日常礼讃BLOG

nichijour.exblog.jp ブログトップ

八幡神社 流鏑馬奉納

b0119493_23050720.jpg
岐阜県土岐市妻木町にある八幡神社で400年続く流鏑馬奉納です。
小さい時以来、しっかり見に来たのはずいぶん経ちます。

b0119493_23050946.jpg
2017年10月8日(日)は天気もよくまさに流鏑馬日和。
武者行列と合わせて神輿が練り歩きます。

b0119493_23051253.jpg
子供のころの記憶よりずいぶん規模も大きく感じました。
地元の協力あっての伝統行事です。

b0119493_23051307.jpg
こちらが武者行列。
ちびっこ武者行列もかわいかったです。

b0119493_23051781.jpg
午後13時過ぎから流鏑馬の練習が始まり、武者行列と同時に神輿が一旦仮置きされます。

b0119493_23052310.jpg
今回走る6人の小学生の紹介を兼ねて引き馬されます。

b0119493_23052507.jpg
境内の参道の砂利の坂道を登り終えたところ。
いよいよ本番間近です。

b0119493_23052953.jpg
合図とともに駆け上がります。観衆も一気に盛り上がります。

b0119493_23053116.jpg
続々と6人が駆け上がります。

b0119493_23053709.jpg
大型のレンズを持つカメラマン、愛好家も数多くいました。
環境は日陰から太陽光に写りながら、スピードは速く、撮影はなかなか難しいです。

b0119493_23053945.jpg
脚立を持ってきてまで撮影している人もいました。

b0119493_23054149.jpg
全員駆け上がると、引き馬されながら下まで行きます。その道中、縁起物の扇子と鞭が観衆に向けて投げられます。
b0119493_23054497.jpg

こうして優々と歩いている後姿はとっても凛々しいです。
フィナーレはお神輿を本殿に納めるところですが、この日は時間なく見られませんでした。
来年はまたベストスポットを取りたいと思います。

b0119493_23055400.jpg
ちょうど写真の盛り上がった部分が妻木城址になります。
時代は変わったとはいえ、天然のお堀である川といい、立地条件が山城に向いていたのでしょう。

b0119493_23060145.jpg
こちらが少しわかりづらいですが、城下町でよく見かける枡形道路です。
敵が攻め込んできたときに道路を曲げることでスピードを落とすのが目的です。
一般的な枡形に比べると少し小さ目です。

b0119493_23060366.jpg
妻木城の城下町らしい風情はほんの一部のみです。
こちらは庄屋の建物。

b0119493_23060552.jpg
蔵も昔はありましたが、残っているのもごくわずか。

b0119493_23060783.jpg
こちらも門構えがなんとなく風情が残ってます。

b0119493_23061353.jpg
街並みがあっても、住宅の開発が行われると、全面駐車場となるので、いわゆる街並みを構成する壁の部分がなくなっていまいます。なかなか難しいところですが、これも一つのインバウンド対策としての観光資源として景観形成ガイドラインなどを市で設置できたらと思います。
行政側が入らないと、大きな資金負担含め、成り立たないと思います。



[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-10-10 00:41 | K-1 | Comments(0)

Z's展 vol.2

b0119493_11520547.jpg
写真家江口善通先生と50人のフォトグラファー展です。
モンベル東京京橋店二階のサロンで平成29年9月30日より10月6日まで開催されます。

b0119493_11520571.jpg
今年で二回目の開催となるグループ展で、江口先生にゆかりのある写真愛好家の作品が
展示されています。
最初のご挨拶の中で到着した順番にレイアウトをしたそうです。こうしてみいると
バラエティに富んだ作品で個性が発揮されています。

b0119493_11520676.jpg
江口先生はリコーのクラブツアーも多数されている方で、その魅力で仲間となった方々
が多く来場されました。初日はオープニングのトークショーと、パーティが行われました。

b0119493_11520602.jpg
こちらは江口先生の鹿児島奄美の作品。
樹木の見上げですが、テクニカルな説明が非常に参考になりました。
やはりプロは違います。

b0119493_11520555.jpg
続いて写真家小林義明先生の北海道の作品。
紅葉を撮影してますが、645サイズのため非常にディテールがすばらしい。

b0119493_11520604.jpg
招待作家最後は、写真家相原正明先生のお台場の高速と夕景の作品。コンクリート構造物の
巨大なリングと夕景の世界が描かれます。
相原先生とは懇親会でいろいろとお話しさせていただきました。なんとオーストラリアは
長い時で年に7か月は撮影で行っているそうです。
もはや第二の家になっていて、国内移動している感覚と言われてました。
アートに関する造詣、建築写真もよく撮影されるとのことでした。

b0119493_11520796.jpg
作品は風景からスナップ、ポートレート、モノクロ、カラーなど多彩。
ひとつのパネルにすることで別の面白さがあります。

b0119493_11520685.jpg
最後に江口先生、小林先生、相原先生それぞれから一点ずつ表彰がありました。
驚いたことに、相原先生より私の作品が選定され表彰いただきました。

b0119493_00242923.jpg
こちらがその作品です。場所は愛知県豊田市にある豊田市美術館です。
設計は建築家の谷口吉生さんです。
氏の設計は非常にモダンでありながら、非常に繊細な日本の美意識が表現されて
います。この階段室は二階ギャラリーにつながるところですが、こういう部分で
すら空間、見え方を工夫されていると感じます。
建築は光の中にあって、光と交わることで初めて生きることができるのだと
思います。
カメラ:RICOH GRⅡ(ブリーチバイパス)

b0119493_00281732.jpg
こちらは今回のもう一つの作品。場所は長野県の柿其渓谷です。
非常に澄んだ水面に写る青々とした緑が移ろいながらきらめきます。
まさにエメラルド。おすすめスポットです。
カメラ:PENTAX K-1+SIGMA 18-250mm F3.5-6.3


[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-10-01 21:15 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

くらすわ

b0119493_15372833.jpg
諏訪湖畔にある「くらすわ」さん。遠くからでも真っ黒な外壁でシンボリックです。

b0119493_15372935.jpg
ここは養命酒の会社のアンテナショップです。自社製品だけでなく、信州のおいしいもの、暮らしに役立つものを開発、販売しています。

b0119493_15372868.jpg
一階はショップアンドベーカリー、二階はレストランです。夏は屋上はビアガーデンになります。

b0119493_16293609.jpg
非常にモダンなデザイン。東京からのお客さんにも好印象です。

b0119493_15373086.jpg
中央にある大階段。ここでウェディングもできるそうです。集合写真にも良さそうです。

b0119493_15373055.jpg
階段の装飾。地域の植物が入っています。学ぶにもいいです。

b0119493_15372943.jpg
一階ベーカリー。イートインスペースもあります。

b0119493_15372922.jpg
充実のショップ。食材からスィーツ、雑貨に至るまで店内にぎっしり。

b0119493_15372906.jpg
季節の贈り物コーナー。

b0119493_16293531.jpg
二階レストランに向かう階段。

b0119493_16293635.jpg
駐車場側のエントランス。枕木舗装もまたいいです。ロゴマークは水の波紋を表していて、常に初心に帰ってつくり続けるということだそうです。非常にセンスもよく、おすすめスポットです。

[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-08-15 16:37 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

片倉館

b0119493_14415236.jpg
シルクエンペラー片倉財閥によって地域住民に厚生と社交の場をということから1928年(昭和3年)に建設されたものです。場所は諏訪湖畔に建ちます。

b0119493_14405541.jpg
用途は天然温泉大浴場と食堂からなっています。今回は入浴できませんでしたが、100人が同時に入れるほどの大きさです。写真は屋上からの煙突。

b0119493_14400020.jpg
外壁はせっき質タイルが張られ、構造は鉄筋コンクリート造となります。非常に堅牢なつくり。

b0119493_14395970.jpg
壁面意匠も非常に凝っています。

b0119493_14395878.jpg
屋上は諏訪湖花火大会の観客席となるようで準備されてます。それは美しいことでしょう。

b0119493_14395904.jpg
屋上からの諏訪湖の眺め。映画「君の名は」のモチーフとなったと言われる湖。確かに似てます。

b0119493_14395891.jpg
この日は雨が続きましたが打って変わって非常にきれい。

b0119493_14400082.jpg
二階の食堂、くつろぎ処。非常に贅沢。

b0119493_14395931.jpg
二階から屋上に出る階段。こういったつくりが非常にゆとりがあります。

b0119493_14405672.jpg
非常にリーズナブルな食堂メニュー。駐車場も無料なので食事だけでも利用できます。

b0119493_14405645.jpg
ドアにもいろいろ貼ってますが、実用されているのでこれはこれで。

b0119493_14405614.jpg
二階には芸能人の記念コーナー。実はこの建物はテルマエロエの映画の舞台にもなっています。ほか芸能人も多数来場されているようです。

b0119493_14405667.jpg
階段部の雰囲気も非常にすてきです。

b0119493_14405743.jpg
これが昭和初期の当時の写真です。思いでのマーニーのような洋館のたたずまいです。

b0119493_14405624.jpg
片倉財閥二代 片倉兼太郎社長。大正11年から12年にかけて欧州、北中南米への8万キロ、10か月の視察旅行を行い欧米諸国の多くが地域住民に対する文化、福祉の整備を充実しているのに感銘を受け、片倉館の建設につながったそうです。

b0119493_14415141.jpg
平成19年度 近代化産業遺産に登録されてます。

b0119493_14415144.jpg
温泉内部はこのようになっています。大理石造りの浴槽、ステンドグラス、彫刻など他に見ないつくりとなっています。
b0119493_14415189.jpg
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
効能:関節痛、神経痛、筋肉痛、五十肩など



[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-08-15 15:35 | K-1 | Comments(0)

諏訪大社 上社本宮

b0119493_21170037.jpg
初めて来た諏訪大社上社本宮。テレビでは御柱祭で見てましたが実際に来たのは初めて。諏訪インターからも近く非常に便利です。駐車場も大型のものが完備されています。お土産やさんも充実。

b0119493_21170077.jpg
諏訪大社 本宮(ほんみや)。諏訪大社は諏訪湖を囲むようにして4つの神社があります。上社は諏訪湖南岸です。

b0119493_21170145.jpg
こちらがその御柱(おんばしら)と呼ばれるモミの大木。社殿の四隅に立てられています。説によれば神霊の依り代または社殿立て替え時の資材とあるそうです。

b0119493_21170123.jpg
本宮は明石山脈の守屋山北麓に鎮座します。重要文化財に指定される拝殿。拝殿の後ろに幣殿、左右に片拝殿が続く「諏訪造」と呼ばれる独自配置です。この日に祈祷もしていただいたのですが、左側に入り、宮司さんの動きが左右を行ったり来たりするのでやはり独特だと思いました。

b0119493_21170184.jpg
境内上段です。奥にあるのが社務所です。祈祷の受付所となっています。

b0119493_21170247.jpg
境内から鳥居方面を望む。

b0119493_21170255.jpg
西宝殿。

b0119493_21170225.jpg
なんと樹齢1000年と言われる大けやき。

b0119493_22593161.jpg
土俵がありました。

b0119493_22593168.jpg
重要文化財の神楽殿。こちらの太鼓は一枚皮で非常にめずらしいそうです。

b0119493_22593112.jpg
手水屋の車止めですが、諏訪鉄平を積んでおり、なかなか珍しいです。

b0119493_22593016.jpg
隣には法華寺があります。ここは織田信長が甲州征伐の時、本営として滞陣していた場所でした。お寺から街を望むと非常に見晴がよく陣を組むには最適です。実はこの寺で論功行賞を行い多くの武将が集まっており、信長が明智光秀を愚弄したため、信長は恨まれ本能寺の変の原因のひとつを作ったとされます。

b0119493_22593027.jpg
諏訪のパワースポットおすすめです。


[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-08-15 00:29 | K-1 | Comments(0)

御射鹿池(みしゃかいけ)

b0119493_21025281.jpg

長野県を代表する日本画家といえば東山魁夷です。この池は御射鹿池(みしゃかいけ)といいます。

b0119493_21025207.jpg
長野県茅野市にあります。白樺湖からだと車でおよそ30分くらいでしょうか。峠道をくねくね走るとたどり着きます。

b0119493_21025249.jpg
非常に幻想的で東山魁夷がモデルとしたのもわかります。その世界観を体験できただけでも非常にうれしい限りです。

b0119493_21025342.jpg
蓼科も含めこのエリアの自然風景は美しいです。



[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-08-14 21:00 | K-1 | Comments(0)

陶都街並探偵団 笠原ウォーク

b0119493_20181455.jpg
陶都街並探偵団 笠原ウォークです。ボランティアガイドさんとともに多治見市笠原町を巡ります。スタートは、笠原神明宮です。14世紀中ごろ建立されたといいます。秋には花馬の馬駆け行事が行われます。陶製狛犬など文化財もあります。

b0119493_20181411.jpg
境内は広く緑も豊富です。

b0119493_20181453.jpg
庚申堂。本尊は青面金剛像ほか3体が安置されています。
b0119493_20231994.jpg
庚申堂脇にある石造物群。万治の地蔵など。

b0119493_20250423.jpg
これが万治の石仏。江戸時代前期の万治3年(に建てられた石仏。2年前の万治元年に領主である妻木城主が急死、笠原村が天領になったため、精神不安からお地蔵さんに救いを求めたとされます。笠原内には5体、滝呂町には1体存在しています。

b0119493_20231996.jpg
途中味のある倉庫を発見。

b0119493_20231972.jpg
商店街から見るモザイクタイルミュージアム。街並みと重ねるとまた新しい風景です。

b0119493_20231984.jpg
まだ田舎ではこのような風情のある雰囲気も残っています。

b0119493_20232013.jpg
タイル張りのビル。最近ではビルの外壁にタイルは少ないですが、レトロを感じます。

b0119493_20232002.jpg
モザイクタイルミュージアム。設計はかの有名な藤森照信さん。土着的なデザインに定評があります。

b0119493_20232001.jpg
緑も青々としていて、藤森さんの設計意図通りの風景。モザイクタイルの産地である笠原町の採土場をイメージされたそうです。それゆえ、モザイクタイルミュージアムなのに、タイルがない、という設計です。近づくと外壁にポイントのようにモザイクタイルが入っているのがわかります。

b0119493_20232027.jpg
アプローチ灯。御影石とタイル(天板)の組み合わせ。

b0119493_20231833.jpg
エントランス前の舗装。本来芝目地だと思いますが、通行が多いと芝も育たず。

b0119493_20181221.jpg
1階はショップと体験コーナー、2階は地元タイルメーカーの展示スペース、3階はギャラリー、4階は藤森さんが選んだタイル貼りの製品や建物の一部が展示されています。

b0119493_20181362.jpg
手すりウォール部分もモザイク貼り。曲面仕上げには細かなモザイクタイルが似合ってます。

b0119493_20181306.jpg
壁面下部には風を取り入れるための通風孔があります。下から取り込んで上から暖かい空気を出すという自然循環のシステムです。

b0119493_20181400.jpg
見せ場にもなっているモザイクの装飾。

b0119493_20181387.jpg
昔懐かしいモザイク柄。

b0119493_20181420.jpg
モザイクの色、形のおもしろさを体感できる展示です。

多治見笠原地区もミュージアムをきっかけとして非常に多くの来街者があります。地域おこしに繋がっています。


[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-08-14 20:47 | RICOH GRⅡ | Comments(0)

「誇りとなる会社の作り方」蓬台浩明

b0119493_21435008.jpg
「誇りとなる会社の作り方」蓬台浩明(現代書林)

浜松にある都田建設の社長である蓬台さんの著作です。
ドロフィーズという北欧風の街づくりが有名で、本の表紙にもある都田駅のリノベーション
も手掛けています。

蓬台さんは「利他の精神」と繰り返し述べられています。
自分の利益ではなく、お客様、引いては社会のためでないと企業は存続できないと言います。

ドロフィーズの語源はというと、ドリーム(夢)、ラブ(愛)、フリーダム(自由)
ズ(仲間)の造語です。
ファンタジックな印象もありましたが、すべてがすべて哲学的な裏付けで展開されている
ことがわかります。

蓬台氏のいくつかの言葉

「美しさは、心の表れ」

「誇りは、自分の存在への感謝と、命に対しての畏敬の念から生まれる」

「企業というのは地域に愛されることなしには存在する意味がない」

「美的センスを高めること、最高のおもてなし」

「本物を丁寧に、そして大切にしていきたい」

「美と経営の融合は、これから必ず大切になってくる時代」

「感性とは、感じ取る力。お客様の心理を感じ取る。人々の心を感じ取る。」

ドラッカー「マネジメントは決して経営学ではなく、人を幸せにする仕組み」

ドロフィーズ 企業理念
・正道を歩む(信念と誇りを持って、嘘偽りなく行動する)
・感謝する(出会いや仕事のあることを素直に喜ぶ)
・社会に貢献する(夢と感動を与える活動を通じ、適正利益を出し続ける)

行けば必ず都田建設が展開する思想や哲学、その空気感に魅了されます。
おすすめです。


[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-06-11 23:09 | レバレッジリーディング | Comments(0)

「生きることは闘うことだ」丸山健二

b0119493_21323409.jpg
「生きることは闘うことだ」 丸山健二 (朝日新書)

孤高の作家、丸山健二によるエッセイ集です。
ひとつひとつの言葉が鋭利な刃物ように突き刺さります。

こうした言葉の数々は経験しないととてもわからないような真に迫ったものばかりで
作品の裏付けになるものと思います。

生き方というものに対して非常に厳しい目線を感じます。
特にまわりに頼らず自分自身の足で立つ、そこに人間らしい生きざまがあるのだといいます。

命の真の喜びとは、緊張の連続の中にこそあり、また生き抜くこととは、闘い抜くこと。

丸山健二の著作は読む側にもある種、闘いを挑んでいるのかもしれません。


[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-06-11 21:43 | レバレッジリーディング | Comments(0)

イコロの森



b0119493_15194704.jpg

千歳空港からもほど近い場所にあるイコロの森です。

b0119493_21015173.jpg

もとは園芸ショップですが、北海道のナチュラルガーデン、レストラン、カフェの複合施設と
なっています。

b0119493_21015158.jpg
こういったシダが多いのも北海道の特徴です。

b0119493_21015196.jpg
イコロの森は入園料が必要です。大人600円、子供300円。
営業は4/21~10/31までで、9:00~17:00までとなっています。

b0119493_21074585.jpg
蛇籠のウォール。自然素材で生態系にもやさしいです。

b0119493_21074562.jpg
こちらはクラフト作品などを販売するイコロハウス。

b0119493_21074569.jpg
ひとつひとつ味わいのあるグッズがセレクトされています。

b0119493_21074515.jpg
陶器も雰囲気もいいです。
クラフト作品は手が触れることで忘れた感覚がよみがえったりもします。

b0119493_21103582.jpg
左側にエントランス、イコロハウス奥にレストラン、右側にはカフェがあります。

b0119493_21103530.jpg
ガーデンは北海道の自然を生かしたナチュラルガーデンといったデザインで非常にゆったりと
できます。

b0119493_21103514.jpg
園内も広いので、なんとなくぶらぶらするのにはもってこいの場所です。

b0119493_21103688.jpg
ガーデナーも数名いらっしゃるようで、そこかしこにデザイナーの感性を感じます。

b0119493_21103647.jpg
横に長いボーダーガーデン。
起伏のないフラットなガーデン。

b0119493_21103608.jpg
もう少し遅ければバラも咲いていると思います。

b0119493_21150518.jpg
左側はカウチ式のカフェ空間。
静かで気持ちのよい空間です。

b0119493_21150496.jpg
本棚にはガーデンや植物の本が並んでます。
自然に触れる場所としては最高です。

b0119493_21150501.jpg
森の食卓 トマティーヨというレストラン。
ランチにくるのもおすすめです。

b0119493_21150538.jpg
ナーサリーコーナー。

b0119493_21150489.jpg
かなりの品種を扱っているようです。




[PR]
# by nichijou-raisan | 2017-06-11 21:29 | RICOH GRⅡ | Comments(0)
line

出会いに感謝


by nichijou-raisan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite