウォーカーの傑作といえます。
中部圏では一番好きな美術館です。

b0119493_1273446.jpg


今年のゴールデンウィークは美術館前庭を使ったミュージアムグリーンマーケットが
開催されています。

b0119493_1284933.jpg


衣食住をテーマとした小さなショップが緑の中にオープンしています。

b0119493_1295295.jpg


小屋のデザインも見ていて楽しい。
簡易的なものから、建築に近いものまでさまざま。

b0119493_1303128.jpg


最近は昔でいう青空市場的なイベントが多いのですが、その土地にちなんだ
切り口で開催されれば、非常に楽しいです。

b0119493_1314850.jpg


美術館であれば工芸や手作りの商品、デザイン性の高い雑貨など。
こうしてみるともっとビジネスの展開の余地はあるんだとつくづく思います。

b0119493_1324897.jpg


もっと流動的でしかも土着的なもの。
交流から生み出される新しい価値。

b0119493_134097.jpg


今回開催の展示会に合わせて豊田市内の飲食店にチケット半券を持っていくと
割引サービス等が受けられるというものがありますが、これもまた美術館から
市内観光へのきっかけとなります。

b0119493_1355145.jpg


観光資源もそれだけで終わらせないでリンクしていくことが大切だと思います。

b0119493_1362987.jpg


今回開催中の「デトロイト美術館展」、アメリカ デトロイト市は豊田市と姉妹都市に
なっています。両市とも自動車産業のメッカということからなっているようです。

b0119493_1374963.jpg


白さがよみがえった乳白色のガラスウォール。

b0119493_139052.jpg


谷口建築は光の演出に優れるところが特徴です。
形態、素材が光りによってその空間が増殖していくのです。

b0119493_1401967.jpg


ダニエル・ビュレンの作品。鏡のウォールがいくつも立っていますが、色と景色が
幾重にも重なります。

b0119493_142195.jpg


自然とアートと戯れます。

b0119493_1423039.jpg


一階通路。

b0119493_1431456.jpg


ジョゼフ・コスースの作品。

b0119493_1453128.jpg


哲学者や思想家の名前が書かれてあるそうです。

b0119493_1463886.jpg


モダン建築らしいデザイン。

b0119493_1471994.jpg


階段上部から入っていくる光がまた印象的に見えます。

b0119493_148590.jpg


照明ですべてを照らすのではなく自然光を活用した柔らかな空間がなんとも
日本的なものを感じます。

b0119493_149860.jpg


ガラスは近代建築材料ですが、空間に連続性を与え、しかも保護し、空間を
重層させることができ、日本的な空間表現も可能だと思います。

b0119493_1502149.jpg


谷口建築はすべてにおいて研ぎ澄まされた建築家の感性を感じることができます。
ディテールを眺めて歩くのもまた楽しい。

b0119493_1512477.jpg


合わせて開催中の「山本富章」展。

b0119493_152649.jpg


壁面に取り付けられた14000個の洗濯バサミのバーツ。
実はその表面にすべてドットが描かれてます。

b0119493_153296.jpg


洗濯バサミでつくられた巨大な筒。

b0119493_1533211.jpg


洗濯バサミを分解して集められたバネ。

b0119493_1545431.jpg


大好きなミュージアムショップ。
書籍類が充実しているのでおすすめです。

b0119493_155345.jpg


本についてはアート系、から建築までありますが、厳選された目利き感を感じる
のでどれも読んでみたい本ばかり。

b0119493_1561988.jpg


このショップの隣には無料で使えるライブラリーもあるので芸術書を見たい方に
はおすすめです。

b0119493_1571964.jpg


ちょうどあやめが見ごろでした。
上段の池には豊田市にちなんで田んぼをモチーフにしています。

b0119493_1592544.jpg


風景としての建築。トータルバランスの高い美術館です。
[PR]
by nichijou-raisan | 2016-05-02 01:59 | RICOH GRⅡ | Comments(2)
Commented by desire_san at 2016-05-22 12:34
こんにちは。
『デトロイト美術館展』は今豊田市美術館で開かれているのですね。ゴッホへの自画像が展示されているようですね。 ゴッホの絵画が大好きなので東京に来るのを大好きなので楽しみにしていますので、楽しくブログを拝見しました。豊田市美術館はモダンですてはな美術館ですね。

私はオランダのゴッホ美術館に行って初期から晩年までのゴッホの作品見てきましたので、ゴッホの各時代の傑作の魅力とゴッホ美術の全貌について整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by nichijou-raisan at 2016-05-22 23:49
desire_san様、コメントありがとうございます。
非常に深いブログですね。じっくり読ませていただきます。勉強になります。
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite