日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

NIKON FE2 「瀬戸を歩く」

b0119493_23385066.jpg


マニュアルフィルムカメラのNIKON FE2の修理が終わり初の撮影です。
1983年に発売開始されたものなので、33歳です。
その間デジタル化の中で消えていったフィルムカメラです。

今回は瀬戸を歩きました。
瀬戸ものの町らしい煙突の風景。

b0119493_2341422.jpg


フィルムは、富士フィルムのヴェルヴィアISO100のポジフィルムで撮影したものを
一旦現像してから、カメラのキタムラの600万画素スキャンサービスを使って
データ化したものです。
現像とデータ化まででおよそ二週間かかりました。費用は、2000円ちょっとでしょうか。
デジタルに慣れていると、データ化までにこれだけかかってしまうとさすがに使わない
のもしょうがないです。

b0119493_2343932.jpg


瀬戸市新世紀工芸館。
大通りから見るとこの木造建物が見えますが、奥に行くと深いつくりになっていて
ギャラリーや工房、カフェやイベントスペースと充実しています。

b0119493_2345376.jpg


こども陶器博物館。
外観の写真はないですが、こちらも外観からはわからないほど充実した建物です。
陶芸の体験から工程実演、粘土遊びコーナーとかさすが瀬戸市という内容です。

写真は一階の窓から外の緑がきれいでした。

b0119493_2348121.jpg


深川神社。
奈良時代771年創建の由緒ある神社です。
本殿は、文化年間に建てられた諏訪の名工・立川和四郎が手がけたもので
随所に彫刻が施されています。

b0119493_2351234.jpg


深川神社鳥居。
身近なところにも美しい風景があります。

フィルムは急速な勢いで減っていると思います。
実際に使ってみて、デジタル化するのに時間とお金がかかることがわかり、残念でも
ありますが、手になじむ使い心地、操作感など、それでも持っていたいと思わせる
魅力がそこにあります。
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-09-17 23:52 | 写真 | Trackback | Comments(0)

懐かしのオールドカメラ

b0119493_23413772.jpg


祖父と父から譲り受けた古き時代のフィルムカメラです。

1、マミヤ645(1975年発売)
中判のブローニーフィルムを使うカメラで、高画質画像を
撮ることができます。一度はモルトを交換して、しばらく手持ち撮影で
使いましたが、プリントしてみると驚きの精細さでした。

2、ニコンFE2(1983年発売)
普及モデルの一眼レフカメラです。
非常に使いやすいことは触ってみてわかります。モルトが傷んでいたので
モルト交換と清掃を日研テクノに依頼し最近戻ってきました。
近々フィルムを入れて撮影してみようと思います。

3、キャノネット(1961年発売)
実際にフィルムを入れて撮影してみましたが、なんとなくレトロは感じで
ちょうどレンズの色といいノスタルジーを感じました。
フィルム機構が、トリガータイプで操作も楽しいです。

4、オリンパスPEN(1959年発売)
ボディーが小型で扱いやすい感じです。
実際にフィルムを入れたことがないので、これから試してみようかと
思います。

メカが主体の昔のカメラの大きさ、重量感、操作感は実に、魅力的な
ものがあると思います。
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-09-02 23:41 | 写真 | Trackback | Comments(0)

ハウスビジョン2 2016TOKYO EXHIBITION

b0119493_10243581.jpg


3年ぶりに開催されたハウスビジョン2 2016TOKYO EXHIBITIONが開催されました。
住宅の未来を展示する内容で企業、建築家、クリエーターの協働によるプロジェクトです。
場所は東京 青海の特設会場です。

b0119493_1027082.jpg


前回は7棟でしたが、今回は12棟の展示ハウスが並びました。
展覧会のディレクターは前回同様、原研哉氏。

b0119493_18394548.jpg


会場構成は建築家の隈研吾氏。
12の展示棟も著名建築家が名を連ねます。

b0119493_18412236.jpg


「広場のオリーブ」 
(住友林業緑化×そら植物園)

エントランスを入ると目の前にはシンボリックなオリーブの木です。
推定樹齢1000年のオリーブの古木。人類の生活に密接にある一本の木
から人の幸福とは何か、を気づかせてくれます。

b0119493_18443761.jpg


「1、冷蔵庫が外から開く家」
(ヤマトホールディングス×柴田文江)

b0119493_1846519.jpg


冷蔵庫が外から開くとどうなるのか。
クロネコヤマトを代表する物流システムとITで冷蔵庫の扉を介して新しい流通
システムができあがります。

b0119493_1848628.jpg


不在時に届いた生鮮食料品やクリーニングは室内扉から取り出すことができます。

b0119493_22543594.jpg


「2、吉野杉の家」
(Airbnb×長谷川豪)

Airbnbは、個人所有の住宅や部屋をネットを介して借りたい人につなげるサイトです。
このブースではコミュニティがホストとなることで、地域との新しい関係を構築すること
を提案しています。

b0119493_22575817.jpg


吉野杉の産地である奈良県吉野町にこの建物は会期終了後に移転されAirbnbに
登録される予定です。
Airbnbが人と人をつなぐだけでなく、地域と人をつなげる新しい試みといえます。

b0119493_22595040.jpg


二階の寝室部。
シンプルでミニマムな空間構成です。
地域との一体感を感じられるマテリアルとデザイン。

b0119493_231565.jpg


「3、の家」
(パナソニック×永山裕子)

シンプルな住宅とIoTを利用した豊かな空間の試みです。
建物外周にはARマーカーが付けてあり、ipadで読み取ると動画が流れる仕組みです。

b0119493_2334179.jpg


AR動画の様子。
いわゆる建築の外壁、内壁部がIoTの技術を使って拡張されて視覚や聴覚などの
機能が増幅されるデモンストレーションです。

b0119493_237186.jpg


「4、棚田オフィス」
(無印良品×アトリエ・ワン)

都市と農村の二拠点居住の提案です。
日本のどこにでもある里山が高齢化で人材不足になっています。
若者が農村居住をすることで日本の文化、景観が保全され未来の日本を形づくること
が可能ではないでしょうか。

b0119493_2391658.jpg


棚田風景を見ながらデスクワーク。
未来はもっと自然に近いのかもしれません。

b0119493_23101445.jpg


「5、遊動の家」
(三越伊勢丹×谷尻誠・吉田愛)

ニュー・ノマド、移動が常態となった人たちのための住宅の提案です。
ライフスタイルを家にしたそんな空間です。

b0119493_2329696.jpg


開放的なキッチンダイニング。
開放的であるがゆえ、音や香りも五感で味わえます。

b0119493_23302011.jpg


家具もなく開放的なキッチンスペース。

b0119493_2334940.jpg


未完成という茶の湯のこころを表現した茶室。
漆黒の壁が斬新です。

b0119493_23352231.jpg


キッチン、ダイニング、茶室というつながりです。

b0119493_2336148.jpg


茶室の前にはバスルームです。

b0119493_23365396.jpg


バスルームは閉じた空間ではなく、空間的に広がりが感じられます。
バスルームを第二のリビングと捉えるところにおもしろさがあります。

b0119493_2338357.jpg


寝室。

全体のマテリアルは、黒皮鉄、杉古材、モルタルで背景が構成されています。
シンプルであるがゆえに、生活を際出せるのが狙いです。

b0119493_2341308.jpg


「6、賃貸空間タワー」
(大東建託×藤本壮介)

テーマは賃貸住宅の再定義。
従来の賃貸住宅は専有部の最大化にありましたがここでは、専有部を最小化し
共有部を最大化するものです。

b0119493_011073.jpg


いわばシェアハウスに近いものといえますが、ここでは共用空間がプライベート
空間に重なることで新しい豊かさがもたらされます。

b0119493_025968.jpg


みんなの植栽。お年寄りたちが庭いじりを楽しむだけでなくコミュニティにも
役立てられます。

b0119493_051374.jpg


中心となるダイニングキッチン。
共有することで、高機能の調理器具を備えた贅沢なキッチンを使えます。
食事だけでなく、交流の場となります。

b0119493_084616.jpg


個人の本棚を共有すれば小さなライブラリーに。

b0119493_093324.jpg


積み木のように組み立てられた空間が作り出す豊かさ。

b0119493_0105065.jpg


「7、凝縮と解放の家」
(LIXIL×板 茂)

水回りをコアシステムとしてまとめ、開放的な構造部材による構成です。

b0119493_0145668.jpg


間仕切り壁は板氏お得意の紙の円筒形状です。

b0119493_0163662.jpg


ライフコア部には、風呂、トイレ、洗面、キッチンが一体化し凝縮したユニットと
なっています。

b0119493_0173153.jpg


開放的な開口部。
テラスと一体化する大きなリビングができます。

b0119493_0185598.jpg


「8、市松の水辺」
(住友林業×西畠清順×隈研吾)

この庭は市松模様のひとつがユニットになっていて、移動可能になっています。
プラントハンター西畠清順による二色の楓のやさしい木陰と足湯ならぬ冷えた水辺
で、庭がひとつのコネクターとして機能します。

b0119493_22553382.jpg


素足で触れる木材、涼をとる水辺。
ここは心地よい空間です。

b0119493_22565011.jpg


「9、木目の家」
(凸版印刷×日本デザインセンター、原デザイン研究所)

この建物の木目はすべて印刷でできています。
なんと手触り感も印刷されているそうです。

b0119493_0314161.jpg


印刷技術が生み出す新しい空間です。

b0119493_0322516.jpg


「10、内と外の間/家具と部屋の間」
(TOTO・YKK AP×五十嵐 淳・遠藤泰司)

このブースは窓のあり方、家具と建物の関係を再構築しています。
写真はちょっとした昼寝用の空間。

b0119493_036449.jpg


食べる空間。
手前部分はどう使ったらいいのか考えてしまいます。

b0119493_0371690.jpg


奥を覗くと、キッチンとさらに外にダイニングテーブルがあります。

b0119493_038246.jpg


こちらがダイニングテーブル。

b0119493_0384463.jpg


この模型を見ると全体像がわかります。
コアのリビングルームが5つのセクターに連結されています。
それぞれに機能が与えらえています。家具との一体化は使う人により自由な発想
で空間を構成することが可能であるとわかりました。

b0119493_0403520.jpg


「11、グランド・サード・リビング」
(TOYOTA×隈研吾)

プリウスPHVは大容量の電源と言えます。
このブースではリビングを持ち歩くという発想から、エネルギーインフラのない場所で
電気のある快適な生活を送るという提案です。

b0119493_044230.jpg


テントひとつひとつが家族の一人の住まいです。
大自然の中で過ごす未来は近いのかもしれません。

b0119493_0452715.jpg


イベントホール内にある書棚。

b0119493_0461422.jpg


ハウスビジョンの今回のテーマは、CO-DIVIDUAL 分かれてつながる、離れて
集まる、です。

個人個人が分断され、都市と地域の格差が増大した現代で、住宅と人の生活の
未来はどうなるのか、に対しての提案です。

非常に目が離せない内容です。
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-08-19 22:23 | RICOH GRⅡ | Trackback | Comments(0)

「現代語訳 風姿花伝」世阿弥

b0119493_14522757.jpg


「現代語訳 風姿花伝」 世阿弥 著(PHP)

能の世阿弥が記した能の理論書です。
世阿弥とは室町時代の能楽の立役者で今日の能の基礎を確立した観阿弥の一子です。

地震が太夫として一座を率いる看板役者の傍ら、風姿花伝をはじめ21の能芸論書を
記しました。

風姿花伝とは、世阿弥が父観阿弥の遺訓を基にした、日本最古の能楽理論書です。
また日本人にとっての美を深く探究した内容になっています。

明治42年に発刊されるまでは秘伝書として一般の眼に触れることはなかったといいます。

世阿弥は「花」という言葉を繰り返し使います。

能における花は自然の花のように散ってしまうため、散らぬように物まね含め数を
こなし究めることで、これが花の種になる、と。

芸能とは、諸人の心を和ませ、感動を与える幸福の根本、つまりは寿命を延ばす法となる
といいます。
楽しみというレベルから、幸せを、そして寿命を延ばすという理念まで通じているとは
まさに驚きです。

「花は心、種は技」

花というのは面白さ、観客に感動を与えるもの、そのために研究し、工夫し、種をつくる。
よって種とは自ら研究した技術といえます。

経典の言葉「善悪不二、邪正一如」を用いて花とはの説明をしています。

「本来良い悪いなど何をもって定めるのか。ただ時により足るものを良い、足りないものを
悪いとするだけのこと、この芸の品々というものも、その時代の人々所々によりその時の
遍き好みによって、受け入れられるものが用に足りるため、花となるのだ。
ただ、時の用に足りるもの、それを花と知るべきである。」

ジャパネットたかたの社長がこの本を何度も読み返しているとある講演で話されて
ましたが、この本を読んでみると、あのテレビ番組で伝えようとしてるもの、伝え方、
まさに風姿花伝ではないでしょうか。

後継ぎについて。

「家はただ続くから家なのではない。継ぐべきものがあるゆえ家なのだ。
人もそこに生まれただけでそこの人とはいえぬ。
その家が守るべきものを知る者のみ、その家の人といえるのだ。」と。

風姿花伝とは、

「その風(伝統)を継ぐものといえども個々人より出ずるところ大であれば、
語れども語り尽くせない。ただその風を得て心より心に伝えゆく花なれば
本書を風姿花伝と名付けたのだ。」
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-08-12 15:59 | レバレッジリーディング | Trackback | Comments(0)

「星の商人」 犬飼ターボ

b0119493_13252291.jpg


「星の商人」 犬飼ターボ 著(サンマーク出版)

副題は「成功の秘宝」を手に入れるためのレッスン、とあります。

商売、ビジネスの基本でもありますが、仕事の原理を説いている内容です。

商人を目指す二人レキとスタムが大商人オーランドから大商人の秘法を
買います。

そこに現れてくる文字は、

「他の成功は己の成功」

続いて

「成功者にふさわしき者を選べ」

「その者の成功を知れ」

「仕組みで分かち合う」

と。

二人の商人のうちスタムは人の財産を奪う海賊に、レキは商人の道へと
進んでいきます。

富が有限であるなら、奪い合いという発想になりますが、人の喜ぶことを
するというものには限界がありません。

「この世の富は限られたものではなく、無限である」という言葉を信じれば
人は善の気持ちで仕事ができるんだと思います。

ものすごくわかりやすくシンプルな構成で薄さもありますが、内容はビジネス、
仕事の本質をついているものであり、経営者に最適なのではないでしょうか。
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-08-12 13:39 | レバレッジリーディング | Trackback | Comments(0)

「わたしの土地から大地へ」セバスチャン・サルガド

b0119493_23462616.jpg


「わたしの土地から大地へ」 セバスチャン・サルガド/イザベル・フランク(河出書房新社)

世界的写真家セバスチャン・サルガドの自伝です。

東京に行った時は必ずよる青山ブックセンターでたまたま手に取った本です。
帯にはこうあります。

「世界的写真家の、自伝。
 神の眼をもつひと、と称され世界中に大きな影響を与える報道写真家・・・」

この「神の眼」はどんなだろうとぱらぱら見てみると、驚愕の画像です。
その描こうとしている内容とは裏腹にある種、尊敬の念をもって捉えている画像です。

かつて究極のリアリズムを掲げた土門拳のリアリズムに美的要素という表現はふさわしくないですが、威厳とそれを超えた美が伝わってくるのです。

はっきりいって彼の作品は、移民、貧困、紛争などテーマは非常に重いものばかりですが、その一瞬の中に尊敬のまなざしと美へ昇華させているのです。

故郷であるブラジルで原住民の調査をしていて都市に住む人間は自然のかかわりにおいて違ってしまったといいます。我々は木の名前を忘れてしまったことや、自然のサイクルに関しても無知になってしまった。
はたして人は幸せになったのか、進化したのか、そんな問いかけが聞こえてきます。

サルガドはモノクロ撮影が中心です。
そのモノクロへのこだわりは次の文章でわかります。

「だけど白黒のイメージを見るときは、イメージがわたしたちのなかに入ってきて、わたしたちはイメージを消化して、そうと意識しないまま色づけをする。そういうわけで見る人のなかに摂りいれられて、見る人はイメージを自分のものにする。白黒のこういう力はほんとうにすごいと思う。」

写真集ジェネシスの一環で北極圏近くのネオツ族との出会いがありました。
彼らと一緒に過ごしたことで、わたしたちの生活を支えている大原則というのは、わたしたちのいまの社会ができあがるずっと前から存在していたという証拠が得られたそうです。

最後に彼の言葉集を。

「わたしはこの惑星と出会った」

「起源の人間はとても強くて、わたしたちがその後、都会化して忘れてしまった何かをたくさん持っている。わたしたちの本能だ。」

「自分たちはあらんかぎりの手段をつくして、人間という種の生き残りを保障してくれるものを破壊してしまっているんだということも見た。」

「都市化の結果として自分たちを自然から切り離したせいで、わたしたちはとてもややこしい動物になってしまったということだ。この惑星と疎遠になったせいで、わたしたちは奇妙な存在になってしまった。だけどこれは解決不可能な問題じゃない。対策のカギは情報にある。
もう少しでもこういった情報を提供できたんだとすれば、わたしは幸せだ。」

「惑星のほうへ戻っていくのが、よりよく生きるための唯一の方法だ、という確信だ。
現代世界は都市化されていて、規則や法律でいっぱいで、生命力をそがれてしまう。
少しばかり自由を取り戻そうというのなら、自然のなかにしかチャンスはない。」

「わたしの写真は社会活動じゃなくて、職業だ。私の人生だ。
わたしは写真が、撮ることが、カメラを手に持っていることが、フレーミングするのが、光と戯れることが大好きだ。人々と生きるのが、いろいろなコミュニティを観察するのが、そしていまでは動物や木や石を観察するのが大好きだ。
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-08-08 00:15 | レバレッジリーディング | Trackback | Comments(0)

八百津散策 Yaotsu town walk

b0119493_595055.jpg


岐阜県加茂郡八百津町は人口約1万人の緑豊かな町です。
町名の由来は、丸山ダムができる前は木材を川で流していて集積所がたくさん
あることから八百(たくさん)の津(集積所)から八百津となったそうです。

Yaotsu-town, Kamo-gun, Gifu pref. has a population of 10,000 people
and a lot of forest in its surroundings.
The town has a historical name.
There were many ports along the Kiso river to move timber.
The name come from Yao which means a lot and Tsu which means port.
So the name of the town comes from Yaotsu.

写真はシンボルの木曽川にかかる八百津橋。

So the photo is simbolic for Yaotsu bridge over Kiso river.

b0119493_5305181.jpg


最近映画化された杉原千畝の故郷であることでも知られています。

The diplomat Chiune Sugiura was born in this city.
Recently, there is a movie about his life here.

b0119493_5321076.jpg


最初に向かったのは旧八百津発電所資料館です。
明治大正昭和に渡って日本の産業の近代化へ貢献した産業遺産です。

At first, I went to the Old yaotsu power plant museum.
This plant contributed to Japanese modernization of industry from
Taisho period to Showa period.

b0119493_5335379.jpg


旧八百津発電所は、明治44年(1911)に木曽川水系発の本格的発電所として
建設されました。

The old yaotsu power plant was built as a first full-scale power plant
on the Kiso river system in 1911.

b0119493_5355285.jpg


平成10年(1998)に日本の水力発電を物語る資源として国の重要文化財に指定
されました。現在は、一般に公開されています。

The power plant was designated as an important cultural property of
Japanese resources for generating hydroelectric power.
Now this plant has been turned into a museum.

b0119493_5372646.jpg


本館にある発電機。
3つの発電装置があり、発電機はアメリカ ゼネラルエレクトリック製です。
最大出力は9600kw。

The generators in main building.
There are three generators made by the American company General
Electric.
The maximum output of the generators is 9600 kw.

b0119493_5394633.jpg


ちょうど建物の裏側に水圧鉄管が入っており、建物下部の水車を回し発電して
いたそうです。

There are water pressure steel pipes on the back side of the building.
The water is generate by rotating the waterwheel under the building.

b0119493_541886.jpg


一階の母線室。
館内には日本の電力産業や八百津発電所の詳細な展示があります。
天井のアール部分はレンガ積みとなっていて貴重な遺構だそうです。

This is the wiring room on the first floor.
There are exhibitions of Japanese power industry which take place at
the Yaotsu power plan.
The small ceiling arch is a precious relic made of bricks.

b0119493_5423711.jpg


本館の建築デザイン。
非常にシンプルでモダンです。レンガ造りモルタル塗りなので洋風です。

This is the architectural design of main building.
It is quite simple and modern.
The style of this room is western because of its brick structure with cement.

b0119493_5441079.jpg


八百津という町の中でもモダンなデザインの発電所は異彩を放っていたと
いいます。

They say that the modernized power plant was outstanding
in Yaotsu town.

b0119493_545450.jpg


二階のギャラリー。こちらは暮らしと産業というテーマで農具から茶碗、調度品など
多種多様な歴史資料が展示されています。

This is the gallery on the second floor.
We can see the life and industry of Yaotsu town.
There are farming tools,china porcelain,furniture and historical data.

b0119493_5461679.jpg


エアコンがないので、室温は35℃くらいになります。
夏場は厳しい。

There was no air conditioning, so the room temperature was 35 degrees.

b0119493_547226.jpg


出土した縄文土器から尖頭器などじっくりと見たいものです。

I had enough time to see the details of Jomon potteries and ancient equipments.

b0119493_5474131.jpg


二階からの眺め。
当時の轟音が鳴り響いていたころを感じさせます。

This is the view from the second floor.
At that time, the machine was making a lot of noise.

b0119493_5482829.jpg


建築デザインという観点からも非常に見ごたえがあります。
シンプルな構造とシンプルな窓枠デザイン。

The building is important from the point of view of architectural design.
It has simple structure and window frames.

b0119493_5494243.jpg


本館の建物の隣に建つ放水口発電所。
こちらは大正6年(1917)に電力需要増大により本館発電所の放水口から出る落差7m
の水を再利用した発電所です。

This is the drainage power plant next to the main building.
It is the hydraulic power plant used for recycling water from the drain.
It is 7m tall.

b0119493_553039.jpg


放水口発電所は未整備のため公開されていません。

The drainage power plant is now closed because of lack of money.

b0119493_5533268.jpg


続いて向かったのは杉浦千畝記念館です。
映画は唐沢敏明が主演されていたのであちこちでポスターを見かけます。

After that, I went to The Chiune Sugiura museum.
The movie's staring Toshiaki Karasawa, people can see its poster
all over the city.

b0119493_5571034.jpg


終戦間近の1940年リトアニアの日本領事館で日本への通過ビザを発給し多くの
ユダヤ人を助けました。

He helped Jewish people by giving them visas to go to Japan at Japan
consulate in Lithuania in 1941.

b0119493_5574351.jpg


日本政府からはビザを発給してはいけないという指示の中、自らの決断において
ユダヤ人にビザを発給し続けたそうです。自分の立場を捨てて。

He decided to give them visas against Japanese government decision.
He abandoned his position after that.

6千人の命を救った外交官杉浦はその数倍の命、家族を救ったことになります。

He saved about 6000 Jewish people.
And he saved over 6000 families.

写真は人道の丘公園。

This photo is the Humanity Hill park.

b0119493_5595229.jpg


千畝の残した言葉。

He left the words.

「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして、報いを求めぬよう」

"do not be cared by someone, care for someone, do not ask reward"

これら言葉に千畝の行動の根幹があるように思えます。
すばらしい人道者がこんなにも近くに縁があったとは驚きです。

I think this words are containing his basic thinking.

八百津市内を望む。

This is the view of Yaotsu town.

b0119493_625599.jpg


八百津にはたくさんの見どころがあります。

「めい想の森」からの眺め・・・紅葉
「上代田棚田」・・・千畝の生家があった棚田風景
「五宝滝公園」・・・滝の名所
「八百津祭り」・・・4月開催
「丸山ダム」・・・土木構造物
などなど。

There are many viewing spots in Yaotsu town.
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-08-07 06:08 | K-1 | Trackback | Comments(0)

多治見市花火大会 Tajimi-city fireworks

b0119493_22283492.jpg


平成28年7月31日多治見市花火大会です。
夏といえば花火です。

There was a fireworks event in the city of Tajimi.
In Japan, fireworks represent a special event for Summer.

b0119493_22285549.jpg


地元というだけあって徒歩で行けるのは便利。
お神輿も祭りの賑わいを盛り立てます。

People can easily go to see the fireworks.
They can go on foot.
The portable shrine makes people get exciting during the summer
festival.

b0119493_223097.jpg


今回は土岐川まで行って間近で見ました。
川沿いの土手は人でごった返していて少し川から離れた位置での眺めです。

I went to the river bank to see the fireworks clearly, it is a great
view spot.
The river bank was crowded because of the large amount of people.

b0119493_22313852.jpg


土手沿いに並ぶ的屋の明かりが川面に反射してきれいでした。

The lights of shops reflected on the river and it was beautiful.

b0119493_22572815.jpg

[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-08-01 22:58 | RICOH GRⅡ | Trackback | Comments(0)

多治見モザイクタイルミュージアム

b0119493_6155161.jpg


平成28年6月4日に岐阜県多治見市にオープンした多治見モザイクタイルミュージアム
です。土の山のような建築デザインが特徴的です。

b0119493_61654100.jpg


多治見は美濃焼の産地として茶碗、タイルの生産地です。
このミュージアムのある笠原町はモザイクタイルの産地として有名です。

b0119493_6175246.jpg


地元悲願のモザイクタイルミュージアムと言えます。
この特徴的な建築デザインといえば、建築家の藤森照信さんの設計です。
タイルの原料である土の採土山をモチーフとしました。

b0119493_6192746.jpg


モザイクタイルの博物館なのに、モザイクタイルが使われていない、と誰しもが
口にします。そもそも多治見市の最近の公共建築物はタイル、タイル、タイル。
市長曰く、タイルのショールームにするという方針です。

外壁の一部にはモザイクタイルはありました。

b0119493_752075.jpg


童話に出てきそうなかわいいエントランス。

b0119493_7522790.jpg


床面も独特。天然石のようです。
もともと藤森さんの建築は土着的なものが多いです。
自身は建築史家でもあるので、その場所に根差した、古民家や地域資源に基づいた
建築志向です。

b0119493_754947.jpg


展示室へと続く大階段。
正直暗いという印象でまるでトンネルを抜けていくようです。

b0119493_7554544.jpg


4階の展示室。丸い部分は屋根に穴が空いてます。

b0119493_757558.jpg


藤森さんのセレクトした古きモザイク貼りの施設。

b0119493_7573863.jpg


昭和の生まれの人は見たことあるんだと思います。

b0119493_75845.jpg


とてもきれいなモザイクの装飾。

b0119493_7583010.jpg


ボンドがはみ出たりと少々粗さも目立ちますが、モザイクの形のおもしろさ
カラフルさなどが表現されています。

b0119493_7591317.jpg


明るい展示室。

b0119493_7594671.jpg


モザイク貼りのカマドも。

b0119493_80674.jpg


壁にはモザイクの絵があります。
最近はなかなか見ることがないレトロな雰囲気。

b0119493_805484.jpg


展示としては一番の撮影スポットです。

b0119493_81285.jpg


3階ギャラリーは企画コーナーと常設のモザイクタイルの資料が並びます。

b0119493_821113.jpg


こうしてみるとタイルはカラフルで楽しい。

b0119493_824049.jpg


タイルの歴史。

b0119493_831343.jpg


多治見のモザイクタイルメーカーの昔の台紙。

b0119493_841116.jpg


二階はタイルメーカーの商品が展示されています。

b0119493_844224.jpg


タイルというのは素材としては古く、今なお多治見の産業となっています。
時代とともに使われる場所も変化しています。
日本は内装から外装へと向かい、世界的にもめずらしいといえます。

b0119493_861190.jpg


一階はショップとワークショップスペースがあります。

b0119493_863835.jpg


おもしろ焼き物グッズとの出会いも。

b0119493_876100.jpg


実は屋根にも植栽が。
シンボリックな建物で知名度も上がるかと思います。

地元産業活性化につながればです。
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-07-31 06:13 | K-1 | Trackback | Comments(0)

土木展 the civil engineering exhibition

b0119493_0251560.jpg


21_21 DESIGN SIGHT にて開催中の土木展です。
おそらく土木と言われても一般の人からすればよくわからない領域です。

I went to the civil engineering exhibition at 21_21 DESIGN SIGHT in Tokyo.
People in Japan don't know much about civil engineering in general.

今回はその土木に焦点をあてた展示で、駅舎、橋梁、景観設計などを手掛ける
西村浩のディレクターで、建築家 内藤廣の企画協力を経て実現したものです。

The exhibition is produced by Hiroshi Nishimura, a designer of a stations,
bridges and landscapes, in cooperation with an architect Hiroshi Naito.

b0119493_026317.jpg


ヤマガミユキヒロ作の「六甲山からの眺望」という作品です。
モノクロの風景に刻々と変わる空が表現されています。

This work called "The view from Rokko mountain" is designed by Yukihiro Yamagami.
We can see the dynamics of changing colors.

b0119493_0293063.jpg


非常に美しい作品です。

It is so beautiful. I was impressed.

b0119493_02954100.jpg


渋谷、新宿、東京駅の図解です。
世界的にもまれな複雑すぎる駅。こうしてみるとますます難解です。

These works are the visualized stations in Japan.
Shibuya, Shinjuku and Tokyo station are so complicated.
It is difficult to understand the structure of the stations.

b0119493_0321313.jpg


日本の高度経済成長を支えた土木の迫力の映像です。
時代の息吹を感じます。

The movie shows the development of civil engineering in Japan.

b0119493_0331462.jpg


土木を支えてきた道具たち。

These are tools of civil engineering.
We can feel the power of humans hand,directly.

b0119493_0333379.jpg


まるで旧石器時代の槍を見ているような感覚です。

As if we were in paleolithic age.

b0119493_034524.jpg


いつもは足元しか見ないマンホールの構造。

We usually see only the top of the man-hole.
The work shows us its structure.

b0119493_0343763.jpg


この建物の設計は安藤忠雄氏。
ミニマルな空間が光と影を呼び込みます。

This museum was designed by Tadao Ando, the world's famous architect
from Japan. The minimal space introduces the lights and the shadows.

b0119493_0351967.jpg


土木写真家 西山芳一氏の作品。
今回の展示で一番印象に残りました。

These are photographs of Houichi Nishiyama, a civil engineering
photographer.
The works introduces us the civil engineering technologies of Japan.

b0119493_036587.jpg


土木はこうしてみると一つの建築です。

I think the civil engineering is a kind of architecture.

b0119493_0374592.jpg


渋谷駅の模型。
よくぞここまで作ったものだというくらいの複雑なものです。

This is the model of Shibuya station.
It is so complicated.

b0119493_0385458.jpg


平の鉄板の形状を変えることで、強靭な構造へと変化します。

A flat steel changes the structure.
This shows us how powerful civil engineering is.

b0119493_0395196.jpg


参加型インスタレーション。
人でもって土留めとして水の流れをせき止めます。

If a person stands in front of the screen, he can stop the waterfall.

b0119493_0403750.jpg


土木は構造体として見えるものと、インフラとして地下や道路に埋め込まれて
いくものがあります。

As for the civil engineering, there are two different types of visualization.
One is visible and the other is invisible.

b0119493_0415731.jpg


いまや世界に誇る日本の土木技術についてもっと知ってもいいのでは、と思います。

I think that more Japanese people should be familiar with our civil engineering
technologies,since this is something we should be proud of.

b0119493_043281.jpg


写真は永代橋の図面。

おすすめです。

The pictures on the wall are the blue prints of the Eitai bridge.
[PR]
# by nichijou-raisan | 2016-07-25 00:22 | デザイン | Trackback | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite